エフェクターノート

エフェクターやアンプ・音作りについての実験ブログ

BOSS OS-2はブースターとして使えるか試してみた【マーシャルアンプで検証】

こんにちは。

jundrive3(@effectornote)です。

今回は、BOSS「OS-2(オーバードライブ/ディストーション)」は、ブースターとして使えるかどうか試してみましたので、ご紹介いたします。

BOSS OS-2の画像です

BOSS OS-2はブースターとして使えるか試してみた

BOSS「OS-2」は、オーバードライブとディストーションの独立した2系統の歪み回路を搭載したモデルです。

BOSS OS-2の画像です

筆者は、オーバードライブにできるのならば、ブースターとしても使えるかもしれないと考え、マーシャルアンプで試してみました。

Marshall JCM900をブーストする

実際に、BOSS「OS-2」を使って「Marshall JCM900」をブーストしてみました。

Marshall JCM900のセッティング

まずは、「Marshall JCM900」のセッティングについてです。

「Marshall JCM900」は、真空管アンプのため、アンプ側で歪ませることができます。

ここでは、リードチャンネル(CH.B)を試してみました。

Marshall JCM900のリードチャンネルの画像です

「Marshall JCM900」のアンプセッティングは、以下の通りです。

・CH=B

・VOLUME=10時

・REVERB=10時

・PRESENCE=10時

・BASS=10時

・MIDDLE=10時

・TREBLE=10時

・LEAD GAIN=15時

「Marshall JCM900」のリードチャンネル(PREAMP/CH.B)では、GAINを上げて、十分に歪ませた状態にセッティングしました。

マーシャルアンプJCM900の画像です

BOSS OS-2のセッティング(OS)

BOSS「OS-2」のセッティングについてです。

BOSS OS-2のセッティング画像です

BOSS「OS-2」のセッティングは、以下のようにしました。

・LEVEL = 12時

・TONE = 12時

・DRIVE = 9時

・COLOR = 9時(OS)

BOSS「OS-2」のブースターセッティングは、「DRIVE」を抑え、キャラクターは「オーバードライブ(OS)」にしました。

Marshall JCM900をBOSS OS-2でブーストした結果

BOSS「OS-2」でブーストしたところ、マーシャルアンプのノイズが多くなったり、手元のミュートを外するとハウリングするようになってしまいました。

BOSS「OS-2」の「DRIVE」と「COLOR」を最小にしても、同じような状態になるため、リードチャンネルをブーストすることは難しそうです。

もし、ブーストしたい場合は、ローゲインモデルのチューブスクリーマーやBOSS「SD-1」の方が使いやすいですね。

Marshall JCM900のクリーンチャンネルも試す

「Marshall JCM900」のリードチャンネルは断念し、今度は、クリーンチャンネル(PUSH OFF)を試すことにしました。

マーシャルJCM900の画像です

「Marshall JCM900」のクリーンチャンネルの場合は、BOSS「OS-2」を使って、ディストーションサウンドの音作りをしてみました。

BOSS OS-2のセッティング(DS)

BOSS OS-2のセッティング画像です

BOSS「OS-2」のセッティングは、以下の通りです。

・LEVEL = 12時

・TONE = 12時

・DRIVE = 13時

・COLOR = 15時(DS)

「Marshall JCM900」は、クリーンチャンネルでも、多少歪んでることが特徴です。

そのため、BOSS「OS-2」の「DRIVE」は、やや抑え気味にセッティングしました。

Marshall JCM900のクリーンチャンネルで試した結果

「Marshall JCM900」のクリーンチャンネルに、BOSS「OS-2」のディストーションを入れると、上手く音作りができました。

「Marshall JCM900」のクリーンチャンネルとは、相性が良さそうですね。

BOSS「OS-2」を使うことによって、エフェクターがOFFの場合は「クリーンサウンド」、ONの場合は「ディストーションサウンド」と使い分けもできそうです。

今回のまとめ

今回は、BOSS「OS-2」をブースターとして使えるか試してみました。

マーシャルアンプ(Marshall JCM900)のリードチャンネルでは、ハウリングやノイズが多くなってしまうため、残念ながらブースターとしては使えないという結論になりました。

しかし、クリーンチャンネルでは、ディストーションサウンドとして使うことができます。

そのため、BOSS「OS-2」は、ブースターモデルよりは、オーバードライブやディストーションとして使うことが向いていると言えます。

2系統の歪みサウンドが出せるとはいえ、万能なモデルではないので、目的に合った使い方をおすすめします。

以上、ご参考になれば幸いです。

<BOSS OS-2に関する記事はこちら>

www.effectornote.com

www.effectornote.com