エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

Ibanez TS9(Tube Screamer)のサスティーン実験

こんにちは。

今回は「Ibanez TS9(Tube Screamer)のサスティーン実験」について書きたいと思います。

 

最近、Ibanezの「TS9」を購入して色々試していたところ、あるギター仲間が「TS9」は「サスティーンが伸びる」ということを言っていたので、Ibanez「TS9」は一度、ご紹介しましたが、気になったのでスタジオでサスティーンの実験をしてきました。

f:id:jundrive3:20170720185200j:image

 

Ibanez TS9について簡単にご紹介】

Ibanez「TS9(Tube Screamer)」はTS系オーバードライブで、中域(ミドル)が上がるのが特徴です。あまり歪みまないペダルですが、DRIVEをMAXにすれば、それなりに歪ませることもできます。BOSS「SD1」と比べると素直なオーバードライブと言った印象です。 

【今回の試したセッティング】

PRS CUSTOM 22(ギター)→IbanezTS9(Tube Screamer)」→Marshall JCM 2000(アンプ)リードチャンネル

 f:id:jundrive3:20170721193126j:image

今回は「Marshall JCM 2000」を使って試してみました。

チャンネルはリードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)で、アンプで歪ませたところに、Ibanez「TS9」を使ってブーストするというセッティングにしてみました。

f:id:jundrive3:20170721175910j:image

ULTRA GAIN / CHANNEL B

VOLUME=3ぐらい(環境に応じて調整)

GAIN=5〜6ぐらい

LEAD1を選択(ボタンは押さない)

 

f:id:jundrive3:20170721175436j:image

<EQUALISATION>

PRESENCE=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=リバーブはお好みで調整

※DEEPとTONE SHIFTはOFF 

 

Ibanez TS9のセッティング】

f:id:jundrive3:20170721163134j:image

DRIVE=9時ぐらい(3ぐらい)

LEVEL=4時ぐらい(8ぐらい)

TONE=11時ぐらい(4ぐらい)  

今回のIbanez「TS9」のセッティングは、ブースターとしてのセッティングなので、DRIVEを控えめに、LEVELをかなり上げてあるセッティングです。LEVELの調整がポイントになってきますが、ハウリングには注意が必要です。DRIVEの加減でノイズが多くなりますので、音を聞きながら細かく調整した方がいいと思います。程よくかけるのがポイントになります。

(※LEVELを上げすぎるとサスティーンが強すぎて、逆に弾きにくくなることもあります)

 

Ibanez TS9のサスティーンを試してみました】

それでは、実際にIbanez「TS9」を使ってサスティーンを試してみました。

ギターで音が出にくい(途切れやすい)1弦の13フレット(Fの音)で弾いて試してました。

まず、「Marshall JCM 2000」のアンプだけで1弦の13フレットを普通ぐらいの強さで弾いてみると、「ファーーー⤵︎、、、」

5〜6秒ぐらいで音が減退して音が途切れてしました。

 

そして、次にIbanez「TS9」をONにして、同じように弾くと、

「ファーーーーーーーーーーー→」

10〜15秒以上音が伸びました。

 

サウンドはほとんど変わりませんが、明らかにIbanez「TS9」をONにした方がサスティーンが伸びました。

 

よく「Marshall JCM 2000」の歪みで弾いていると、サスティーンがなく音が途切れることがあります。ピッキングの強さや指のパワー+ビブラートでなんとかギリギリ音を伸ばしていましたが、このIbanez「TS9」をブースターとして使い、サスティーンを加えると音が伸びやすくなるとわかりました。マーシャルアンプで、よくプロの方のエフェクターボードにIbanez「TS9」などの「TS系オーバードライブ」を使っている理由がわかったような気がします。

 

【ついでにSD1とTS9のサスティーンを比較してみました】

f:id:jundrive3:20170721193043j:image

次に、BOSS「SD1」でのサスティーンも試してみました。

セッティングはIbanez「TS9」と同じセッティングにし、同じように、1弦の13フレットを弾いてみました。

「ファーーーーー⤵︎」

10秒ぐらいで音が減退していきました。

「SD1」もサスティーンが伸びます。 ただ、10秒あたり過ぎると音は伸びているものの、音が細くなっていく傾向がありました。

 

同じようにもう一度、Ibanez「TS9」で弾いてみると、

「ファーーーーーーーーーーー→」

同じように10〜15秒以上音が伸びました。サスティーンでの「SD1」との違いは、音が伸びきった後でも、音が細くならずそのまま伸びるという点が「TS9」の特徴だと感じました。

(あまり高音を伸ばして聞いていると頭がクラッっとしてくるので、ご注意ください)

 

Ibanez TS9(Tube Screamer)のサスティーン実験のまとめ】

今回はサスティーンという音の伸びについての実験をしてみました。自分の感覚になりますが、「Marshall JCM 2000」のリードチャンネルを使っていると、音が伸びない(途切れる)ことが気になっていたので、今回は悩みが一つ解決できる機会となりました。まだ、個人的にはIbanezIbanez TS9(Tube Screamer)」をブースターとして使いこなしているワケではないので、今後、「Marshall JCM 2000」のリードチャンネル+Ibanez「TS9」or「TS系OD」でブースターという組み合わせを試していきたいと思います。

