エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

ZOOM G1 FOUR おすすめのパッチはどれ?【40個の中から選んでみました】

こんにちは。

今回は、ZOOM「G1 FOUR」のおすすめのパッチについて、ご紹介いたします。

ZOOM G1 FOURのおすすめのパッチの画像です

ZOOM G1 FOURとは?

ZOOM「G1 FOUR 」とは、60種以上のエフェクトと13種類のアンプモデル、ルーパー、ドラムマシンを内蔵しているマルチエフェクターとなります。

G1 FOURの専用アプリ「Guitar Lab」から配信される、エフェクトなどを追加可能です。

ライブ演奏からホームユースまであらゆる場所で活躍するマルチエフェクターです。

40個のパッチの中から選びました

今回は、筆者が実際に試してみて、使えそうなパッチを選んでみました。

ZOOM「G1 FOUR 」には、はじめから登録されている40個(10〜49)のパッチがあります。

ZOOM G1 FOURの画像です

50〜59は、初期設定では「Empty(空)」となり、パッチが登録されていませんので対象外です。

ZOOM G1 FOURのEmptyパッチの画像です

以下が試した環境となります。

エレキギター=ストラトキャスター

・アンプ=Roland CUBE 15X(クリーンチャンネル)

・ZOOM G1 FOUR バージョン=V2.00

多少、筆者の好みが反映されていますが、ご了承ください。

それでは、早速、ご紹介していきます。

10.MS HiGain

ZOOM G1 FOURの10.MS HiGainの画像です

DRIVEのバンクから、10.MS HiGain」となります。

「10.MS HiGain」は、MS800を使ったスタンダードな歪みサウンドです。

マーシャルようなサウンドが特徴的ですね。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの10.MS HiGainのエフェクト画像です

1.GOLD DRIVE

2.DZ DRV

3.MS 4×12

4.ZNR

5.PLATE

21.Corona Eye

ZOOM G1 FOURの21.Corona Eyeの画像です

DRIVE&EFFECTのバンクから、「21.Corona Eye」となります。

「21.Corona Eye」は、CoronaTriを使った80`sサウンドです。

コーラスがかかったクリーンサウンドが特徴的です。

エフェクトの「GRAY COMP」をOFFにすると、スッキリとしたコーラスサウンドになります。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの21.Corona Eyeのエフェクト画像です

1.GRAY COMP(OFFでも可)

2.SWEET DRIVE

3.CRN TRI

4.ZNR

5.TAPE ECHO

25.NV Clone

ZOOM G1 FOURの25.NV Cloneの画像です

DRIVE&EFFECTのバンクから、「25.NV Clone」となります。

「25.NV Clone」は、CloneChoを使ったNirvanaSmells Like Teen Spiritのソロフレーズをイメージしたサウンドです。

このパッチは、単音で弾くと効果がわかりやすいです。

音が伸びるように大きくなっていきますので、まるでヴァイオリン奏法のようなサウンドが出せます。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの25.NV Cloneのエフェクト画像です

1.GRAY COMP

2.SWEET DRIVE

3.CRN TRI

4.ZNR

5.TAPE ECHO

28.A Wah

ZOOM G1 FOURの28.A Wahの画像です

DRIVE&EFFECTのバンクから、「28.A Wah」となります。

「28.A Wah」は、UK30AとAutoWahを使ったオートワウサウンドです。

簡単にワウサウンドが出せることが特徴です。

カッティングで使うと面白いですね。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの28.A Wahのエフェクト画像です

1.AUTO WAH

2.RC BOOST

3.UK30

4.UK 2×12

5.ROOM

30.GlitterCle

ZOOM G1 FOURの30.GlitterCleの画像です

CLEAN&EFFECTのバンクから、「30.GlitterCle」となります。

「30.GlitterCle」は、CompとModDelayを使った煌びやかなクリーンサウンドです。

ロングディレイがかかったクリーンサウンドが特徴的です。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの30.GlitterCleのエフェクト画像です

1.COMP

2.UK30A

3.UK 2×12

4.MOD DELAY

5.HALL

38.RandomFLTR

ZOOM G1 FOURの38.RandomFLTRの画像です

CLEAN&EFFECTのバンクから、「38.RandomFLTR」となります。

「38.RandomFLTR」は、RndmFLTRとNYCMuffを組み合わせたトリッキーなサウンドです。

ピコピコとしたデジタル音のようなサウンドが特徴的です。

ちょっとした遊び心で使うと面白いですね。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの38.RandomFLTRのエフェクト画像です

1.ZNR

2.RNDM FLTR

3.NYC MUFF

4.DELAY(OFF)

5.HD HALL

40.Lead BGN

ZOOM G1 FOURの40.Lead BGNの画像です

AMP MODELINGのバンクから、「40.Lead BGN」となります。

「40.Lead BGN」は、XtasyBlueとModDelayを使ったモダンリードサウンドです。

かなり音がしっかりしていますので、使いやすい歪みサウンドとなっています。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの40.Lead BGNのエフェクト画像です

1.TS DRIVE

2.FD DLXR

3.ZNR

4.BGN 4×12

5.MOD DELAY

41.Match Clean

ZOOM G1 FOURの41.Match Cleanの画像です

AMP MODELINGのバンクから、「41.Match Clean」となります。

「41.Match Clean」は、MATCH30を使ったスタンダードなクリーンサウンドです。

ZOOM「G1 FOUR」に入っている中では、一番使いやすいクリーンサウンドだと思います。

以下、エフェクト構成です。

ZOOM G1 FOURの41.Match Cleanのエフェクト画像です

1.ZNR

2.MATCH30

3.MA 2×12

4.ANLG DELAY

5.PLATE

今回のまとめ

ZOOM「G1 FOUR」のおすすめのパッチについて、ご紹介いたしました。

今回は、自宅用のミニアンプでの試しましたので、JC-120などの大型アンプでは、また使えるパッチは変わってくるかもしれません。

いろんなパッチを使いこなせるといいですね。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

<ZOOM G1 FOUR メタルサウンドの音作りの記事はこちら>

www.effectornote.com

<ZOOM G1 FOURのレビュー記事はこちら>

www.effectornote.com