エフェクターノート

エフェクターやアンプ・音作りについての実験ブログ

【ギタリストなら誰でも知っているオーバードライブ】BOSS BD-2 Blues Driver【レビュー/Review】

こんにちは。

jundrive3(@effectornote)です。

今回は、BOSS「BD-2 Blues Driver(ブルースドライバー)」について、レビューをしていきたいと思います。

BOSS BD-2の画像です

BOSS BD-2 Blues Driverとは?

BOSS「BD-2 Blues Driver(ブルースドライバー)」は、真空管アンプのようなドライブサウンドを狙ったオーバードライブです。

BOSS BD-2の画像です

アンプライクな回路設計で、ピッキングに対するレスポンスが優れています。

歪み幅も広く、クランチからディストーションまでのサウンドを作ることが可能。

GAINを絞れば、クリーンブースターとしても使うことができるモデルです。

それでは、早速、見ていきましょう。

LEDは赤色

BOSS BD-2のLEDは、赤色です。

BOSS BD-2の画像です

LEDのON/OFFはよく視認できます。

9V電源で動きます

BOSS BD-2は、9V電源で駆動します。

BOSS BD-2の画像です

DCジャックは、エフェクターの上側についてます。

電源供給には、BOSSのACアダプター(PSA-100)を使うと便利です。

電池が使えます

BOSSのコンパクトエフェクターは、電池を簡単に入れることができます。

BOSS BD-2のサムスクリューを回すことで、フットペダルカバーが開きます。

BOSS BD-2の画像です

ペダルカバーを開けると、電源プラグと電池の格納スペースがあります。

ここに、電池を入れて使うことができます。

BOSS BD-2 Blues Driverのコントロールノブについて

BOSS BD-2のコントロールノブについて、見ていきましょう。

BOSS BD-2の画像です

LEVEL

音量を調節します。

右に回すほど、音量が大きくなっていきます。

BOSS BD-2は、かなり出力が高いですね。

TONE

音の高さを調整します。

右に回すほど、高音になっていきます。

BOSS BD-2は、高音が出やすいモデルですね。

GAIN

GAIN(歪み)の量を調節します。

右に回すほど、歪みの量が大きくなっていきます。

BOSS BD-2は、MAXにするとディストーション並に歪ませることができます。

BOSS BD-2 Blues Driverのセッティング例

BOSS BD-2のセッティング例を考えてみました。

BOSS BD-2の画像です

・LEVEL = 10時

・TONE = 12時

・GAIN = 10時

ここでは、オーバードライブサウンドを目指しました。

BOSS BD-2は、GAINを上げると低音が出やすく、ディストーションサウンドになっていきます。

そのため、GAINを抑えたセッティングをすることで、オーバードライブサウンドを作ることができます。

LEVELは出力が非常に高いため、アンプとの音量調整が必要になります。

全体のイメージとしては、抑えたセッティングをすることで、BOSS BD-2のらしさが出てきますね。

サウンドの傾向としては、ドンシャリサウンドで、アタック感が出しやすいです。

筆者は、LEVELを上げた方が真空管アンプに近いニュアンスが出せるので、LEVELを意識しながらセッティングすることが多いです。

BOSS BD-2 Blues Driverのメリット

BOSS BD-2のメリットを以下のまとめました。

・クランチからディストーションまで幅広く音作りができる

・クリーンブースターとして使える

・見た目がカッコいい

BOSS BD-2は、歪み量の幅があるので、クランチからディストーションまで音作りすることができます。

さらに、クリーンブースターとしても使えるため、BOSS BD-2を1台持っていればなんとかなるため、頼れるオーバードライブですね。

たくさんある歪み系エフェクターの中でも、ギタリストであれば誰もが1度は手にしたことがあるくらい有名なモデルです。

見た目もカッコいいので持っているだけでも、周りから注目は浴びることでしょう。

BOSS BD-2 Blues Driverのデメリット

BOSS BD-2のデメリットを以下のまとめました。

・エレキギターが下手だとモロにサウンドに出る

・セッティングが難しい

・アンプとの相性を考える必要がある

BOSS BD-2は、真空管アンプのようにピッキングニュアンスが出せるオーバードライブです。

そのため、逆に言えば、エレキギターのテクニックレベルが出やすいモデルとも言えます。

初心者の方で、まだエレキギターが上手く弾けない場合は、その下手さ加減がモロにサウンドに出ます。

指板を押さえる力が弱かったり、ピッキングをコントロールできない場合は、上手く使いこなせないことがあるかもしれません。

また、歪み幅が広いためにセッティングが難しいです。

Marshall JCM2000のリードチャンネルで使うと歪みがぶつかり、音抜けが悪いサウンドにもなるため、アンプとの相性も考える必要があります。

筆者としては、エレキギター中級者向けのモデルの印象があります。

今回のまとめ

今回は、BOSS BD-2についてレビューをしてみました。

BOSS BD-2は、歪み幅が広いため、クランチからディストーションまで音作りすることができます。

ギタリストならば、誰でも知っているくらいの有名なオーバードライブです。

まだ使ったことがない人は、ぜひ一度は試してほしいですね。

以上、ご参考になれば幸いです。

BOSS Blues Driver BD-2

<BOSS BD-2に関する記事はこちら>

www.effectornote.com