サスティーンを伸ばしたい場合に、Ibanez TS9(Tube Screamer)はオススメのオーバードライブです。

 

以上、Ibanez TS9(Tube Screamer)のサスティーン実験でした。

ONE CONTROL Strawberry Red Over DriveをJC120で弾いてみた

こんにちは。

今回は「ONE CONTROL Strawberry Red Over DriveをJC120で弾いてみた」を書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170718130504j:image

 ONE CONTROL の「Strawberry Red Over Drive 」は、以前、何度かライブで使ったことあるペダルで、クリーンブースターとして使えるオーバードライブとしてご紹介しました。

「Marshall JCM 2000」では何度か使用していましたが、「JC120」で使ったことがなかったので、今回スタジオに練習ついでに試してきました。

 

【Strawberry Red Over Driveについて 】

この「Strawberry Red Over Drive」はONE CONTROLから出ているオーバードライブになります。このペダルが気になったきっかけは、BOSS「BD2」に似ているということで、ミニサイズも含め購入しました。

ツマミは、LEVEL、TREBLE、DRIVEの構成になります。

f:id:jundrive3:20170718183744j:image

LEVELは、かなり音量レベルが高いです。9時〜10時くらいでアンプとの音量差が同じくらいです。

TREBLEは、右に回すほど高域が上がってきます。程良く上がっていくのが印象的です。

DRIVEは、かなり歪み幅が多いです。13時くらいが、歪みのピークだと思います。

以上のことからも、BOSSの「BD2」とよく似ている性質を持つオーバードライブです。

 

【JC120でのセッティング】

f:id:jundrive3:20170718130944j:image

PRS CUSTOM 22(ギター)→Strawberry Red Over Drive→JC120(アンプ)

 

〈JC120のイコライジング

f:id:jundrive3:20170718131313j:image

VOLUME=2〜3(環境により調整)

TREBLE=3〜4

MIDDLE=3〜4

BASS=3〜4

DISLTORTION=0

REVERB=2〜3

BRIスイッチはOFF

 f:id:jundrive3:20170718131329j:image

※チャンネルリンクをしてます(CHANNEL-2 / Low→CHANNEL-1/ HIGHへパッチケーブルでリンク) 

 

【実際にBD2と比べて弾いてみた感想】 

f:id:jundrive3:20170718131415j:image 

「 Strawberry Red Over Drive」を「JC120」で弾いてみた感想としましては、確かにBOSS「BD2」と似たようなサウンドの傾向はあるかなと思いました。ただ、BOSS「BD2」はジャキジャキするようなサウンドで、高域が出てくる感じがします。それに対して「 Strawberry Red Over Drive」はわずかではありますが、歪みの質がやや細かい印象がしました。TREBLEのツマミがあるので、高域が出やすいモデルなのかと思いきや、「 Strawberry Red Over Drive」は「BD2」よりも高域が抑えられていると感じました。

様々な弾き方を試しましたが、個人的には「Strawberry Red Over Drive」を使ってもっとも良いなと思った弾き方は、単音でのリードソロです。ギターのセレクターをリアにしているのに関わらず、サウンドは丸くTS系ODのような心地良いサウンドがでてきました。

f:id:jundrive3:20170718135637j:image

この「 Strawberry Red Over Drive」の良さは恐らく、TREBLE(高域)が意図的に抑えられているところに感じます。試しに、BOSS「BD2」で同じように弾いてみるとハイ(高域)が出るリードソロになりました。

「Strawberry Red Over Drive」 はリードソロでは高域が抑えられているので、音が細くなりにくいのも特徴で、程よく気持ちが良いサウンドがでます。

弾いていて気になった点は、歪み幅が多いのでGAINを上げれば「JC120」でリフなども弾けなくはないですが、正直なところ、コードの分離感はあまり良い方ではないので、言い方は悪いかもしれませんが、濁るようなサウンドになる傾向がありました。これは「BD2」も同じような傾向がありました。ピッキングのレスポンスは両方とも良好です。

 

【Strawberry Red Over Driveの使い方】

「Strawberry Red Over Drive」使い方は「リードソロ」がオススメです。この購入した当初はこのペダルの名前はあまり気にしていませんでしたが、名前の通り、程よく「甘いリードサウンド」が出るオーバードライブです。全体的なサウンドはドライですが、リードソロで使うとこのペダルの真価が発揮されるのではと思いました。

 

BOSS「BD2」と「Strawberry Red Over Drive」は、比べると方向性は似ていますが、「Strawberry Red Over Drive」は「BOSS BD2」には出ないリードサウンドがある分、個人的には同じようなペダルという認識はやや勿体ないかなと感じました。

BOSS「BD2」は、高音でジャキジャキしているサウンドなので、クランチで1〜3弦を使うカッティングやアルペジオなどが向いてるかなと個人的には思います。どちらも「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)で使用する場合は、5,6弦はしっかり弾けますが、「JC120」で使用する場合は「Strawberry Red Over Drive」と「BD2」どちらとも、それぞれが持ち味を発揮できる使い方をした方がサウンドに差が出てくると思います。

 

