エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

オーバードライブを2つ組み合わせる①

こんにちは。

 今回は「オーバードライブを組み合わせる①」で書きました「BOSS / BD2 keeley.mod」「Fulltone / OCD」「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Driv」の3つのペダルと相性が良さそうなエフェクターを書いてみたいと思います。

 

 【前回ご紹介したオーバードライブ】

「BOSS / BD2 keeley.mod」「Fulltone / OCD」「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Drive」の3つのオーバードライブはゲイン(歪み)の幅が広い分、ギターを弾くジャンルにもある程度は広く対応できると思います。(ハードロック/メタル系のジャンルは単体ではゲインがやや足らない気がするので、割り切ってディストーションの選択するのも必要です)

f:id:jundrive3:20170612214609j:image

 

【TS系オーバードライブと相性が良い】 

数あるオーバードライブの中で、性質が違ったオーバードライブがたくさんありますが、その中でもご紹介したオーバードライブのタイプとは異なる「TS系(チューブスクリーマー)」と呼ばれるオーバードライブがあります。

f:id:jundrive3:20170612155027j:image

この「TS系(チューブスクリーマー)」は、3つのタイプのオーバードライブが「低域と高域」が目立つサウンドに対して、「中域(ミドル)」に特化したオーバードライブです。

「BOSS / BD2 keeley.mod」「Fulltone / OCD」「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Drive」とはまた違ったキャラクターで、「TS系(チューブスクリーマー)」は他のオーバードライブと組み合わせる時に相性が良い傾向があると個人的には思っております。

 

【オーバードライブ同士を組み合わせる時のコツ】 

組み合わせのパターンとしては、前段に「TS系」→後段に「GAIN幅が広いオーバードライブ」という組み合わせが上手くいくように思います。それぞれあまりGAINやDRIVEを上げすぎないことがコツです。GAINがそれぞれ5:5ぐらいに設定して組み合わせて、微調整するといいと思います。

 

【実際にTS系ODを組み合わせて見ました】

それでは3つのオーバードライブ「BOSS / BD2 keeley.mod」「Fulltone / OCD」「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Drive」のそれぞれに相性が良さそうな「TS系オーバードライブ」の組み合わせをご紹介したいと思います。

 

1.「BOSS / SD1」+「BOSS / BD2 keeley.mod」

f:id:jundrive3:20170612213738j:image

BOSSの同じメーカーのエフェクター同士の組み合わせです。この「SD1」と「BD2」があれば、なんとかなりそうな組み合わせだと個人的には思います。2つミックスすればハッキリとした歪みサウンドになるので、ディストーションがなくてもこの2つを合わせれば代用はできると思います。アンプはクリーンセッティングで使用するのがオススメです。どちらかと言えばマーシャルサウンドです。

 

2.「Maxon / ST9Pro+」+ 「Fulltone / OCD」

f:id:jundrive3:20170612213759j:image 

TS系オーバードライブの由縁ともなったモデル「ST9Pro+」と「OCD」の組み合わせです。「OCD」に「ST9Pro+」を組み合わせることで「中域」と「サスティーン」が加わり、サウンドに粘りがでできます。ソロを弾く時などに「TS系」を使ったりしますが「OCD」には「Ibanez」や「Maxon」との組み合わせがいいように思います。

 

3.「TRIAL / Pocke TS」+「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Drive」

f:id:jundrive3:20170612213911j:image

 こちらの組みわせは、同じミニサイズで組み合わせました。この「TRAIL」の「Poket TS」は見た目は小さいですが、ハンドメイドエフェクターなので高品質なエフェクターです。エフェクターボードを組み込む際、様々な相性を試しましたが、この組み合わせがしっくりきました。

 

以上が、BOSS / BD2 keeley.mod」「Fulltone / OCD」「ONE CONTROL / Strawberry Red Over Drive」に合う「TS系オーバードライブ」です。

 

【最後のまとめ】

どのメーカーやモデルであっても「TS系オーバードライブ」「GAINが高いオーバードライブ」の組み合わせ方は相性が良いと思います。個々のエフェクター同士の相性によってはイマイチ効果が出ない組み合わせもあるので、実際に試すことが大事です。

今回、ご紹介した組み合わせはあくまでも参考であって、エフェクター同士の相性が良さそうな組み合わせの例です。まだまだたくさんエフェクターはあるので、より使いやすく効果的なエフェクターはあると思いますが、オーバードライブを単体で使っていて、何か加えたいと思った時は「TS系OD」を使うと良い結果が出やすいという事例でした。音作りや組み合わせの参考になれば幸いです。