effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM2000 LEAD1のゲインコントロール効果検証

Marshall JCM2000 LEAD1のゲインコントロール効果検証

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000 LEAD1のゲインコントロール効果検証」について書きたいと思います。

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール

普段スタジオでは「Marshall JCM2000」を使うことが多いですが、リードチャンネルのゲイン(アンプの歪み)コントロールの効き具合が気になり、どのように変化してゆくのか試してみたので、簡単に書いておきたいと思います。

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 (ボタンを押さない)チャンネルを使用して「アンプの歪み」でテストします。

イコライジング(固定)〉

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=2.5ぐらい

MIDDLE=2.5ぐらい

BASS=2.5ぐらい

REVERB=2ぐらい(※画像はリバーブのテストでMAXになってます)

DEEP=OFF

TONE SHIFT=OFF

※ギターボリュームコントロールはフルアップ(MAX10)で試しています。

 

〈GAINコントロール0〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール0

ツマミが影になって見にくいですが、GAINコントロールは0の位置から始めます。ツマミ0は、VOLUMEが上がっていても音は出ません。ギターボリュームコントロールを0にした時と同じ状態です。

 

〈GAINコントロール1〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール1

GAINコントロール1にしてみました。写真は0.5くらいになってますが、0.5〜1の範囲と思ってください。このくらいだと、音は小音ですがクリーントーンが出ます。

 

〈GAINコントロール2〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール2

GAINコントロールを2にしてみました。するとようやく歪み出しました。クランチ〜オーバードライブぐらいでしょうか。

 

〈GAINコントロール3〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール3

 GAINコントロールを3にしました。このくらいだと歪みも増して、弾くには十分なゲイン量だと思います。

 

〈GAINコントロール4〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール4

 GAINコントロールを4にしました。ゲインは増していると思いますが、 GAINコントロール3の時とあまり変わらずといった印象です。よくリードチャンネルでTS系オーバードライブを使いブーストする時はこのくらいにセッティングしている位置になります。

 

〈GAINコントロール5〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール5

 12時の位置になるGAINコントロール5にしました。この位置になると歪みに低音が出てくるようになります。

 

〈GAINコントロール6〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール6

 GAINコントロールを6にしました。あまりGAINコントロール5と変わらない印象です。5〜6で歪みに低音が出てくるといった感じでしょうか。

 

〈GAINコントロール7〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール7

 GAINコントロールを7にしました。7にすると低音が増し、さらに歪みが荒々しくなってきます。「Marshall JCM2000」の特有のガラガラした歪みになってきます。

 

〈GAINコントロール8〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール8

 3時の位置になるGAINコントロール8にしました。このくらいになると歪みが飽和してきます。このくらいになると、低音が出過ぎて、サウンドがこもったように聴こえます。

 

〈GAINコントロール9〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール9

 GAINコントロールを9にしました。ゲインを上げていけばいくほど、低音と歪みが増していきますが、このくらいになるとサウンド全体がモサモサして、歪みが暴れるようになります。

 

〈GAINコントロール10〉

JCM2000 LEAD1のゲインコントロール10

 最後のMAXまでゲインコントロールを振りきりました。GAINコントロール10はGAINコントロール9とあまり変わらないように感じます。GAINコントロール5くらいと比べると、最終的には相当な低音と歪みが増しています。

 

【Marshall JCM2000のゲインコントロール効果を試した感想】

 今回、「Marshall JCM2000」のゲインコントロールを段階的に試してみましたが、「Marshall JCM2000」のゲインコントロールは、歪みの他に「低音」が増していく傾向があるとわかりました。普段「Marshall JCM2000」のゲインコントロールは、耳と感覚でセッティングしていましたが、無意識に低音が出てくる手前のGAINコントロール3〜4に留めていることに気付きました。低音が出てくるとサウンド的にモワッとするため、そのようなスッキリしたセッティングに自分でしているのだと思います。これは好みによるものかもしれませんが、もし、GAINコントロール5以降でセッティングするならば、イコライジングのBASSを下げる、もしくはカットすることで、上手く「Marshall JCM2000」の歪みをコントロールできそうです。「Marshall JCM2000」のゲインコントロールは低音が増してくると知るだけでも、セッティングやイコライジングを意図的に決めることができるのではないでしょうか。

 

以上、「Marshall JCM2000 LEAD1のゲインコントロール効果検証」についてでした。

 

↓↓Marshall JCM2000 LEAD1のイコライジングについてはコチラ↓↓

www.effectornote.com