読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

GE7+JC-120の実験

こんにちは。

今回はBOSSの「GE7」+「DS1」を「JC-120」で試していた時に、

DISTORTION」のツマミで色々発見があったので、書きたいと思います。

 

f:id:jundrive3:20160612222151j:plain

 

【BOSS/GE7とは

BOSSの「GE7」(イコライザー)は、特定の周波数を調整・変えるエフェクターで、高音と削りたい時や中域を上げて音抜けを良くしたい、低域を出したいなどなど、目的により細かな調整ができて便利なエフェクターです。

 

f:id:jundrive3:20160515094814j:plain

 

スタジオで「JC-120」を使って実験してみました。

 
ギター(PRS)→「GE7」→アンプ(JC-120)
 
【JC-120のセッティング】
「CHANNEL-2」で「LOW」の方にシールドをインプット。
「VOLUME」=1~2(周りの音により調整するので、あくまで目安の音量)
「TREBLE」=5
「MIDDLE」=5
「BASS」=5
DISTORTION」=5
「REVERB」=2~3
「BRI」=ON(自分はONにすることが多いです。TONEが上がる)
 
※「CHANNEL-2」の「HIGH」と「CHANNEL-1」の「LOW」を短いシールドで繋いで、ステレオ出力にしています。効果としては音が太くなる。「CHANNEL-1」のセッティングはすべて0。使わない。
 

f:id:jundrive3:20160611215532j:plain

 

f:id:jundrive3:20160612223111j:plain

 
と、いつものイコライジングは5と基本的なセッティングですが、今回はこの基本セッティングに滅多につかわないDISTORTION」のツマミに=5を追加してみました。
 
「JC-120」の「DISTORTION」のツマミはほとんど使わないと思いますが、あえて使って冒険してみました。
当然DISTORTION」はゲインを上げるツマミなので歪みますが、それと同時にアンプの音量も上がります。
DISTORTION」=5なので、クランチ〜軽いオーバードライブあたり(細かい範囲)ですが、それなりに歪みました。ギターはPRSでハムバッカーでしたが、ギター(ピックアップ)によって「歪み度合い」は変わってくるかもしれません。
 
しかし、このままだとすごい微妙な「歪み」の感じでやっぱりDISTORTION」はあまり使わない方がいいのかなと、思った矢先。
 

f:id:jundrive3:20160612222349j:plain

 
試していた「GE7」を中域を上げるセッティングで、
「GE7」だけ踏んでみたところ…
 
「ものすっごい音圧になりました。」
 
「JC-120」でこんな音でるの?と驚きました。
 
家に帰って、アンプの本を見てみると「JC-120」の「DISTORTION」のツマミは少し入れるだけでも音が太くなるそうです。(知らなかった)
ちなみにこのセッティングで「DS1」だけONにすると、音がゴリゴリになってしまいました。残念。
 
「JC-120」の「DISTORTION」を使うと、音作りの幅が広がる可能性がでてきたかもしれません。また、いろいろ実験してみよう。