effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

これはびっくりのコストパフォーマンス! JOYO Vintage Overdrive【レビュー】

こんにちは。

最近、TS系オーバードライブに注目をしています。

TS系エフェクターは主に中域(ミドル)が出るオーバードライブですが、いろいろ調べてみるとチューブスクリーマーのクローンと言われているJOYOのVintage Overdriveが気になり購入してみました。

Amazonで新品で5000円を切るほどの安いコストのエフェクターを、実際にスタジオで試してみたので、まとめておきたいと思います。

JOYO Vintage Overdriveの画像です

これはびっくりのコストパフォーマンス! JOYO Vintage Overdrive

JOYO Vintage Overdrive JF-01はチューブスクリーマと言われていますが、今回気になったので実際にスタジオにいって試してきました。

JOYO jf-01ヴィンテージオーバードライブギターエフェクトペダルTrue Bypass

試したアンプは、JC120とMarshall JCM2000の2つのアンプでした。

JOYO Vintage OverdriveをJC120で試してみる

JC120のセッティング

JC120のイコライジングの画像です

VOLUME=2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし 

JOYO Vintage Overdriveのセッティング

JOYO Vintage Overdriveのセッティングの画像です

DRIVE=15時くらい

VOLUME=15時くらい

TONE=13時くらい

JC120においての、JOYO Vintage Overdrive のセッティングはかなり歪むセッティングにしました。VOLUMEも少し大きめにしてあります。

TONEは、耳が痛くならない程度のポイントで調整しています。

JOYO Vintage OverdriveをJC120で試した感想

JOYO Vintage OverdriveをJC120で試したところ、弾いて驚きました。

ザクザクした良い感じのサウンドがJC120から飛び出てきます。一番びっくりしたことは、5・6弦のリフもしっかり弾けること。

JOYO Vintage OverdriveディストーションペダルのRAT2もJC120で試していましたが、同じくらい5・6弦の反応が良かったです。

JOYO Vintage Overdriveはオーバードライブですが、ディストーション並にも歪ませることができます。

以前、チューブスクリーマーのIbanez TS9をJC120で試したことがありますが、断然JOYO Vintage Overdriveの方が相性は良いです。

OYO Vintage Overdriveの特徴として、弾いいた時のエッジ感がIbanez TS9と比べてあるので、「ガッ!」とした引っかかりがあり弾きやすいです。

次に、Marshall JCM2000でブースターとして試してみました。

JOYO Vintage OverdriveをMarshall JCM2000で試してみる

Marshall JCM2000は、ULTRA GAIN / CHANNEL BLEAD1チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000は、ULTRA GAIN CHANNEL BのLEAD1チャンネルの画像です

VOLUME=3ぐらい

GAIN=3ぐらい

Marshall JCM2000のイコライジングの画像です

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=2

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(歪みエフェクターを使用する場合は効果がわかりにくいですが、OFFにするとトーンが上がります)

JOYO Vintage Overdriveのブースターセッティング

JOYO Vintage Overdriveのセッティングの画像です

DRIVE=10時くらい

VOLUME=MAX

TONE=7時くらい(ほぼ0)

Marshall JCM2000においてのJOYO Vintage Overdriveのセッティングはアンプを歪ませた状態でブースターセッティングにしました。

DRIVEはノイズが出てこない範囲で調整。VOLUMEはMAX。TONEについては、Marshall JCM2000は高音が出やすいため、思い切って0もしくは少し上げる程度にセッティングをしました。

JOYO Vintage OverdriveをMarshall JCM2000で試した感想

JOYO Vintage OverdriveをMarshall JCM2000のブースターと使ってみた感想は、チューブスクリーマーと同等のブースト感が得られました。

Ibanez TS9などのチューブスクリーマーでブーストすると、アンプのサウンドがあまり変化せず音が伸びる傾向があります。

JOYO Vintage Overdriveも同じようにサウンドを変化させず、ベンディング(チョーキング)した時に程よいサスティーンが得られました。

もちろん、Marshall JCM2000のクリーンチャンネルにすれば、JC120同様にエッジが効いたディストーションサウンドとしても使うことができます。

結論:JOYO Vintage OverdriveはおいしいTS系オーバードライブ!

今回、JOYO Vintage OverdriveをJC120とMarshall JCM2000の2つのアンプで試してみましたが、新品5000円くらいで買えるにもかかわらず、めっちゃ使えるオーバードライブでした。コストパフォーマンスは高いです。

正直、最初はあまり期待はしていませんでしたが、こんなに実践的に使えるオーバードライブなんだと今では驚きです。

人の好みによりますが、ヘタに高級なブティック系エフェクターを買うより、こちらの方が使い勝手がいいでは?と思います。

結論、JOYO Vintage OverdriveはおいしいTS系オーバードライブ。

改造もする必要ないくらいフツーに使えます。

ご参考になりましたら幸いです。