【Strawberry Red Over Driveのまとめ】

今回は「JC120」で試してみましたがStrawberry Red Over Driveは、「JC120」で甘いうっとりするようなリードソロを弾きたい時には持ってこいのオーバードライブだと思います。使い方はリードソロと限定しましたが、工夫次第ではクリーンブースターなど様々な使い方ができると思います。

ハードロックのような速弾きやテクニカルが入るソロよりも、ブルースなどゆったりと鳴かせるようなソロにピッタリなサウンドだと思います。リードソロでは、空間系のディレイなどをかけるとより一層効果的でした。

 

今回は「Strawberry Red Over Drive」=「BD2」という代替えでの先入観で使っていましたが、改めて良さを発見すると「Strawberry Red Over Drive」をすごい魅力的なオーバードライブに見えてきました。

Strawberry Red Over Drive」自体は汎用性は高く使いやすいペダルだと思います。個人的にはサウンド面で使い方を限定した方が良いかなと思うことで書いてみました。

BOSS「BD2」などのキンキンする高域が出るエフェクターが苦手な人には、高域が抑えられた弾きやすいペダルだと思います。ぜひ「Strawberry Red Over Drive」でお試しください。

 

以上、「Strawberry Red Over DriveでJC120を弾いてみた」でした。

Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた

こんちには。

今回は「Marshall JCM 2000 フットスイッチを使ってみた」を書きたいと思います。

 

「Marshall JCM 2000」には専用のフットスイッチがあります。よくスタジオに「JCM 2000」のヘッドアンプの上などに置いてあるフットスイッチを見かけたことはないでしょうか。

f:id:jundrive3:20170716145221j:image 

今回は、このフットスイッチを使ってみたので簡単にご紹介したいと思います。

 

【フットスイッチでできること】

まず、この専用フットスイッチをつなぐことでできることは、2つあります。

まず、1つ目は、

チャンネルの切り替えが可能です。

クリーンチャンネル(CLASSIC GAIN / CHANNEL A)とリードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)の切り替えが簡単に足元でできます。(指で切り替えに行かなくていい)

f:id:jundrive3:20170717203434j:image

↑フットスイッチはOFF

f:id:jundrive3:20170716145512j:image

 ↑クリーンチャンネル(LEDが緑)

 

f:id:jundrive3:20170717203501j:image

↑フットスイッチをON

f:id:jundrive3:20170716145541j:image

↑リードチャンネル(LEDが赤)へ切り替わる(OFFにするとクリーンチャンネルへ戻る)

 

2つ目はReverbのONとOFFの切り替えです。

このRevebの切り替えはあくまでも、使用しているチャンネルに対してのRevebのON/OFFの切り替えになります。

各チャンネルにRevebは1つずつで、フットスイッチで同じチャンネルで2つのRevebが使えるようになるわけではないのでご注意ください。

例えば、

f:id:jundrive3:20170717144856j:image

↑クリーンチャンネル(CLASSIC GAIN / CHANNEL A)はリバーブを5でON/OFFで、OFFにするとリバーブは効かなくなります。

↑リードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL B)はリバーブを0で、ONしてもリバーブは0で効かないです。

つまり、各チャンネルでリバーブを使いたいならば、リバーブを両方とも上げておかないと使う意味がなくなってしまいます。(チャンネルは指で切り替える)

f:id:jundrive3:20170717204227j:image

バーブの切り替えはチャンネルを固定させて使うことが好ましいように思います。(リバーブの量はお好みで調整)

つまり、フットスイッチは「チャンネル」「リバーブの両方とも切り替えることはできないので、どちらを使うか先に選ぶ必要があります。

実用的には「チャンネル」の切り替えの方が便利だと思います。

 

【フットスイッチの接続の仕方】

フットスイッチの接続は、ヘッドアンプに裏にある端子にプラグを差すだけです。(FOOTSWITCH)

f:id:jundrive3:20170716145833j:image

 

・チャンネルを切り替えたい場合

CHANNELへフットスイッチのプラグを差す

f:id:jundrive3:20170716145747j:image

 

・リバーブを切り替えたい場合

REVERBへフットスイッチのプラグを差す

f:id:jundrive3:20170716150034j:image

 そして、足元にフットスイッチを置いて使用します。

f:id:jundrive3:20170717145716j:image

 

【実際にチャンネルを切り替えて弾いてみた】

試しにクリーンチャンネルとリードチャンネルを切り替えて弾いてみました。

リードチャンネル(歪み)をメインにしたいので、イコライジングは以前ご紹介したメタル系のイコライジングにしてみました。(下記参照)

<Marshall JCM 2000のメタル系イコライジング


(左)VOLUME=3ぐらい(※音量は環境により調節)

(右)GAIN=5ぐらい(※GAINは個人的な判断です)

LEAD2 (ボタンを押す)=GAINが上がります。

※ULTRA GAIN/ CHANNEL B(LEDが赤色)のチャンネルで、VOLUMEとGAINの間にある「LEAD1」と「LEAD2」と切り替えれる小さいボタンがあります。

PRESENCE=2

TREBLE=7.5

MIDDLE=8

BASS=3

※DEEPとTONE SHIFTは両方ともON(ボタンを押す)

REVERB=5(リバーブは調整しても可)

 

