エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

【音が抜けるマイルドサウンドが持ち味】BOSS SD-1 SUPER OverDrive【review/レビュー】

こんにちは。

今回は、BOSS「SD-1(スーパーオーバードライブ)」をご紹介いたします。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブとは?

オーバードライブ・サウンドの原点とも言えるBOSS「SD-1」は、1981年に発売され、今でも手にいれることができる伝説の名機となっています。

1977年に初代BOSSコンパクト・ペダルとして登場したOD-1 OverDriveの革新的な非対称クリッピング回路を継承したBOSS「SD-1」は、マイルドなサウンドが特徴です。

2014年に、BOSSの技クラフトから「SD-1W」が登場しています。

それでは、早速、見ていきましょう。

イエローカラーが目立つ

BOSS「SD-1」は、見た目がライトなイエローカラーです。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

他のBOSSコンパクトエフェクターと比べると目立つカラーリングになっています。

重さは、400g。(乾電池含む)

BOSSコンパクトエフェクターならではの重さですね。

LEDは赤色

BOSS「SD-1」は、赤色のLEDです。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

しっかり発光するので、視認性はいいです。

9Vのアダプターで電源供給できます

BOSS「SD-1」は、センターマイナスの9Vアダプターが使えます。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

DCジャックは、エフェクターの上側に付いていますので、配線がしやすいです。

消費電流は、10mA。

BOSSのACアダプター「PSA-100」が使えます。

電池が使えます

BOSS「SD-1」は、電池が使えます。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

BOSSのコンパクトエフェクターは、フットスイッチのサムスクリューを回すことで、電池を簡単に入れることができます。

フットスイッチについて

BOSS「SD-1」は、ペダル式のフットスイッチとなります。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

BOSSコンパクトエフェクターは、面積が広くしっかりしているので、踏みやすいです。

コントロールノブについて

BOSS「SD-1」は、シンプルに3つのコントロールノブから構成さています。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

・LEVEL=音量

・TONE=音の高さ

・DRIVE=歪み

BOSS「SD-1」のGAINはあまり高くありませんが、「DRIVE」をMAXにするとしっかりとオーバードライブサウンドになります。

「LEVEL」は、あまり出力が高くはありません。

「TONE」は、アンプによって変わりますので、適宜セッティングする必要があります。

BOSS「SD-1」は、低音がないスッキリとしているサウンドですね。

BOSS SD-1のオーバードライブセッティングについて

BOSS 「SD-1」のオーバードライブセッティング例について考えてみました。

BOSS SD-1 スーパーオーバードライブの画像です

・LEVEL=12時

・TONE=13時

・DRIVE=MAX

BOSS 「SD-1」のオーバードライブセッティングは、「DRIVE」を強めにセッティングにしました。

ミドルサウンドですので、クリーンアンプで使うと、鼻が詰まったようなモコモコとするサウンドになります。

音がハッキリとするディストーションと比べると、パッとしませんが、バンドアンサブルでは音が抜けるマイルドサウンドになります。

また、パワーコードも弾けるくらいのGAINはありますので、他の音域と比べながら試してみると面白いです。

BOSS 「SD-1」は、ブースターにも使えますので、下記の記事をご覧ください。

www.effectornote.com

BOSS SD-1の感想

筆者が、BOSS 「SD-1」をはじめて使ったときに、オーバードライブとしての魅力がわかりませんでした。

BOSS 「SD-1」の使い方を試行錯誤していたところ、歪みエフェクターのブースターとして使うとエッジの効いたサウンドに変わりました。

BOSS 「SD-1」は、ブースターとして使うと効果的なオーバードライブです。

また、ミドルが強いモデルなので、バンドアンサンブルでは音が抜けるサウンドになります。

そのため、バンドがあるときにはブースターとして重宝しています。

マーシャルアンプとの相性もよく、歪ませたサウンドにブースターとして使うとマイルドになります。

サスティーン(音の伸び)が出てくるので、非常に弾きやすくもなります。

クランチ気味にして、バッキングなどのサウンドメイクにもいいですね。

見た目は、POPな印象ですが、実戦的なモデルです。

今回のまとめ

BOSS「SD-1(スーパーオーバードライブ)」をご紹介しました。

BOSS 「SD-1」は、1万円以下なので、買いやすい価格帯となっています。

はじめてのオーバードライブやブースターとして使うモデルとしておすすめです。

気に入れば、長く使えるオーバードライブとなるでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

BOSS Super OverDrive SD-1

<関連する記事はこちら>

www.effectornote.com