エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

轟音ファズからブースターまで使えるBEHRINGER(ベリンガー)SF300 Super Fuzz【review/レビュー】

こんにちは。

今回は、BEHRINGERベリンガー)「SF300 Super Fuzz ファズ」を購入してみましたので、ご紹介いたします。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

BEHRINGERベリンガー)SF300 Super Fuzzとは?

BEHRINGERベリンガー)は、ドイツの音響機器メーカーから発売されているエフェクターとなります。(製造は中国)

価格帯は、新品で5000円を切る格安エフェクターなので、手にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」は、クラシックファズとなるようです。

後で詳しく見ていきますが、3種類のモード(クラシックファズ・グランジ・ゲインブースト)が搭載されており、ヴィンテージサウンドが特徴のファズペダルです。

それでは、早速、見ていきましょう。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzはプラスチック製

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」をはじめて手にしたときの印象は、「プラスチックのおもちゃのようなエフェクターでした。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

とにかくチープな印象で、フットペダルが「ギシギシ」するので、耐久性が心配になりそうです。

しかし、価格帯と見た目がオレンジでポップなので、許せるところが魅力でもあります。

ちなみに、プラスチック製ですが、フタの底が鉄製となっていますので、そこまで軽くはないです。

9V電源供給ができます

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」は、9VのACアダプターで電源供給できます。(パワーサプライも可)

DCジャックは、インプットジャック側(横)についています。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

電池でも駆動が可能ですが、電源プラグが見当たらないので、中を開けて探してみる必要があります。

コントロールノブについて

続いて、BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」のコントロールノブについて見ていきましょう。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

BEHRINGER SF300 Super Fuzz」には、4つのコントロールノブがついています。

・LEVEL=音量

・TREBLE=高域

・BASS=低域

・GAIN=歪み

そして、

MODEを切り替える「ミニスイッチ」の構成です。

コントロールノブもプラスチック製となっており、やや固めなので、少し力が必要です。

3種類のモードについて

先述したように、BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」には、3種類のモードが搭載されています。

順番に、弾きながら見ていきましょう。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

FUZZ 1

MODEのミニスイッチの「FUZZ 1」がクラシックファズのモードになります。

歪みが塊のようになった轟音ファズサウンドになります。

ミニアンプでは、音がこもってしまいましたが、ミドル(中域)が強めのモードに感じました。

FUZZ 2

MODEのミニスイッチの「FUZZ 2」がグランジのモードになります。

ファズサウンドなのですが、どちらかと言えば、ドンシャリのメタルサウンドに近いと思います。

このモードは、かなりハイゲインになっています。

BOOST

MODEのミニスイッチの「BOOST」がゲインブーストのモードになります。

ファズではなく、純粋に音量が上がるブースターとなります。

ゲインブーストのことですが、コントロールノブを抑えれば、クリーンブーストもできそうでした。

コントロールノブを少しでも上げるだけで、爆音になるので、注意する必要があります。

おすすめのモードについて

おすすめのモードについては、他のブログ記事でも言われていますが、

「FUZZ 1 」と「FUZZ 2」の中間がおすすめです。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

「FUZZ 1 」と「FUZZ 2」の中間でミニスイッチを止めることで、ミドルとドンシャリの中間のようなサウンドになります。

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」ならではの技と言いますが、裏技に近いような気がします。

この中間のモードが、サウンドとしてイイ感じでした。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzのセッティング例

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz」のセッティング例を考えてみました。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

・LEVEL=9時くらい

・TREBLE=13時くらい

・BASS=13時くらい

・GAIN=MAX

・MODE=「FUZZ 1 」と「FUZZ 2」の中間

ファズですので、コード弾きは潰れてしまいます。

パワーコードもボヤけますので、使えるシチュエーションとしては、ディレイと組み合わせて、リードソロが合うのではと思いました。

もしくは、轟音ファズで省略コードをバリバリ弾く感じでしょうか。

GAINは、モードにもよりますが、「FUZZ 2」にするほどハイゲインになり、あまり効かなくなっていきます。

TREBLEとBASSは、効きがいいので、サウンドがハッキリした程度で止めておきました。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzのブースターセッティング例

次に、ブーストモードにしてセッティングをしてみました。

BEHRINGER SF300 Super Fuzzの画像です

・LEVEL=0(MIN)

・TREBLE=9時くらい

・BASS=9時くらい

・GAIN=9時くらい

・MODE=「BOOST」

今回は、クリーンサウンドをブーストする前提で、セッティングしてみました。

コントロールノブを上げたままで、モードを切り替えると爆音になるので、一度、すべて0にしてからセッティングをおすすめします。

LEVELについては、ほぼ効かないので0(MIN)でいいと思います。

音量は、GAINを右に回すほど上がります。

かなり音量が出るので注意が必要です。

TREBLEとBASSは、それぞれ高音と低音が右に回すほど、上がっていきます。

全体的に、少しブーストするセッティングにしました。

音量を上げるためのクリーンブースターとしても普通に使えます。

BEHRINGERベリンガー)SF300 Super Fuzzを試した感想

はじめてBEHRINGERのファズを使ってみましたが、トリッキーなファズペダルだと感じました。

ファズからブースターへと切り替えれるモデルはかなり珍しい気がします。

ブースターが欲しいときに、モードを切り替えれるので、ある意味、便利なエフェクターなのではないでしょうか。

ファズを使う必要がない場合は、ブースターとして使えばいいので、一石二鳥のペダルですね。

気になる点は、リハーサルスタジオでのJC-120などの大型アンプで使えるのかどうかです。

これについては、またの機会で試したと思います。

また、筆者は中古で購入をしましたが、LEDが青色でした。

この記事では、あえて触れていませんが、「BEHRINGER SF300 Super Fuzz」のイメージ画像をみるとオレンジっぽくなっています。

もしかして、LEDが交換されていたものを購入したのかもしれません。

このあたりも調べていけたらと思います。

今回のまとめ

BEHRINGER「SF300 Super Fuzz ファズ」をご紹介いたしました。

低価格なので手に入りやすいので、興味があれば、一度、試してみると面白いと思います。

ご参考になりましたら幸いです。

ベリンガー ギター用エフェクトペダル スーパーファズ SF300 SUPER FUZZ

BEHRINGER SF300 Super FuzzをJC120で試した記事はこちら>

www.effectornote.com