そして、クリーンチャンネルはCRUNCHをONにするかOFFしないかで迷いましたが、今回はクリーンサウンドを試したかったのでOFFにしました。

いつものVOLUMEとGAINは5:5ぐらいです。(VOLUMEは環境によって調整)

f:id:jundrive3:20170716150534j:image

 

このセッティングでフットスイッチを使えば、クリーンサウンドでコードやアルペジオ、カッティング。リードチャンネルでギターソロやリフと弾きたいフレーズで簡単に使い分けることができます。

エフェクターがない時や持って行きたくないときに「Marshall JCM 2000」と「専用フットスイッチ」があれば、とても便利です。

 

【専用フットスイッチについて】

専用フットスイッチはMARSHALL PEDL10001というフットスイッチになります。ほとんどはスタジオに置いてありますが、もし購入する場合は、アンプが対応しているかはチェックした方が良いです。(今回、使用している「Marshall JCM 2000」は「DSL50」です)

〈MARSHALL PEDL10001(フットスイッチ)が使用できるアンプ〉

DSL100、DSL50、DSL401、DSL201、AVT50、AVT50H、VS65R、VS30R、MG30DFX用フットスイッチ

 

【実際フットスイッチを使って弾いてみた感想】

今回は、エフェクターなしで弾いてみましたが、フットスイッチだけで、クリーンから歪みになるのはとても便利で面白いと思いました。

しかし、個人的に気になったことは、リードチャンネルのイコライジングでクリーンチャンネルに切り替えた時に、イコライジングが変えれないことです。(Marshall JCM 2000はイコライザーが1箇所のみ)

今回のイコライジングは、TREBLE(高域)とMIDDLE(中域)をかなり上げてあるので、クリーンサウンドにした時にトレブリーでやや耳が痛くなるサウンドになってしまいました。ギター側のボリュームコントロールセレクタトーンで調整して弾けば問題はありませんが、かなり右手の操作が大変かなと感じました。

 リードチャンネルでもクリーンチャンネルでもあまり差がないイコライジングにセッティングするべきか、もしくはイコライジングをフラットにしてエフェクター側でサウンドコントロールした方がいいか悩むところなので、次の機会に改めて試したいと思います。

最近のハイゲインディストーションまとめ〜JC120〜

こんにちは。

今回は「最近のハイゲインディストーションまとめ〜JC120〜」について書きたいと思います。

 

エフェクターでの歪み探しは、一度、BOSSで落ち着いたのですが、様々なメーカーのディストーションを試したいという興味で色々試してみましたが、最近よくわらなくなってきたので、一旦、簡単にまとめておきたいと思います。

中には、まだレビューができていないペダルもありますが、簡単にご紹介できればと思います。

 

【最近試したハイゲインディストーションペダルと個人評価】

Leqtique(レクティーク)9/9

f:id:jundrive3:20170711181957j:image

 原音がしっかり出るハイゲインディストーション。全体的にツマミの効きが良く、クオリティとコストパフォーマンスに優れたペダル。

5,6弦の鳴り

★★★★

ギターボリュームの追従性

★★★★

コストパフォーマンス

★★★★

JC120との相性

★★★★

歪みの威力(深さ)
★★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)

★★★

弾き心地の良さ

★★★★

歪み属性→トランスペアレント(透明系)

 

Providence SDT-2

f:id:jundrive3:20170711181938j:image

 ファズ寄りの歪みながらも、明るく輪郭がハッキリしているサウンド。スイッチガードで踏みやすく、弾きやすいディストーションペダル。

5,6弦の鳴り
★★★★
ギターボリュームの追従性

コストパフォーマンス
★★
JC120との相性
★★★★

歪みの威力(深さ)
★★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)
★★★★

弾き心地の良さ
★★★★

歪み属性→パワフル(粘り系)

 

BOSS DA2(Adaptive Distortion)

f:id:jundrive3:20170712164614j:image

BOSSの新しい技術「MDP」を搭載したデジタルディストーション。 歪みながらもコードの分離感が良く、アンプを選ばないペダル。

5,6弦の鳴り
★★★★
ギターボリュームの追従性
★★★★
コストパフォーマンス
ー(生産終了)ー
JC120との相性
★★★★★

歪みの威力(深さ)
★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)
★★★★★

弾き心地の良さ
★★★★★

歪み属性→ソフト(柔らか系)

 

BOSS ML2(Metal Core)

f:id:jundrive3:20170712164505j:image

BOSSのメタル系ハイゲインディストーションペダル。歪みながらも音の芯がしっかり出るのが特徴。ハイゲインなのにノイズレス。

5,6弦の鳴り
★★★★★
ギターボリュームの追従性
★★
コストパフォーマンス
★★★★★
JC120との相性
★★★★★

歪みの威力(深さ)
★★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)
★★★★

弾き心地の良さ
★★★★★

歪み属性→ストレート(芯がしっかり系)

 

MESA/BOOGIE/ THROTTLE BOX

f:id:jundrive3:20170712164519j:image

MESA BOOGIE(メサ・ブギー)のディストーションペダル。かなり歪みが深く、ゲインブースターとして使うと超強力。

5,6弦の鳴り

ギターボリュームの追従性
★★★
コストパフォーマンス
★★★
JC120との相性
★★★

歪みの威力(深さ)

