エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた

Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた

こんちには。

今回は「Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた」を書きたいと思います。

 

「Marshall JCM 2000」には専用のフットスイッチがあります。よくスタジオに「JCM 2000」のヘッドアンプの上などに置いてあるフットスイッチを見かけたことはないでしょうか。

Marshall JCM 2000 フットスイッチ 

今回は、このフットスイッチを使ってみたので簡単にご紹介したいと思います。

 

【フットスイッチでできること】

まず、この専用フットスイッチをつなぐことでできることは、2つあります。

まず、1つ目は、

チャンネルの切り替えが可能です。

クリーンチャンネル(CLASSIC GAIN / CHANNEL A)とリードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)の切り替えが簡単に足元でできます。(指で切り替えに行かなくていい)

f:id:jundrive3:20170717203434j:image

↑フットスイッチはOFF

Marshall JCM 2000 フットスイッチ

 ↑クリーンチャンネル(LEDが緑)

 

Marshall JCM 2000のクリーンチャンネル

↑フットスイッチをON

Marshall JCM 2000 フットスイッチ

↑リードチャンネル(LEDが赤)へ切り替わる(OFFにするとクリーンチャンネルへ戻る)

 

2つ目はReverbのONとOFFの切り替えです。

このRevebの切り替えはあくまでも、使用しているチャンネルに対してのRevebのON/OFFの切り替えになります。

各チャンネルにRevebは1つずつで、フットスイッチで同じチャンネルで2つのRevebが使えるようになるわけではないのでご注意ください。

例えば、

Marshall JCM 2000のリードチャンネル

↑クリーンチャンネル(CLASSIC GAIN / CHANNEL A)はリバーブを5でON/OFFで、OFFにするとリバーブは効かなくなります。

↑リードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)はリバーブを0で、ONしてもリバーブは0で効かないです。

つまり、各チャンネルでリバーブを使いたいならば、リバーブを両方とも上げておかないと使う意味がなくなってしまいます。(チャンネルは指で切り替える)

Marshall JCM 2000のリバーブ

バーブの切り替えはチャンネルを固定させて使うことが好ましいように思います。(リバーブの量はお好みで調整)

つまり、フットスイッチは「チャンネル」「リバーブの両方とも切り替えることはできないので、どちらを使うか先に選ぶ必要があります。

実用的には「チャンネル」の切り替えの方が便利だと思います。

 

【フットスイッチの接続の仕方】

フットスイッチの接続は、ヘッドアンプに裏にある端子にプラグを差すだけです。(FOOTSWITCH)

Marshall JCM 2000 フットスイッチの接続の仕方

 

・チャンネルを切り替えたい場合

CHANNELへフットスイッチのプラグを差す

Marshall JCM 2000 フットスイッチの接続の仕方

 

・リバーブを切り替えたい場合

REVERBへフットスイッチのプラグを差す

Marshall JCM 2000 フットスイッチの接続の仕方

 そして、足元にフットスイッチを置いて使用します。

Marshall JCM 2000 フットスイッチ

 

【実際にチャンネルを切り替えて弾いてみた】

試しにクリーンチャンネルとリードチャンネルを切り替えて弾いてみました。

リードチャンネル(歪み)をメインにしたいので、イコライジングは以前ご紹介したメタル系のイコライジングにしてみました。(下記参照)

〈Marshall JCM 2000のメタル系イコラジング〉

Marshall JCM 2000のメタル系イコラジング

(左)VOLUME=3ぐらい(※音量は環境により調節)

(右)GAIN=5ぐらい(※GAINは個人的な判断です)

LEAD2 (ボタンを押す)=GAINが上がります。

※ULTRA GAIN/ CHANNEL B(LEDが赤色)のチャンネルで、VOLUMEとGAINの間にある「LEAD1」と「LEAD2」と切り替えれる小さいボタンがあります。

Marshall JCM 2000のメタル系イコラジング

PRESENCE=2

TREBLE=7.5

MIDDLE=8

BASS=3

※DEEPとTONE SHIFTは両方ともON(ボタンを押す)

REVERB=5(リバーブは調整しても可)

 

そして、クリーンチャンネルはCRUNCHをONにするかOFFしないかで迷いましたが、今回はクリーンサウンドを試したかったのでOFFにしました。

いつものVOLUMEとGAINは5:5ぐらいです。(VOLUMEは環境によって調整)

Marshall JCM 2000のクリーンチャンネル

 

このセッティングでフットスイッチを使えば、クリーンサウンドでコードやアルペジオ、カッティング。リードチャンネルでギターソロやリフと弾きたいフレーズで簡単に使い分けることができます。

エフェクターがない時や持って行きたくないときに「Marshall JCM 2000」と「専用フットスイッチ」があれば、とても便利です。

 

【専用フットスイッチについて】

専用フットスイッチはMARSHALL PEDL10001というフットスイッチになります。ほとんどはスタジオに置いてありますが、もし購入する場合は、アンプが対応しているかはチェックした方が良いです。(今回、使用している「Marshall JCM 2000」は「DSL50」です)

〈MARSHALL PEDL10001(フットスイッチ)が使用できるアンプ〉

DSL100、DSL50、DSL401、DSL201、AVT50、AVT50H、VS65R、VS30R、MG30DFX用フットスイッチ

 

【実際フットスイッチを使って弾いてみた感想】

今回は、エフェクターなしで弾いてみましたが、フットスイッチだけで、クリーンから歪みになるのはとても便利で面白いと思いました。

しかし、個人的に気になったことは、リードチャンネルのイコライジングでクリーンチャンネルに切り替えた時に、イコライジングが変えれないことです。(Marshall JCM 2000はイコライザーが1箇所のみ)

今回のイコライジングは、TREBLE(高域)とMIDDLE(中域)をかなり上げてあるので、クリーンサウンドにした時にトレブリーでやや耳が痛くなるサウンドになってしまいました。ギター側のボリュームコントロールセレクタ、トーンで調整して弾けば問題はありませんが、かなり右手の操作が大変かなと感じました。

 リードチャンネルでもクリーンチャンネルでもあまり差がないイコライジングにセッティングするべきか、もしくはイコライジングをフラットにしてエフェクター側でサウンドコントロールした方がいいか悩むところなので、次の機会に改めて試したいと思います。

 

以上、「Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた」についてでした。