エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Marshall JCM 2000 リードチャンネル歪み

こんにちは。

 

今回は「Marshall JCM 2000のリードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)」について書きたいと思います。

 

普段、歪みを作る時はエフェクターで作っていますが、アンプでの歪みで弾いてみようと今回スタジオに行ってまいりました。

 

【使用したアンプとギター】

・Marshall JCM 2000

・PRS

この「Marshall JCM 2000」のリードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)の方でエフェクターを間に入れずに「ギター→アンプ」とシンプルなセッティングを試してきました。

 

【Marshall JCM 2000のイコライジング

今回はCD音源をスタジオで流して、ギター音量のバランスを決めました。実際のドラムと比べて音量はやや小さめのセッティングになります。

 

f:id:jundrive3:20170401211923j:image

 

PRESENCE=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=2

REVERB=3

 

ULTRA GAIN / CHANNEL B

VOLUME=2

GAIN=5

LEAD1を選択

TONE SHIFT=OFF

DEEP=OFF

  

f:id:jundrive3:20170401224546j:image 

自分の最近のイコライジングの傾向としては、低域であるBASSを少し下げる傾向があります。どうしても「Marshall JCM 2000」はドンシャリ(低域と高域)気味のサウンドで、ピックアップがハムバッカーのギターで弾くと低域が強めに出てしまいボワッとするため、やや低域をカットしています。(低域を0にするとスッキリしたサウンドになります)

「Marshall JCM 2000」は各コントロールは5(12時)を基準にイコライジングを考えています。そこからほんの少し下げることで、自分好みの位置にしています。

どうしても高音が苦手で、5(12時)より上げると結構、耳が痛いサウンドに感じるので、個人練習の時は、弾いている時に耳が痛いか痛くないかでイコライジングを決めています。

 

GAIN=5に関しては、「Marshall JCM 2000」の「ULTRA GAIN / CHANNEL B」では、5〜6ぐらいが程よい歪み量かなと思いました。6以上にすると歪みが潰れて音がこもってくる感じがしました。

 

f:id:jundrive3:20170401224515j:image

 

さて、実際セッティングして弾いてみたところ結構いい感じの音になりました。

以前、個人的には「Marshall JCM 2000」はどうしてもクセが強く苦手でしたが、アンプの機能や役割、キャラクター、イコライジングの基準を様々な歪みエフェクターを使うことでアンプの使いこなし方も身に付いたように思います。

 

また、アンプを歪ませてギターのボリュームコントロールを絞ってみたところ、クリーンな音が作れました。

しかし、やはりドンシャリが強調したペラペラなクリーンになるため、今後の課題したいと思います。

 

「Marshall JCM 2000」の「ULTRA GAIN / CHANNEL B」で実際に音作りした動画になります。

youtu.be

 

【スタジオでの動画を見て思ったこと】

スタジオで弾いて聞いているサウンドとiphoneで撮った動画で聞くと結構、差がありました。思ってた以上に歪んでいました。低域をやや絞ってはあるもののまだボワッとしており、1・2弦を弾いた時の高域も相当出ています。「Marshall JCM 2000」の特徴が全面に出ていました。

この動画はギターとアンプのみで弾いていますが「Marshall JCM 2000」で歪みを作るとサスティーン(音の伸び)が弱いため、強めにピッキングして弾いていますが音がサバサバしていて単調に聞こえます。(実際少し弾きにくい)

パワーコードはともかくリードソロなど弾くときは、BOSS「SD1」やチューブスクリーマー系(TS系)などの中域を上げるエフェクターを使用した方がいいかなと思いました。

また、歪ませてコードを弾いた時、コード感が潰れ気味でしたので、このあたりも上手く音が出せるような工夫を考えてみたいと思います。

 

以上、「Marshall JCM 2000」の「ULTRA GAIN / CHANNEL B」のセッティングの試しでした。