effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM2000 LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

Marshall JCM2000 LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000 LEAD1チャンネルのイコライジングテスト」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000 LEAD1チャンネル

普段何気に使っている「Marshall JCM2000」イコライジングの効き方が気になりテストしてみましたので、簡単に書いておきたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 (ボタンを押さない)チャンネルを使用して「イコライジング」のみのテストします。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2.5ぐらい(今回はテストなので適度な音量に調整しました)

GAIN=3ぐらい(低音が出ない範囲でのツマミ位置にしてあります)

 

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト】

イコライジングテスト1〉

まず、全てのツマミ0からスタートしました。

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)

TREBLE=0

MIDDLE=0

BASS=0

〈以下は全て同じセッティング〉

REVERB=2ぐらい(※画像はリバーブのテストでMAXになってます)

DEEP=OFF(以降同じ)

TONE SHIFT=OFF(以降同じ)

※ギターボリュームコントロールはフルアップ(MAX10)で試しています。

 

全て0の状態のサウンドは、音が奥に引っ込んでしまい、こもった音抜けの悪いサウンドになりました。

 

イコライジングテスト2〉

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)
TREBLE=2
MIDDLE=2
BASS=2

全てのイコライジングを9時あたりにするとサウンドが明確になってきます。しゃがんでキャビネットの高さに耳を傾けると、この位置でもいいように感じます。

 

イコライジングテスト3〉

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)
TREBLE=3
MIDDLE=3
BASS=3

全てのイコライジングを10時あたりに調整してみました。普段「Marshall JCM2000」のLEAD1チャンネルを使用する時のツマミ位置です。よりサウンドがハッキリし、やや高音が出てくる傾向があります。

 

イコライジングテスト4〉

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)
TREBLE=5
MIDDLE=5
BASS=5

全てのツマミを12時に調整してみました。このくらいに合わせるとかなり高音が出て、やや耳が痛くなるぐらいのサウンドになりました。耐えれないほどではありませんが、少しキツイサウンドのような気がします。

 

イコライジングテスト5〉

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)
TREBLE=6
MIDDLE=6
BASS=6

全てのツマミをもう少し上げてみました。すると、高音が突き刺さるようなトレブリーな耳痛いサウンドになりました。このイコライジングで弾くには、かなりキツイのではと思います。

 

イコライジングテスト6〉

LEAD1チャンネルのイコライジングテスト

PRESENS=0(0の固定のまま)
TREBLE=10
MIDDLE=10
BASS=10

全てのツマミをMAXにしました。6ぐらいでも相当トレブリーでしたが、MAXでは、1〜2回ジャラン!と弾いただけで、耳が痛くなってしまい弾くのを中止しました。LEAD1チャンネルでのMAXセッティングはやめておいた方がいいと思います。

 

【今回のまとめ】

今回は「Marshall JCM2000」のULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1チャンネルで、イコライジングのテストをしてみましたが、ツマミを上げて行くほど、トレブリーな高音が出る傾向にあることがわかりました。「JC120」の基本的なイコライジングは12時と言われいますが、「Marshall JCM2000」の12時は高音がかなり出ている痛いサウンドになると思います。今回のテストにより12時より手前の9時〜10時あたりの程よい位置を基準に調節した方がいいと思います。バンドや曲によっては、各ツマミの調整が必要ですが、極力、耳が痛くならなず、かつ音が抜けてくる範囲を探った方が良いと思います。

少し過去の体験の話になりますが、まだギターを初めて3年くらいで、「Marshall JCM2000」のセッティングを知らない時期に、ツマミ12時以降で大音量でドンシャリサウンドで練習していた時期がありましたが、正直、ただ耳が痛く弾くのがツライだけでした。今思うと、よく弾いていたなと思いますが、耳が痛くて嫌になるくらいならイコライジングは下げた方がいいです。耳にも優しい音作りを心掛けた方が愛されるように思います。

 

以上、「Marshall JCM2000 LEAD1チャンネルのイコライジングテスト」についてでした。

 

↓↓Marshall JCM2000 LEAD1チャンネルのGAINについての記事はコチラ↓↓

www.effectornote.com