★★★★★☆

弾き心地の良さ
★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)
★★

歪み属性→ソフト(柔らか系) 

 

MAD PROFESSOR / Stone Grey Distortion

f:id:jundrive3:20170711182135j:image

 MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)のハイゲインディストーションペダル。特徴は名前の通り、石のように固いサウンド。ボリュームコントロールは良好。

5,6弦の鳴り
★★★★
ギターボリュームの追従性
★★★★
コストパフォーマンス
★★★
JC120との相性
★★
歪みの威力
★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)

弾き心地の良さ

歪み属性→スーパーハード(超硬い系)

 

Bogner / Burnley

f:id:jundrive3:20170711182301j:image

Bogner(ボグナー)のディストーションペダル。LEDがピッキングするたびに色が変わるのが特徴。ボグナーらしいサウンドです。限定カラーも出ています。

5,6弦の鳴り
★★★★
ギターボリュームの追従性
★★★
コストパフォーマンス

JC120との相性
★★★★★
歪みの威力(深さ)
★★★★

ペダルの汎用性(使いやすさ)
★★★

弾き心地の良さ
★★★★
歪み属性→ソフト(柔らか系)

 

【ハイゲインディストーションを色々弾いてみた感想】 

様々なディストーションを試してみて、やはりそれぞれ個性があるということに気付きました。ジャンルは同じディストーションですが、性格がそれぞれにあると思います。メーカーやビルダーなどの「らしさ」が詰まったモノと考えると妙に納得したりもします。エフェクターはそれぞれのサウンドに対しての解釈が違っていることが魅力的かなと個人的には感じております。

 

【ハイゲインディストーションのまとめ】 

今回のご紹介した歪み系エフェクターの総合的な意見としては、まず、「JC120」での相性面での歪みエフェクターは「BOSS」が良いかなと感じました。「BOSS」は「JC120」を元に設計されているエフェクターなので、「JC120」には最適だと個人的には思います。もちろん「BOSS」以外のメーカーでも相性が良いものはありますが「JC120対策」をするなら、一番てっとり早い選択肢は「BOSS」から歪み系エフェクターを選ぶの良いと思います。今回はご紹介はしてませんが、アンプライク系のBOSS「ST2」を含め、BOSS「DA2」「ML2」は使いやすく普通に良い感じの音が出ます。生産終了してますが「DA2」は音楽ジャンルに幅広く対応できそうです。

「JC120」の相性だけ言えば、BOSS以外ではまだレビューが書けていないBogner「Burnley」は弾きやすいかなと思いました。「JC120」と上手く馴染む感じがします。ただ、Bogner(ボグナー)のエフェクターは価格がBOSSの3倍くらいの値段なのでなかなか手が出ないペダルでもあります。「JC120」で、どうしてもボグナーサウンドを出したい方は「Burnley」を使うといいかなと思います。ちなみに「Burnley」は、ザ・ディストーションといったペダルです。

あとは、使いやすさではProvidence「SDT2」かなと思います。フットスイッチを踏めば、良い感じのサウンドが「バーン!」と出るペダルです。「9/9」も良いサウンドですが、ややクセがある気がしているので、「9/9」「THROTTLE BOX」「Stone Grey Distortionは少し使いこなすのに時間が必要だと思います。いわゆる玄人向きペダルかなと思います。中でもTHROTTLE BOXは、実用性はなかなか難しい面がありますが、歪みに特化したようなペダルという印象です。

「Stone Grey Distortionは、MAD PROFESSOR(マッドプロフェッサー)らしい北欧センスを感じるディストーションです。感覚は「9/9」に近いかもしれませんが、音質が硬いにも関わらず、ギターのボリュームコントールの追従性が良いという不思議なペダルです。歪みの性質は、柔らかい方が弾きやすい傾向がありますが、硬いとフィンガリングがしにくいです。ご参考までに。

 

以上、簡単ではありますが、最近のハイゲインディストーションまとめでした。

Marshall JCM 2000 LEAD2〜メタルサウンドの音作り参考編〜

こんにちは。

今回は「Marshall JCM 2000 LEAD2〜メタルサウンドの音作り参考編〜」を書きたいと思います。

 

前回から続けて書きました「アンプライク系エフェクター」を取り上げて「JC120」で比較をしてみましたが、今回は「Marshall JCM 2000」のアンプの歪み(リードチャンネル)での音作りを発見したので、この流れで書きたいと思います。

 

f:id:jundrive3:20170707161746j:image

Marshall JCM 2000 / LEAD2 のセッティングの発見】

この音作りを発見したのは、アンプライク系エフェクターの比較でいつものようにスタジオ行った時のことです。

スタジオに入って、真空管を温めるため「Marshall JCM 2000」に電源スイッチだけONにしたところ「Marshall JCM 2000」のイコライジングが前の人が使ったままになっていました。

いつもはイコライジングが上がっている場合は、すべて0にして、自分が出したい音のイコライジングにしていますが、今回はあまり見たことがないイコライジングだったのでふと気になりました。絶妙なイコライジングのメモリとULTRA GAIN「LEAD2」チャンネルになっており、ふと何か完成されている感じがしたので、そのままのイコライジングで試しに弾いてみたところ、「Marshall JCM 2000」から自分が求めていた弾きやすいハイゲインサウンドが出てきました。正直、驚きました。

