エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

エフェクターで音作り!コンプレッサー+TS系オーバードライブで伸びのあるクリーントーンをつくる

こんにちは。

今回は、コンプレッサーを使って伸びのあるクリーントーンを作ってみたので、ご紹介したいと思います。

コンプレッサー+TS系オーバードライブの画像です。

コンプレッサー+TS系オーバードライブで伸びのあるクリーントーンをつくる

コンプレッサー+TS系オーバードライブの画像です。

エレキギターとアンプのみのクリーントーンだけでは、どうしても音が伸びず、音が切れてしまうことがあります。音を伸ばすための方法はいくつかありますが、今回はコンプレッサー+TS系オーバードライブで音を伸してみました。

今回使用したコンプレッサーのご紹介

MXR / M102 Dyna Comp

MXRのM102 Dyna Compの画像です。

MXRのDyna Comp(ダイナコンプ)になります。コンプレッサーは、音を潰す、音を伸ばす効果があります。Dyna Compの特徴として、ピッキングした時に「パコーン」とアタック音が丸くなったサウンドになります。

MXR/Dyna Compのセッティング

OUTPUT(音の出力)=16時くらい

SENSITIVITY(音の潰し加減)=9時くらい

OUTPUTは、コンプレッサーをONにした時の出てくる音量になります。小さいアンプで試したので、MAXに近いツマミ位置となっています。SENSITIVITYは、音をどれだけ潰すor伸ばす、もしくは丸くする度合いになります。あまり強くしすぎると、アタック音がほぼなくなってしまうので、今回は、ほどよく音が丸くなる程度に調整してあります。

今回使用したTS系オーバードライブのご紹介

JOYO Vintage Overdrive

JOYO Vintage Overdriveのセッティングの画像です

JOYO/Vintage Overdriveのセッティング

DRIVE=7時くらい(0に近い)

VOLUME=16時くらい(MAXに近い)

TONE=15時くらい

JOYOのVintage Overdriveを使用しました。クリーンだけだと音が細くなるため、TS系オーバードライブのLEVELだけ上げると際立つクリーンサウンドになります。

コンプレッサー+TS系オーバードライブの効果

コンプレッサー+TS系オーバードライブの組み合わせによる効果として、コンプレッサーを前段に入れることにより、音が丸みを帯びて太くなるサウンドとなります。

実際に弾いてみたサウンド


エフェクターで音作り!コンプレッサー+TS系オーバードライブで伸びのあるクリーントーンをつくる

伸びやかでマイルドなクリーンなので、マイナーペンタのリードフレーズを少し弾いてみました。音が伸びるため、ロングトーンのリードソロやクリーントーンの音を少し太くしたい時に組み合わせると効果を発揮するのではないでしょうか。

ご参考にして頂けたら幸いです。

<中古エフェクターを探すには>

筆者はよくイシバシ楽器 公式オンラインショップで探すことが多いです。全国にあるので、珍しいモデルや新古品も見つけることができます。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギター、ウクレレ、バイオリン、電子ピアノ、シンセサイザー、管楽器、民族楽器、和楽器まで豊富な品揃えが魅力!WEB-SHOP専任担当者が素早く対応致します!