エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

FULL-DRIVE2  MOSFETをJC120で試してみた【エフェクターノート】

FULL-DRIVE2  MOSFETをJC120で試してみた

こんにちは。

今回は「FULL-DRIVE2  MOSFETをJC120で試してみた」を書きたいと思います。

FULL-DRIVE2 MOSFET

今回試すFulltone「FULL-DRIVE2 MOSFET」FULL-DRIVE2 MOSFET「TS系オーバードライブ」「TS系オーバードライブになります。オーバードライブですが、「JC120」で使ってみるとどうなるか気になったので、実際にスタジオに行って試してみました。

 

【今回の使用機材について】

PRS CUSTOM 22(ギター)→FULL-DRIVE2 MOSFET(オーバードライブ)→JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=1〜2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

JC120のチャンネルリンク

 

↑ チャンネルリンクをしてあります。

CHANNEL2(HIGI)→CHANNEL1(LOW)※チャンネルやHIGI&LOWは逆でも問題ありません。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETのセッティング】

FULL-DRIVE2 MOSFET

ON/OFFのオーバードライブ側のみを使用しました。

・VOLUME=10時〜11時あたり

・TONE=12時

OVERDRIVE =12時

モードは真ん中の「FM(Flat-Mids)モード」にセッティングしました。

※FM(Flat-Mids)モードは原音とドライブ音をミックスするモードになります。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETをJC120で試した感想】

「FULL-DRIVE2 MOSFET」を「JC120」JC120で試しみた感想としては、最初の印象は「なんか良い感じ」がしました。理由はわかりませんが、安定感があって、聴きやすいオーバードライブサウンドが出てきました。オーバードライブなので、5、6弦を使用するパワーコードはあまり適しませんが、アルペジオやカッティング、クランチ気味のコードには良いかなと思いました。「JC120」のクリーントーンは、音量を上げれば上げる程「パキーン!」とした高音が突き抜けるサウンドですが、「FULL-DRIVE2 MOSFET」をONにすると、その高音が抑えられ、程よいコンプレッション感が出てきます。個人的にはその辺のニュアンスになるのが、良い感じがするといった感想になったと思います。「FULL-DRIVE2 MOSFET」は、クランチ〜オーバードライブの間では良いペダルかもしれません。

 

【FULL-DRIVE2 MOSFETを歪み系エフェクターと組み合わせてみた】

FULL-DRIVE2 MOSFETとHot Drive'n Boost Mk2

「FULL-DRIVE2 MOSFET」を、系統は違いますが、割と深く歪むオーバードライブと組み合わせてみました。今回組み合わせたのは、Carl Martin「Hot Drive'n Boost Mk2」Hot Drive'n Boost Mk2を「FULL-DRIVE2 MOSFET」の後段に設置して、ゲインブースター的な感じに合わせみました。

結果は、割と良い感じの歪みサウンドになりました。やや詰まった感じはありましたが、使えるサウンドだと思いました。「FULL-DRIVE2 MOSFET」は「TS系オーバードライブ」なので、「Hot Drive'n Boost Mk2」の歪みに引き締まった中域がプラスされて5、6弦も反応するサウンドになりました。「FULL-DRIVE2 MOSFET」 +Carl Martin「Hot Drive'n Boost Mk2」の組み合わせは相性が良いように思います。

さらに「Hot Drive'n Boost Mk2」は、クリーンブースターがついているので、少し音をプッシュしたいとなど、使い勝手が良いと思います。

また、「Hot Drive'n Boost Mk2」は歪みの性質が、深くキメ細かいのでそういった「柔らかい系の歪み」は「JC120」と合うのではと思いました。「JC120」は基本的にサウンドが金属的な硬い印象なので、そこにソフトな歪みを入れて上げることで中和されるように感じます。

そう考えると、歪みが柔らかい歪み系エフェクターで思い付く限りではBOSS「DA2」MESA/BOOGIE「THROTTLE BOX」Bogner「Burnley」BOSS「FZ-5」などは、結果的には歪みきってくれる印象がありました。逆に、硬い歪みの性質を持つ歪みエフェクターで、試した中で思い付くペダルは、Leqtique「9/9」BOSS「DS1X」

MAD PROFESSOR「Stone Grey Distortion」などは、結果的に、歪みが詰まったサウンドになってしまい、歪みはいいけど何かイマイチ。といった印象が多かったように思います。逆に、深く歪む傾向が強いアンプ、Mesa Boogie「Dual Rectifier」などに合わせると良い結果が出るかもしれませんが、このことについては機会があれば試したと思います。

話は脱線しましたが、「FULL-DRIVE2 MOSFET」は「JC120」と相性は良いように思います。また、組み合わせたい場合は「ソフトな歪みを持つ歪みエフェクターを選んだ方が良い結果が出ると思います。

「FULL-DRIVE2 MOSFET」の印象が、良かったので、今度は「Marshall JCM 2000」でも試したいと思います。

 

以上、「FULL-DRIVE2 MOSFETをJC120で試してみた」でした。