実は「Marshall JCM 2000」の使い方でもっともわからなったのが「LEAD2」のチャンネルでした。今まで何度かチャンレンジしたのですが、上手くいかずにそのままにしてましたが、今回、偶然にもアンプライク系エフェクターの実験中に発見した「Marshall JCM 2000」の「LEAD2」チャンネルでのイコライジングをご紹介させて頂きたいと思います。(※自分が音作りしたワケではないので、予めご了承ください)

 

【Marshall JCM 2000 / LEAD2 のセッティング】

PRS CUSTOM 22(エレキギター)→ Marshall JCM 2000(アンプ) / ULTRA GAIN / CHANNEL B(LEAD2)

 

<Marshall JCM 2000のイコライジング

 f:id:jundrive3:20170707180021j:image 

(左)VOLUME=3ぐらい(※音量は環境により調節)

(右)GAIN=5ぐらい(※GAINは個人的な判断です)

LEAD2 (ボタンを押す)=GAINが上がります。

※ULTRA GAIN/ CHANNEL B(LEDが赤色)のチャンネルで、VOLUMEとGAINの間にある「LEAD1」と「LEAD2」と切り替えれる小さいボタンがあります。

 f:id:jundrive3:20170707162128j:image

PRESENCE=2

TREBLE=7.5

MIDDLE=8

BASS=3

DEEPとTONE SHIFTは両方ともON(ボタンを押す)

f:id:jundrive3:20170716152115j:image

↑DEEPボタンON

f:id:jundrive3:20170716152214j:image

↑TONE SHIFTボタンON 

REVERB=5(リバーブは調整しても可)

 

以上が、「LEAD2」チャンネルのイコライジングとなります。

サウンド的には完全にメタルサウンドになります。

パッと見て、このイコライジングでは、高音が出すぎて耳が痛くなるのではと思いましたが、実際に弾いて見るとあまり高音を気にせず弾くことができました。

 

【LEAD2のセッティングのコツ】

上記に書いた「LEAD2」のセッティングにはコツがあります。

まず一つは、「DEEP」「TONE SHIFT」ONにしてあることです。これにより、より深いドンシャリサウンドになります。機能としては「DEEP」で低音が増します。「TONE SHIFT」で中域がカットできます。「TONE SHIFT」を押すと枯れたようなドライなサウンドになりますが、音が引っ込んでしまうので、個人的には音抜けを懸念をしてましたが、「MIDDLE」をかなり上げた状態で「LEAD2」のボタンをONに押すことによって全体のサウンドバランスが良くなるのではと思いました。

 

もう一つは、イコライジング「PRESENCE」「TREBLE」です。このセッティングで「PRESENCE」と「TREBLE」を上げていくと、サウンドの輪郭がハッキリしてきます。全体のサウンドが整ってくるので、このセッティングの仕上げのポイントとも言えます。

 

この2つのコツで「LEAD2」のセッティングが上手く構成されていると分析しました。

 

【アンプの歪みについて思うこと】

今回は、サウンド的には「Marshall JCM 2000」ならではのハイゲインディストーションです。攻撃的なメタルサウンドになります。アンプライク系のエフェクターや歪みエフェクターで素晴らしいものはたくさんありますが、アンプで作る歪みの良いところは歪んでいても「原音」がしっかり出ることです。クリーンが生きているという歪みと言った感じでしょうか。アンプの歪みは「原音」が埋もれにくいので、音抜けが良いと言われる理由だと思いました。エフェクターを買い始めて間もない頃は、どれだけ歪むかにどうかに意識していましたが、様々な歪みを試すにあたって「原音」「クリーン」がどれだけ歪みの中で生きているかが重要なのではと最近はよく思います。

 

【今回のまとめ】

このセッティングをされた方は相当「Marshall JCM 2000」を使いこなしている方だと思います。「Marshall JCM 2000」の「LEAD1」はアタックが強いので、弾きにくいですが「TONE SHIFT」をONして弾きやすくしながら「LEAD2」で前に音を出すという発想で、上手くセッテイングされているなと感じました。

今回のイコライジングは、一つの音作りのお手本として、有り難く参考にさせて頂きますが「Marshall JCM 2000」でのアンプの歪みを自分なりの解釈でコントロールできたらいいなと思う次第です。「Marshall JCM 2000」のアンプの歪むのみで、メタルサウンドの音作りをしたい方は参考して頂ければと思います。

 

次回は、今回の「真空管アンプの歪み」で色々な課題がまた出てきたので、改めてアンプについても模索しながら、何かしら書けたらいいかなと思います。

Box of RockをSLdriveでブーストしてみた〜アンプライク系の組み合わせ〜

こんにちは。

今回は「Box of RockをSLdriveでブーストしてみた〜アンプライク系の組み合わせ〜」を書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170705163540j:image

