effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

RAT2・ディストーションのスタンダードなセッティング【Marshall JCM2000】

こんにちは。

最近、RAT2を改造して調子が悪くなってしまったので、買い直してみました。

RAT2を改造しはじめて数年。ノーマルのRAT2のサウンドを忘れてしまっているため、スタジオに行って試してきました。

今回はそのことについて簡単に書いておきたいと思います。

RAT2の画像です

RAT2・ディストーションについて

PROCO RAT2 ディストーション

まずは、Marshall JCM2000のクリーンチャンネルで試してみました。

Marshall JCM2000のセッティング

Marshall JCM2000は、CLASSIC GAIN / CHANNEL ACLEANチャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のクリーンチャンネルの画像です

VOLUME=5ぐらい(バンドやライブでは6ぐらいは必要)

GAIN=5

Marshall JCM2000のイコライジングの画像です

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=2

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(歪みエフェクターを使用する場合は効果がわかりにくいですが、OFFにするとトーンが上がります。高音がキツイので個人的にはON)

RAT2のセッティング

RAT2の画像です

DISTORTION=10時くらい

FILTER=13時くらい

VOLUME=13時くらい

RAT2のセッティングについては、DISTORTIONが歪みのツマミになりますが、Marshall JCM2000のアンプ自体が歪むので、10時くらいに設定しました。

FILTERはトーンの役割をするツマミですが、時計回りに回すほどボヤけていきます。

なので、やや高音がでる程度の位置にしました。VOLUMEは、アンプから出る音量と同じくらいに調整しています。

RAT2を久しぶりに弾いてみた感想

RAT2を久しぶりに弾いいてみた感想としましては、思っていたより歪みが強いディストーションサウンドに感じました。

エッジがかなり効いて弾きやすいですが、コードを弾くと「ガオーン!」と潰れてしまいます。

こんなブーミーなサウンドだっけな?と首をかしげましたが、他のディストーションと比べると重々しいサウンドが特徴です。

パワーコードは、弾く弦が少ないのでワリとしっかりサウンドが出ます。

ギターのボリュームコントロールはかなり効くので、GAINコントロールはできそうです。

たまたま動画で撮っていましたので、グタグタですが参考にどうぞ。

(フレーズは適当にポジションを変えて弾いています)


RAT2・ディストーションのスタンダードなセッティング【Marshall JCM2000】

ちなみに、JC120でもフラットなセッティングで試したところ、同じようなサウンドになりました。

今回のまとめ

RAT2をひさしぶりに大型アンプで弾いいてみましたが、ガッ!としたガッツつくようなディストーションだと感じました。

ピックを当てた時に引っ掛かりがあるので、単音でのフレーズがしっかり出そうです。

ただ、コード感は潰れやすいので、そこがディストーションとして使うかどうかが悩みどころです。

たくさん良いディストーションペダルはあるので、RAT2はブースター的に使った方が、特徴を活かせるような気がしました。

RAT2はややクセが強いディストーションと言ったところです。

【関連記事】

RAT2をレベルブースターとして使えるかどうかの実験【Marshall JCM2000】 - effectornote