effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

おすすめクリーンブースター5選比較しました〜まとめ編〜

おすすめクリーンブースター5選比較しました〜まとめ編〜

 こんにちは。

 今回は「おすすめクリーンブースター5選比較しました〜まとめ編〜」です。

以前に、ご紹介したクリーンブースターのまとめについて書きたいと思います。 

クリーンブースターのまとめ

 

【クリーンブースターとは】

クリーンブースターとは、名前の通りアンプからの「クリーントーン」をブーストするペダルになります。クリーンブーストの効果を簡単に言えば「音量を上げる」「音を太くする」いった音色を変えずにブーストができるエフェクターになります。

例えば、ギターソロ時にクリーンブーストを踏んで音の存在感を出したり、バンドアンサブルで自分のギターの音が聞こえない時に、少し音量をプッシュすることに使用したりします。

 

【これまでご紹介したクリーンブースター】

<MXR / microamp>

MXR microamp

MXR「MICRO AMP」は、シンプルなクリーンブースターになります。手頃な価格で使いやすく初めてのクリーンブースターにおすすめです。

〈参考組み合わせ例〉 

BOSS「DA2(前段)」+「microamp(後段)」→ディストーション使用でギターソロ時に少しハリとツヤをプッシュする使い方です。

 

<Xotic / EPbooster>

Xotic EPbooster

Xotic「 EP Booster」は、小さいモデルでも内部スイッチのモード切り替え可能。使い方は工夫次第のクリーンブースターになります。エフェクターボードのスペースを取らないのもポイントです。

〈参考組み合わせ例〉

「 EP booster(前段)」+「TS系オーバードライブ(後段)」→あまり歪まないTS系にゲインを加える組み合わせ方です。

 

<Xotic / RCbooster>

Xotic RCbooster

Xotic 「RCbooster」は、GAINのツマミがあり、オーバードライブにもできるクリーンブースターになります。さらに「Treble」「Bass」のコントロールができるので、トーンの調整をすることができます。かなり音圧が出るクリーンブースターなので、音圧を重視したいならXotic 「RCbooster」がオススメです。

※現在は、Xotic「 RC Booster V2 RCB-V2」が発売されています。

〈参考組み合わせ例〉

 BOSS「ML2(前段)」+「RC booster(後段)」→メタル系ディストーション使用時に歪みで音が引っ込む時にブーストして音圧を出す組み合わせです。

 

<TC ELECTRONIC / Spark mini booster >

TC ELECTRONIC Spark mini booster

t.c.electronic「Spark Mini Booster」は、純粋にボリュームのみ上げたいクリーンブースターになります。レベルブースターと言っても過言ではないくらい、ただただ音量のみ上がるブースターです。フットスイッチの長押しで、踏んだ時のみレベルを上げることもできます。ミニサイズでありながら、エフェクター自体も軽く、エフェクターボードの組み込みや持ち運びにも便利です。

 

<Z.VEX / BOX OF ROCK(Super Hard On)>

Z.VEX BOX OF ROCK

Z.VEX 「BOX OF ROCK(Super Hard On)」になります。左側が「Super Hard On」のクリーンブースターになります。「Super Hard On」の特徴として、ギターの原音を強く出すことができるクリーンブーストになります。「BOX OF ROCK」はディストーションのカテゴリーですが、歪み自体はオーバードライブに近いです。2in1仕様のため、右側をゲインブースター、左側がレベルブースターと使い分けることができます。

 〈参考組み合わせ例〉

ディストーション(前段)」+「Super Hard On(後段)」→歪ませまている時に原音のみ前に出してハッキリした歪みサウンドにしたい時の組み合わせです。

 

 【クリーンブースターのまとめ】

 ご紹介したクリーンブースターを参考までにまとめると以下のようになります。

<音を太くしたい場合>

1.「RC booster / xotic」

2.「EP booster / xotic」

 

<価格で選びたい場合>

1.「microamp / MXR」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

3.「EP booster / xotic」

 

<歪み系エフェクターと組み合わせる場合(後段)>

1.「Super Hard On (BOX OF ROCK)/ Z.VEX」

2.「RC booster / xotic」

3.「EP booster / xotic(ユニティーゲインモードやヴィンテージモード)」

 

<音量調整で使いたい場合>

1.「microamp / MXR」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

 

エフェクターボードでスペースを考える場合>

1.「EP booster / xotic」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

 

まとめて見ると Xotic「EP Booster」が、トータル的に使いやすいクリーンブースターの印象があります。個人的には、BOX OF ROCK (Super Hard On)が2in1使用で便利だと思いますが、用途に合ったクリーンブースターを選ぶといいと思います。今回、紹介しているクリーンブースターはどれも定番のブースターになります。まだまだ、たくさんのクリーンブースターモデルがありますので、色々試して自分に合うブースターを探すといいでしょう。

 

以上、「おすすめクリーンブースター5選比較しました〜まとめ編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

www.effectornote.com