エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

クリーンブースターをより磨く電圧コンバーター【Xotic EP Booster】

こんにちは。

今回は、9VDCから18VDCに昇圧してくれる電圧コンバーターをご紹介します。

クリーンブースターをより磨く電圧コンバーター

VOLTAGE DOUBLER POWER ADAPTER(XVD-1)の画像です。

Xoticから発売されている電圧コンバーターVOLTAGE DOUBLER POWER ADAPTER(XVD-1)になります。この電圧コンバーター9VDCを15VDC〜18VDCまで昇圧してくれるアイテムです。

15V〜18Vのスイッチの画像です。

横のスイッチで15VDC〜18VDCを選ぶことができます。

9VDCから18VDCへ昇圧するメリット

9VDCから18VDCへ昇圧するメリットとしては、クリーンブースターならば、よりクリーンへ。オーバードライブなどの歪みエフェクターは、よりアンプライクな反応の良い音質へ変えることができます。

実際にXotic EP Boosterで試してみた

Xotic EP Boosterをコンバーターで昇圧させている画像です。

実際にXotic EP Boosterを使って、9V DCから18V DCへ昇圧させてみました。試したアンプは、Roland MICRO CUBE(ミニアンプ)でしたが、スタジオに置いてあるマーシャルアンプのような奥行きと艶のあるクリーンサウンドになりました。逆に、電圧コンバーターを外して弾いてみると、ややこじんまりとしたサウンドで、コードを弾くと若干歪みが入る感じがします。

クリーンブースターの電圧を上げる理由

Xotic EP Boosterの画像です。

エフェクターは、電圧によって周波数が変わるためサウンドには影響してきます。電圧が低いほうが歪みを生じやすく、電圧が高いほうが歪みが滑らかになる性質があります。つまり、電圧を上げるならば、クリーンブースターのように歪まないエフェクターの電圧を上げると効果的という判断ができます。(18V DCまで上げれるモデルのみ)

なんでも電圧を上げればいいワケではない

18VDCと聞くと、なんだか数値が高い方が良さそうに感じますが、なんでも電圧を上げればいいというワケでありません。今回使用したXotic EP Boosterは、18VDCまで昇圧することができるクリーンブースターため、電圧コンバーターを使うことができました。多くのエフェクターは9VDCのため、9VDC仕様のエフェクターには使えません。そのため、やたらめったら18VDCのコンバーターエフェクターにつけるのは、エフェクターに負荷をかけすぎるため、やめておいた方がいいでしょう。

まとめ

電圧コンバータを使って、クリーンブースターを18VDCに昇圧することは、クリーンをよりクリアにする効果が期待できます。XoticのVOLTAGE DOUBLER POWER ADAPTER(XVD-1)は、Xotic製のエフェクター(AC BoosterやSL Driveなど)のみでしか使えないないので注意が必要ですが、電圧を変えたサウンドを楽しめるアイテムです。まずは、Xotic EP Boosterで試してみるといいと思います。

ご参考にして頂けたら幸いです。読んで頂きありがとうございました。

<中古エフェクターを探すには>

筆者はよく中古エフェクターイシバシ楽器 公式オンラインショップで探すことが多いです。全国にあるので、珍しいモデルや新古品を見つけることができます。

楽器総合小売店の石橋楽器店!ギター、ウクレレ、バイオリン、電子ピアノ、シンセサイザー、管楽器、民族楽器、和楽器まで豊富な品揃えが魅力!WEB-SHOP専任担当者が素早く対応致します!