エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

クリーンブースター5選まとめ

「クリーンブースター5選まとめ」

 

こんにちは。

 今回は「クリーンブースター5選まとめ」です。

ご紹介したクリーンブースターのまとめについて書きたいと思います。 

f:id:jundrive3:20170604225404j:image

 

【クリーンブースターとは】

クリーンブースターとは、名前の通りアンプからの「クリーントーン」をブーストするペダルになります。

クリーンブーストの効果を簡単に言えば「音量を上げる」「音を太くする」といった音色を変えずにブーストができるエフェクターになります。

例えば、ギターソロ時にクリーンブーストを踏んで音の存在感を出したり、バンドアンサブルで自分のギターの音が聞こえない時に、少し音量をプッシュすることに使用したりします。

 

【これまでご紹介したクリーンブースター】

「microamp / MXR」 

f:id:jundrive3:20170604104832j:image

シンプルなクリーンブースター。手頃な価格で使いやすく初めてのクリーンブースターにおすすめです。

〈参考組み合わせ例〉 

BOSS「DA2(前段)」+「microamp(後段)」→ディストーション使用でギターソロ時に少しハリとツヤをプッシュする使い方です。

 

「EP booster / xotic」

f:id:jundrive3:20170604104851j:image

小さいモデルでも内部スイッチのモード切り替え可能。使い方は工夫次第のクリーンブースター。エフェクターボードのスペースを取らないのもポイントです。

〈参考組み合わせ例〉

「 EP booster(前段)」+「TS系オーバードライブ(後段)」→あまり歪まないTS系にゲインを加える組み合わせ方です。

 

 「RC booster / xotic」

f:id:jundrive3:20170604104906j:image

オーバードライブに近いクリーンブースター。Gain、Treble、Bassがコントロールができるので歪みとトーンを細く調整をしたい方にはおすすめ。音圧を重視したいならRC booster。バッファが入っています。

〈参考組み合わせ例〉

 BOSS「ML2(前段)」+「RC booster(後段)」→メタル系ディストーション使用時に歪みで音が引っ込む時にブーストして音圧を出す組み合わせです。

 

 

 「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

f:id:jundrive3:20170604104954j:image

音色もGAINも加えずに、純粋にボリュームのみ上げたいならSpark mini boosterがおすすめ。ミニサイズで軽いので持ち運びも便利です。

※他のエフェクターと組み合わせても、純粋に音量が上がるので、効果はレベルブースターのままです。

 

 

 「BOX OF ROCK (Super Hard On)/ Z.VEX」

f:id:jundrive3:20170604105006j:image

ギターの原音を強くブーストしたいならこの BOX OF ROCK (Super Hard On)がおすすめ。BOX OF ROCKはディストーションのモデルですが、右がゲインブースター、左がレベルブースターと使い分けることができます。

 〈参考組み合わせ例〉

ディストーション(前段)」+「Super Hard On(後段)」→歪ませまている時に原音のみ前に出してハッキリした歪みサウンドにしたい時の組み合わせです。

 

 

【クリーンブースターのまとめ】

 ご紹介したクリーンブースターを参考までにまとめますと、

<音を太くしたい場合>

1.「RC booster / xotic」

2.「EP booster / xotic」

 

<価格で選びたい場合>

1.「microamp / MXR」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

3.「EP booster / xotic」

 

<歪み系エフェクターと組み合わせる場合(後段)>

1.「Super Hard On (BOX OF ROCK)/ Z.VEX」

2.「RC booster / xotic」

3.「EP booster / xotic(ユニティーゲインモードやヴィンテージモード)」

 

<音量調整で使いたい場合>

1.「microamp / MXR」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

 

エフェクターボードでスペースを考える場合>

1.「EP booster / xotic」

2.「Spark mini booster / TC ELECTRONIC」

 

と言った感じでしょうか。

まとめて見ると「EP booster / xotic」がモードセッティングも加え、様々な場面に対応しやすいクリーンブーストだと思います。

個人的には、クリーントーンにこだわりたい場合は「Spark mini booster」以外でしたら、どれを選んでもいいと思っています。

ディストーションをよく使用する方は、「RC booster」や「Super Hard On」が相性が良さそうです。効果の違うブースターをいくつかセッティングして置いて、使用用途によって使い分けるのも便利かなと思います。

 

こちらでご紹介しているブースターはどれも定番のブースターなので、明確な目的を持っていれば、期待に応えてくれるペダルです。

 ご紹介したクリーンブースターはごく一部であって、まだまだたくさんありますので、色々試して自分に合うブースターを探すのも面白いと思います。

クリーントーンが好きな人やギターソロを弾く人にはクリーンブースターを1台持っていても損はないと言えるエフェクターなので、ぜひ、クリーンブースターを試してみて良いサウンドでギターを弾ければと思います。

 

以上、「クリーンブースター5選まとめ」でした。