エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

FULL-DRIVE2 MOSFET シュミレーションレビュー【エフェクターノート】

FULL-DRIVE2 MOSFET シュミレーション レビュー

こんにちは。

今回は「FULL-DRIVE2 MOSFET シュミレーションレビュー」について書きたいと思います。

FULL-DRIVE2 MOSFET

今回のFulltone「FULL-DRIVE2 MOSFET」「TS系オーバードライブ」TS系オーバードライブとなります。以前に2in1タイプ(歪み+クリーンブースター搭載)のエフェクターを探していた時に、気になり試しで購入してみたので、簡単にご紹介したいと思います。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETの構成】

FULL-DRIVE2 MOSFET

「FULL-DRIVE2 MOSFET」の構成は、まず右側が「BOOST」スイッチで、ブースターになります。左側が「ON/ OFF」スイッチで、こちらがオーバードライブになります。

FULL-DRIVE2 MOSFET

オーバードライブ側のセクションは3つのツマミから構成されています。

左から「VOLUME」「TONE」「OVERDRIVEとなります。

セッティングは全て12時くらいにしてありますが、ミニアンプRoland「MICRO CUBE」MICRO CUBEで音量や歪み加減などON/ OFFで確認したところ、こういった位置になりました。シュミレーションでツマミが12時になるエフェクターIbanez「TS9」Ibanez TS9と同じ印象です。

FULL-DRIVE2 MOSFET TONE

「TONE」はMAXにすると高域が上がってきますが、イヤな高音ではないので、程良い効きだと思います。

FULL-DRIVE2 MOSFET OVERDRIVE

 「OVERDRIVE」のツマミもMAXにすると歪みが増していきますが、程良いところまで歪んでくれます。オーバードライブといった感じがします。「FULL-DRIVE2 MOSFET」はしっかり設計されている印象がします。

FULL-DRIVE2 MOSFET ミニスイッチ

 さらに、オーバードライブ側のセクションに「TONE」「OVERDRIVE」の間にはミニスイッチが1つ付いております。こちらは、またシュミレーションしながら説明したいと思います。

 

FULL-DRIVE2 MOSFET BOOST

 ブースト側のセクションは、「BOOST」のツマミ1つとなります。

 FULL-DRIVE2 MOSFET BOOSTミニスイッチ

ブースト側のセクションにも、ミニスイッチが1つ付いてます。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFET ミニスイッチの効果 オーバードライブ側】

FULL-DRIVE2 MOSFET ミニスイッチの効果

オーバードライブ側のミニスイッチは3つのモードがあります。

1番上から「CompCut」「FM(Flat-Mids)」「Vintage」のモードになります。

FULL-DRIVE2 MOSFET CompCut FM(Flat-Mids) Vintage

まず、わかりやすく真ん中の「FM(Flat-Mids)」モードから試したいと思います。こちらのモードは、調べたとこによると原音とドライブ音をミックスするモードらしいです。弾いた印象としては、普通に良い感じのオーバードライブでした。

FULL-DRIVE2 MOSFET Vintageモード

次にミニスイッチを下に入れて「Vintage」モードにしました。

こちらのモードは、「FM(Flat-Mids)」モードよりも歪みが増しました。少し濁る印象もありますが、恐らく原音がなくなりドライブ音のみのモードになります。

 

FULL-DRIVE2 MOSFET CompCutモード

最後に、1番上の「CompCut」モードにすると音量が跳ね上がりました。原音が強く出ます。アタック感が増す感じでしょうか。

 

イメージ的には、上にすると「音量」、下にすると「歪み」、そして真ん中は「ミックスそんなイメージになると思います。

 

3つのモードを試してみましたが、個人的にはシュミレーション段階では「FM(Flat-Mids)」モードが一番使いやすいのではと思います。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFET ミニスイッチの効果 ブースト側】

FULL-DRIVE2 MOSFET ブーストミニスイッチ

同様にブースト側のミニスイッチも試したいと思います。「Standard」と「Mosfit」の2つのモードになります。

FULL-DRIVE2 MOSFET ブーストミニスイッチ Standard

「Standard」は名の通り、通常モードになります。

FULL-DRIVE2 MOSFET ブーストミニスイッチ Mosfit

「Mosfit」モードにすると、歪みが増します。歪みと低音や音の芯が太くなるといった感じでしょうか。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETで気をつけたいこと】

「FULL-DRIVE2 MOSFET」FULL-DRIVE2 MOSFETのシュミレーションで気付いたことがあります。

FULL-DRIVE2 MOSFET

「FULL-DRIVE2 MOSFET」はブースター付きオーバードライブではありますが、オーバードライブ側の「OVERDRIVE」ツマミとブースト側の「BOOST」が、繋がっていて2つで1つになっている点です。

 

FULL-DRIVE2 MOSFET 

例えば、「OVERDRIVE」を MAXに歪ませた状態で「BOOST」を ONにしてツマミを上げていても、これ以上は「音量」も「歪み」も上がりません。「Mosfit」モードにすれば、多少は歪みが増して、音が太くなります。

FULL-DRIVE2 MOSFET

逆に、「OVERDRIVE」を 9時くらいに抑えた状態で「BOOST」をONにすると、歪む効果が出てきます。正確に言えば効果がでてきやすくなります。

OVERDRIVE」10+「BOOST」10=20ではなく、OVERDRIVE」10+「BOOST」10=10で、歪みのMAXは10までが限度です。歪みのMAXは10プラスαで各モードで微調整をするといった使い方になると思います。

つまりのところ、「FULL-DRIVE2 MOSFET」は「歪み+クリーンブースター搭載」の2in1ペダルではなく「単体型のTS系オーバードライブ」になります。

もし、「歪み+クリーンブースター搭載」のエフェクターをお探しの場合は、「FULL-DRIVE2 MOSFET」は、2in1ではないので注意が必要です。(筆者は勘違いしました)

なので、あまりブースター側は使用頻度は少ないと思われます。「OVERDRIVE」側をOFFにして、アンプをクリーン状態で「BOOST」をONにしても、音量や歪みは上がらず、何も変化はありません。

「FULL-DRIVE2 MOSFET」は1個の「T S系オーバードライブ」と認識した方がいいと思います。

サウンドに関しては、あまりミニアンプで試してめ「TS系オーバードライブ」TS系オーバードライブは、こもったサウンドになるだけなので、実際のスタジオで試したいと思います。シュミレーションした印象では「安定感のあるオーバードライブ」でした。

f:id:jundrive3:20171105144735j:image

ちなみに、Leqtique「9/9」Leqtique 9/9を後段に設置して、組み合わせみるとRolandMICRO CUBE」では、良い感じのサウンドにはなりました。シュミレーションでは良好です。 

以上、 「FULL-DRIVE2 MOSFET シュミレーション レビュー」でした。