エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

【個人練習から実戦まで使える】ZOOM G1 FOUR マルチエフェクター【review/レビュー】

こんにちは。

今回は、ZOOM「G1 FOUR (マルチエフェクター)」を購入してみましたので、ご紹介いたします。

ZOOM G1 FOURの画像です

ZOOM G1 FOUR マルチエフェクターとは?

ZOOM「G1 FOUR 」とは、60種以上のエフェクトと13種類のアンプモデル、ルーパー、ドラムマシンを内蔵しているマルチエフェクターとなります。

G1 FOURの専用アプリ「Guitar Lab」から配信される、エフェクトなどを追加可能です。

ライブ演奏からホームユースまであらゆる場所で活躍するマルチエフェクターです。

それでは、早速、見ていきましょう。

ZOOM G1 FOURのサイズについて

ZOOM G1 FOURの画像です

ZOOM「G1 FOUR 」の筐体サイズは、例えるならば、BOSSコンパクトエフェクター2個分くらいの大きさです。

外形寸法は、156mm(D)×130mm(W)×42mm(H)となります。

電池を入れていないときの重さでは、340gと軽めですね。

高さはないので、平べったいイメージです。

ZOOM G1 FOURの画像です

必ず専用ACアダプターを使いましょう

ZOOM「G1 FOUR 」は、ACアダプターで使えますが、一つ注意点があります。

それは、必ず専用ACアダプター「AD-16」を使うことです。

ACアダプターAD-16の画像です

専用ACアダプター「AD-16」は別売りです。

ACアダプターでZOOM「G1 FOUR 」を使いたい人は、購入する必要があります。

Amazonでは、ZOOM「G1 FOUR 」+専用ACアダプター「AD-16」のセットで売っていることもありますので、セット購入だと楽ですね。

ちなみに、ZOOM「G1 FOUR 」の取扱説明書に、ACアダプター使用時の警告というイエローの紙が入っていますので、BOSSのACアダプターなど、他社のACアダプターを使わないようにしましょう。

ACアダプターAD-16の注意書きの画像です

電池が使えます

ZOOM「G1 FOUR 」は、専用ACアダプターの他に、電池が使えます。

裏フタをあけると、単三電池4本を入れることができます。

ZOOM G1 FOURの画像です

もし、専用ACアダプターがない場合は、電池で使いましょう。

電池での使用するときは、シールドをINPUT端子に挿し込むことで、ZOOM「G1 FOUR 」が起動します。

ZOOM G1 FOURの画像です

INPUT端子に挿したシールドを抜けば、電源が切れます。

端子について

ZOOM「G1 FOUR 」の端子について、見てみましょう。

ZOOM G1 FOURの画像です

ZOOM「G1 FOUR 」についている端子は以下の通りです。

・INPUT=エレキギターからのシールドを接続します

・AUX IN=スマートフォンなどのオーディオ機器を接続します

・DC 9V=専用ACアダプターAD-16を接続します

・DC 5V=パソコンを接続します

・OUTPUT=ギターアンプ or ヘッドフォンを接続します

アンプで使用するの場合は、通常のエフェクターと同様に、INPUTとOUTPUTにシールドを挿せば、問題なく使えます。

フットスイッチについて

ZOOM「G1 FOUR 」のフットスイッチは、2つあります。

ZOOM G1 FOURの画像です

基本的には、パッチメモリーの切り替えやドラムマシン・ルーパー・チューナーの各機能を操作するときに使います。

「カチカチ」と押しやすいフットスイッチになっています。

ZOOM G1 FOUR の機能について

ここからは、ZOOM「G1 FOUR 」の機能について、ご紹介していきます。

ZOOM G1 FOURの画像です

ZOOM「G1 FOUR 」で、できることを以下にまとめてみました。

・40個のパッチメモリーが登録されている

・10個のパッチメモリーを追加できる

・チューナーが使える

・ドラムマシンのリズムが使える

・ルーパーが使える

・専用アプリ「Guitar Lab」からエフェクトを追加/削除できる

それぞれ、見ていきましょう。

40個のパッチメモリーが登録されている

ZOOM「G1 FOUR 」には、あらかじめ登録されているパッチメモリーが40個あります。

ZOOM G1 FOURの画像です

1つのバンクに10個ずつ入っているので、1〜4のバンクを選択して、サウンドを楽しめます。

登録されているパッチメモリー番号は、10からはじまります。

・1のバンク→10〜19

・2のバンク→20〜29

・3のバンク→30〜39

・4のバンク→40〜49

・5のバンク→50〜59はパッチメモリーが空いてます(新品の場合)