前回のアンプライク系エフェクターの比較で試した「SL Drive」を今回はメインの歪みではなく、試しにブースターとして使って見た時のことを書きたいと思います。

「SLdrive」はアンプライク系「オーバードライブ」ではありますが、調べたところによると「ブースター」と書いてありましたが、ひょっとして「+6dBブースターモード」を意味しているのではと思いつつ、ともあれ「SLdrive」をブースターにして「Box of Rock」と組み合わせたら面白い発見があったのでご紹介したいと思います。

 

【SLdriveの簡単なご紹介】

Xoticから発売されているアンプライク系のエフェクターとなります。「Marshall 1959」をモデルにクラシックなサウンドを狙ったマーシャルサウンドが特徴です。内臓されたディップスイッチにより多彩なモードセッティングが可能です。

 

【Box of Rockの簡単なご紹介】

ZVEXから出ているアンプライク系エフェクターです。「Marshall JTM45」をモデルにした歪みで、クリーンブースター「Super hard on(スーパーハードオン)」がついてます。2チャンネル使用となっています。オーバードライブに近いモデルです。

 

【今回試したセッティング】 

前回同様「JC120」での試しになります。

f:id:jundrive3:20170705163613j:image

<JC120のセッティングとイコライジング

PRS CUSTOM 22(エレキギター)→ 「SLdrive」+「Box of Rock」→ JC120(アンプ) 

f:id:jundrive3:20170705163633j:image

VOLUME=2〜3(環境により調整)

TREBLE=3〜4

MIDDLE=3〜4

BASS=3〜4

DISLTORTION=0

REVERB=2〜3

BRIスイッチはOFF

(※チャンネルリンクはなし)

 

今回は「Box of Rock」をメインの歪みにして「Box of Rock」を「SLdrive」でブーストする前提でのセッティングになります。

 

【SLdriveのセッティング】

f:id:jundrive3:20170705164148j:image

LEVEL=右にフルMAX

DRIVE=7〜8時ぐらい

TONE=9時ぐらい

ディップスイッチ=デフォルトモード

※LEVELはDRIVEの下の小さいツマミです。

 

今回の「SLdrive」のセッティングは、DRIVEをほとんど下げます。LEVEL(出力)を右にツマミをいっぱい回しMAXにします。TONEは出た音に対して調整する必要がありますが、程よい音の高さで調整します。ブースターとして使う場合は、TONEを基本的には低めで設定した方が上手くいく傾向があると思います。

 

【Box of Rockのセッティング】

 f:id:jundrive3:20170705163824j:image

VOLUME=11時

TONE=13〜14時

DRIVE=12時

BOOST=11時(左スイッチ / Super hard onのクリーンブースター)

 基本的には、前回同様のセッティングと同じです。オーバードライブ的な程よく歪むセッティングにしてあります。

 

 通常はアンプライク系エフェクターをブースターとして使うことはあまりないと思いますが、一体「Box of Rock」を「SLdrive」でブーストするとどうなるか。

f:id:jundrive3:20170705164348j:image

 

結論から言いますと、「Marshall JCM 2000」のリードチャンネルのサウンドになりました。

f:id:jundrive3:20170705164443j:image

真空管アンプを鳴らしているワケではないので、JC120が真空管アンプなったということではありませんが、サウンドの方向性が「Marshall JCM 2000」のリードチャンネルの雰囲気にかなり近くなります。

「Box of Rock」はマーシャルらしいサウンドですが、5,6弦がボヤけてしまいリフが弾きにくいという難点がありましたが、これを「SLdrive」でブーストすることにより「Box of Rock」のサウンドが引き締まります。「SLdrive」のジャリッとした歪みが上手く「Box of Rock」にミックスされ「Marshall JCM 2000」のアタック感が強いサウンドに変化しました。

アンプライク系エフェクターをアンプライク系でブーストするとどうなるのだろうと思い付きの実験でしたが、意外に面白い結果が出て驚きました。

この組み合わせにより「JC120」でマーシャルサウンドの幅が出しやすくなるのではと思います。

 

「Box of Rock」でギターのボリュームコントロールで、クリーンサウンド〜オーバードライブまでカヴァーし、さらにフル10から「SLdrive」でブーストすれば、5,6弦のリフやリードソロが弾けます。そしてさらに「Box of Rock」の「Super hard on」でクリーンブースト(左フットスイッチ)すればさらに迫力あるサウンドにブーストができます。

f:id:jundrive3:20170705164741j:image

「JC120」で「Marshall JCM 2000」のサウンドで弾きたい時には、ベストな組み合わせなのではと感じました。

「Box of Rock」が太く低音たっぷりのマーシャルサウンドなので、「JC120」で使用してもあまり平面的なサウンドにならない点が大きいと思います。マーシャルのサウンドの特徴はドンシャリではありますが、歪みがやや重く感じることが個人的には多いです。

 

【今回のまとめ】 

「Box of Rock」+「SLdrive」ブースト=「Marshall JCM 2000」のサウンドになります。

今回の思いつきの実験では「Box of Rock」のポテンシャルを引き出した実験でもありました。「SLdrive」の歪みと少し似ていると感じたFulltone「OCD」で「Box of Rock」をブーストして見ましたが「Marshall JCM 2000」のようなサウンドにはなりませんでした。現時点では「SLdrive」と「Box of Rock」との組み合わせが最良かなと思います。この組み合わせはあくまでも「JC120」で「Marshall JCM 2000」のサウンドを弾きたい人にはいいかなと思います。

