エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

エフェクターボードに入れておきたい1台 Z.vex /Box of Rock

※この記事は2021年2月1日に更新されました

こんにちは。

エフェクター ボードに入れておくと便利なエフェクター をご紹介します!

その名もZ.VEX「Box of Rock」です。

一体どういう使い方をすると便利なのか見ていきましょう!

f:id:jundrive3:20170720161342j:image

Z.VEX「Box of Rock」ってなに?

Box of Rockは、Z.VEXから出ているディストーションペダルになります。

といっても、激歪みのディストーションではないので、表記に注意しましょう。

感覚的には、オーバードライブくらいの歪み量しかありません。

サウンドは、クランチ寄りのマーシャルサウンドと言ったところです。

さらに、クリーンブースターがついていることが特徴です。

Box of Rockの基本的な使い方

Box of Rockの使い方は、人によってそれぞれだと思いますが、オーソドックスに使うならば、オーバードライブ的に使うのがいいと思います。
低音弦はハッキリと出ないので、コード弾きやアルペジオがオススメです。
また、JC120でもう少し真空管っぽい感じにしたい場合もBox of Rockは有効です。この場合は、あくまでもクリーンサウンドをブラッシュアップするイメージで使うと良いです。

オススメなBox of Rockの使い方

オススメなBox of Rockの使い方は、ブースターとして使うことです。
歪み側をゲインブースター、クリーンブースターをレベルブースターと使い分けたり、ハイゲインディストーション特有の引っ込んでしまう歪みを補正する時にも使います。
オーバードライブやディストーションの後ろにつないで、ブーストするイメージで使うと丁度いいブースターとして発揮してくれます。

Box of Rockに付いているsuper hard onが使える!

Box of Rockについてるブースター「super hard on」が結構使えます。

このsuper hard onは、ギターの原音を前に出してくれるタイプのクリーンブースターで、音量はもちろん、アタック感を増したい時にも使えます。

super hard on単体でのペダルもありますが、歪みも使えるBox of Rockの方が、一石二鳥でお得感があります。

Box of Rockは使いこなせると化ける

Box of Rockは、はじめて使う方にはとっても使いにくいペダルだと思います。でも、使い方がわかれば、実戦的に使えるペダルに化けます。Z.VEX自体クセがあるペダルが多いですが、型にはまった時の威力が強いのが特徴です。自分なりのBox of Rockのセッティングを探しましょう。

こんな人はBox of Rockを使っちゃダメ

どんなエフェクター にも、向き不向きがあります。当然ながら、Box of Rockにできない効果を求めると失敗の原因になります。

Box of Rockは、バリバリ歪ませるモデルではありません。

メタル系のサウンドやハイゲインディストーションを出したい場合は、Box of Rockでなく別のモデルを探しましょう。

5、6弦を使うリフでハッキリ出したい人も、Box of Rockには向いていません。  

Box of Rockは歪みペダルと組み合わせるとGOOD

Box of Rockは、アンプライクペダルだけあって、他の歪みペダルとの組み合わせがしやすいです。歪みペダルがなんだかイマイチなときも、Box of Rockと組み合わせることで、使いやすくなることもあります。組み合わせは、同じアンプライク系モデルがオススメです。

エフェクターボードに入れておきたい縁の下の力持ちペダル

Box of Rockは、縁の下の力持ちの存在です。

エースではないけれど、他を支えてくれる重要なペダルになる可能性を秘めてます。

使いこなせるとエフェクターボードに入れておきたいペダルになれるはずです。

見た目がPOPなとこが魅力ですね。

ご参考になれば幸いです!