登録されているパッチメモリーのエフェクトは、「STOMP」と「EDIT」で調整できます。

「STOMP」モードでは、各パッチメモリーに入っているエフェクトを確認できます。

ZOOM G1 FOURの画像です

「EDIT」モードでは、各エフェクトのコントロールができます。

ZOOM G1 FOURの画像です

10個のパッチメモリーを追加できる

ZOOM「G1 FOUR 」には、バンク1〜4までの40個のパッチメモリーが登録されていますが、5のバンクに10個のパッチメモリーを追加することができます。

50〜59のパッチメモリーをフットスイッチで選択すると「Empty」という空の状態のパッチメモリーが表示されます。

ZOOM G1 FOURの画像です

このパッチメモリーに、自分でエフェクトを登録し、組み合わせることで、自由自在にオリジナルサウンドをつくることができます。

登録したパッチメモリーには、自分でパッチメモリー名を編集できます。

チューナーが使える

ZOOM「G1 FOUR 」には、チューナー機能も搭載されています。

ZOOM G1 FOURの画像です

2つのフットペダルを同時押しすると、チューナー画面に切り替わります。

バンクの1〜5までのボタンが、チューニングメーターになるので、チューニングが簡単にできます。

戻すときは、フットスイッチのどちらかを押せば、通常の画面に戻ります。

ドラムマシンのリズムが使える

ZOOM「G1 FOUR 」には、ドラムマシンが搭載されています。

一番、左のボタン「RHYTHM」を押すと、ドラムマシンの画面に切り替わります。

ZOOM G1 FOURの画像です

ドラムマシンでは、BPM(音の速さ)や68種類のリズムパターンの選択、ドラムの音量などを調整することができます。

ルーパーが使える

ZOOM「G1 FOUR 」には、ルーパーが搭載されています。

ZOOM G1 FOURの画像です

一番、右のボタン「LOOPER」を押すと、ルーパー画面に切り替わります。

左のフットスイッチを押すと録音開始し、再度押すと、録音停止と同時に録音したサウンドが再生されます。

オーバーダビングも可能です。

ルーパーの注意点としては、ZOOM「G1 FOUR 」の電源を落としてしまうと、録音したサウンドは消えてしまいますので、その都度、録音が必要になります。

また、ドラムマシンとの併用が可能です。

専用アプリ「Guitar Lab」からエフェクトを追加/削除できる

ZOOM「G1 FOUR 」は、専用アプリ「Guitar Lab」からエフェクトを追加・削除することができます。

Guitar Labの画像です

「Guitar Lab」を使用するには、インターネットができる環境とパソコン(Mac/Windows)が必要です。

また、ZOOM「G1 FOUR 」本体とPCをつなぐ、USBケーブル(Micro-Bタイプ)が一本必要です。

「Guitar Lab」では、ZOOM「G1 FOUR 」のアップグレードやエフェクトをインストールすることができます。

ZOOM「G1 FOUR 」単体でも十分に使えますが、さらに使いこなしたい場合は、「Guitar Lab」の活用をしましょう。

ZOOM G1 FOURについての感想

ZOOM「G1 FOUR 」についての感想です。

筆者は、エフェクターでの複雑な操作が苦手なため、マルチエフェクターを敬遠していましたが、ZOOM「G1 FOUR 」は、シンプルで使いやすい印象でした。

マルチエフェクターが苦手な方でも、説明書を読みながら操作すれば、ZOOM「G1 FOUR 」の機能を理解できると思います。

また、チューナーやリズムマシン、ルーパーが1台だけで使えるのは、とても便利です。

個人練習にはピッタリの機能ですね。

マルチエフェクターの歪みは、コンパクトエフェクターより劣るイメージがありましたが、ZOOM「G1 FOUR 」は、実戦でも使える歪みエフェクトが入っています。

ほとんどの代表的なエフェクトが入っていますので、ある程度必要なエフェクターはカバーできるでしょう。

ただ、ZOOM「G1 FOUR 」を使ってみて感じたことは、多機能であることは、とても便利ですが、エフェクターに扱い慣れていない初心者の方には、細かな音作りやルーパーの機能を使いこなすことは難しいように感じます。

遠回りかもしれませんが、コンパクトエフェクターで一通り経験してから、マルチエフェクターを使ったほうが、結果的に効率がいいかもしれません。

今回のまとめ

今回は、ZOOM「G1 FOUR 」をご紹介いたしました。

ZOOM「G1 FOUR 」は、使いこなせれば、とても便利なマルチエフェクターです。

これ1台あれば、ちょっとした個人練習やバンドでも使えます。

マルチエフェクターが苦手な人にも、入門モデルにはちょうどいいモデルだと思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

ZOOM ズーム マルチエフェクター マルチエフェクツプロセッサー【メーカー3年延長保証付】G1 FOUR

ZOOM ズーム ACアダプター DC9V出力 AD-16

【純正ACアダプター付】ZOOM ズーム ギター用マルチエフェクター G1 FOUR