effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

空間系エフェクターの種類はリバーブとディレイの2つ【アンプにリバーブはついてます】

こんにちは。

空間系エフェクターを気になる方は多いのではと思います。

今回は、空間系エフェクターの種類についてご紹介します。

空間系エフェクターの種類はリバーブとディレイの2つ

空間系エフェクターの種類はリバーブとディレイの2つ

バーブ

<リバーブの特徴>

よく言われるのがお風呂や大きなホールにいるような残響効果がでます。

参考モデル:BOSS Reverb RV-6

ディレイ

<ディレイの特徴>

音がやまびこするように、音をズラすことができます。

参考モデル:BOSS Digital Delay DD-7

圧倒的に使う種類はディレイ・エフェクター

圧倒的に使うのはディレイ

バーブとディレイでどちらの空間系エフェクターを使うかといえば、

ディレイを使うことが多いです。

バーブを1台持っていますが、バンドなどの経験では1度も使ったことがありません。

バーブはアンプについていることがほとんど

例えば、JC120マーシャルアンプのパネルについていることが多いです。

JC120のリバーブ

JC120のリバーブ

マーシャルアンプ(Marshall JCM2000 DSL100)のリバーブ

マーシャルアンプ(Marshall JCM2000 DSL100)のリバーブ

また、Roland(ローランド)のミニアンプにもついていることが多いです。

バーブエフェクターは必要ない?

人によってはリバーブエフェクターエフェクターボードに入れてるのを見かけます。ロカビリーサウンドのようなサウンドバーブ+ディレイの組み合わせで、より空間系サウンドに磨きをかける時に使ったりします。

アンプによってはリバーブがないものがあるので、リバーブをかけたい場合は必要です。

はじめての空間系エフェクターの種類はディレイがおすすめ

使用頻度からも空間系エフェクターは、はじめはディレイがおすすめです。

バンドをする場合で、付点8分ディレイで構成された曲が稀にあることがあります。

例えば、back number「高嶺の花子さん」のイントロの部分。(0:26あたりから)


back number - 高嶺の花子さん

バーブはスタジオの場合、ほとんどはアンプでカバーできますが、ディレイがないと、どうしてもそれっぽいサウンドにできないことがあります。

そのためにも、ディレイを1台持っておくと便利です。

最後に空間系エフェクターは奥が深い、種類も多い

空間系エフェクターは、奥が深いです。

デジタルディレイなどの多機能なモデルやアナログディレイ、そして、リバーブにもスプリングリバーブなど様々な種類があります。

セッティングにより多彩に変化するので、実際に使って感覚的に慣れることが使いこなす近道です。