エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Badkey DriveをJC120で試してみた

Badkey DriveをJC120で試してみた

こんにちは。

今回は「Badkey DriveをJC120で試してみた」について書きたいと思います。

Badkey Drive

以前、自作エフェクター製作の流れでご紹介した「Badkey Drive」「JC120」で試してきましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【Badkey Driveの主な特徴】

「Badkey Drive」は、アンプのボリュームを上げた時に、歪みが飽和さたようなサウンドが出るオーバードライブ / ブースターになります。ハンドメイド製でシンプルな構成のペダルです。

 

【今回使用した機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Badkey Drive(オーバードライブ / ブースター)→JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし

 

【Badkey Driveのセッティング】

Badkey Driveのセッティング

「Badkey Drive」は、LEVEL、GAINの2つのツマミからなるシンプルな構成です。

LEVEL=9時くらい。音量がかなり大きいので、このくらいがクリーンのアンプと同じ音量にセッティング。音量幅があるので、こういったタイプのエフェクターはブースターとしても使えます。

GAIN=11時くらい。クランチセッティングにしました。MAXにすると飽和感あるオーバードライブサウンドになります。

 

【Badkey DriveをJC120で試した感想】

BadKey Badkey Drive」を「JC120」を試した感想は、真空菅アンプのようで、使いやすいオーバードライブといった印象を受けました。「JC120」に対して素直に歪んでくれる、馴染んでくれるそんな感じがしました。前回、自作エフェクターキットCMOS DRIVE」との比較にもなりますが、「Badkey Drive」の方が品のあるオーバードライブです。クセもなく扱いづらくもなく、ナチュラルな歪み方を出してくるエフェクターかなと思いました。

 

【Badkey DriveとCMOS DRIVEを組み合わせてみた】

Badkey DriveとCMOS DRIVE

似ているオーバードライブ同士の「Badkey Drive」CMOS DRIVE」を組み合わせてみました。GAINをMAXにした「Badkey Drive」を前段に設置、ブースターセッティングにした「CMOS DRIVE」を後段に設置して弾いてました。すると、太い歪みサウンドに変化しました。以前、ミニアンプでのシュミレーションを試した時は、ディストーション並みの歪みになりましたが、「JC120」でも同様のサウンドになりました。「Badkey Drive」は「JC120」と相性が良さそうです。

 Badkey Driveとギターボリュームコントロール

GAINをMAXにした「Badkey Drive」から、ギターボリュームコントロールを3ぐらいに絞ってコントロール具合も試しました。「Badkey Drive」は、ディストーションと違いギターのボリュームコントロールにも反応します。ボリュームを絞ればクリーンサウンド、フルアップにすればオーバードライブサウンドへと言った使い方も可能です。

 

【今回のまとめ】

今回「Badkey Drive」を「JC120」で試してみて思うことは、ナチュラルなオーバードライブに持ってこいのペダルだと思いました。ナチュラルと言っても、歪みに関しては「プリント基板製」や「デジタル系エフェクター」との差は微々たるものですが、音の奥深さみたいな雰囲気があるように思います。そういった観点から見れば「JC120」のクリーンはどこか平面的で冷たい印象を持ちますが、温かみのあるハンドメイド製のエフェクターを使うことでそういった印象を払拭できるかもしれません。ハンドメイド製のサウンドを試したい方にはオススメのオーバードライブです。

 

以上、 「Badkey DriveをJC120で試してみた」についてでした。