 

【余談】

BOX OF ROCK」をはじめて買った時は全く使い方も魅力も全然わかりませんでした。正直、売ってしまおうと思ったことは何度もあります。それでも本番ライブのエフェクターボードに入って活躍していたり、他のエフェクターとの組み合わせを試行錯誤していくことで「Box of Rock」との付き合い方みたいなのがわかる時が来るように思います。使い方がわからない時は一度、寝かせるといいかもしれません。「Box of Rock」は、クセがあるモデルですが、使いこなせばかなり実戦的な時に使えるエフェクターだなと今回の実験で思い知らされました。

 

次回は、アンプライク系エフェクターのつながりで、実際の「Marshall JCM 2000」のリードチャンネルの歪みについて書きたいと思います。

 

アンプライク系ペダルの比較しました〜JC120編〜

こんにちは。

今回は「アンプライク系ペダルの比較しました〜JC120編〜」を書きたいと思います。

 

前回の「SLdrive」のスタジオでの試しで手持ちのアンプライク系エフェクターも一緒に試してみたので、気づいたことをご紹介したいと思います。

f:id:jundrive3:20170704174941j:image 

 

【今回試したアンプライク系ペダルの紹介】 

・Xotic「SLdrive」

f:id:jundrive3:20170704175027j:image
前回、ご紹介した「SLdrive」です。「Marshall 1959」をモデルにクラシックなサウンドを狙ったマーシャルサウンドが特徴です。オーバードライブとなります。

 

・ BOSS「ST2」

f:id:jundrive3:20170709145345j:image

BOSSから出ているアンプライク系の歪み系エフェクターです。ヴィンテージスタックアンプをモデルにしたディストーションペダルになります。個人的にはよく使っているエフェクターです。

 

・ZVEX「Box of Rock」

f:id:jundrive3:20170709145403j:image

自分が好きなメーカー「ZVEX」のアンプライク系エフェクターです。「Marshall JTM45」をモデルにした歪みで、さらにクリーンブースター「Super hard on(スーパーハードオン)」がついてます。2チャンネル使用となっています。ディストーションですが、オーバードライブに近いモデルです。

 

上記3つのモデルを「Marshall JCM 2000」で試しましたが、同じマーシャルサウンドを狙っているモデルなので、今回は「JC120」での試したことに絞って書きたいと思います。

 

 【JC120で試してみました】

f:id:jundrive3:20170701171947j:image

 

<JC120のセッティングとイコライジング

PRS CUSTOM 22(エレキギター)→ 「SLdrive」→「ST2」→「Box of Rock」→ → JC120(アンプ)

f:id:jundrive3:20170701172028j:image

VOLUME=2〜3(環境により調整)

TREBLE=3〜4

MIDDLE=3〜4

BASS=3〜4

DISLTORTION=0

REVERB=2〜3

BRIスイッチはOFF

(※チャンネルリンクはなし)

   

 【各エフェクターのセッティング】 

〈Xotic / SLdrive〉
f:id:jundrive3:20170704175059j:image 

<SLdriveのセッティング>

LEVEL=12時

DRIVE=12時

TONE=12時

ディップスイッチ=デフォルトモード

 

 まず、「SLdrive」を試しました。基本的には前回と同じ「JC120」での感想になりますが、歪みとしてはジャリッとしたクラシカルなサウンドになります。ギターのボリュームコントロールもそれなりにクリーンになります。キャラクターとしては、Xoticのイメージから見ると渋めのペダルの印象です。見た目のモダンなデザインとは真逆なので、弾いた時にギャップがあるかもしれません。

 

〈BOSS / ST2〉 

f:id:jundrive3:20170704175321j:image

 <ST2のセッティング>

LEVEL=11時

BASS=12時

TREBLE=13時

SOUND=10時

 

次に、BOSSの「ST2」を試しました。「SLdrive」と比べると同じアンプライクでも全くサウンドが違います。ジャリとする「SLdrive」と比べて「ST2」はクセがなくシャキッとした現代的なディストーションサウンドです。ギターのボリュームコントロール反応は、他と比べると驚くほどスムーズです。「SLdrive」はボリュームを絞るほどサウンド自体が減退する感じがしますが、BOSS「ST2」はギターボリュームを絞っても、ハリとツヤが残るので、シャリーンとしたキレイな響きのクリーンサウンドになります。

 

〈ZVEX / Box of Rock〉

 f:id:jundrive3:20170704175346j:image 

<Box of Rockのセッティング>

VOLUME=11時

TONE=13〜14時

DRIVE=12時

BOOST=11時(左スイッチ / Super hard onのクリーンブースター)

 

最後に「ZVEX / Box of Rock」を試しました。この「Box of Rock」の特徴はなんといっても「太い音」です。低音が出るので太い音が出ます。歪みの感じは、コードを弾いた時はジャラ〜ンとした整った歪み方をします。少しコンプレッションがかかるような歪みの印象です。「SLdrive」よりはクセはない歪みだと思います。「Box of Rock」は、普段ブースターで使っていましたが、ギターのボリュームコントロールの反応の良さを見た所かなり良いクリーンになりました。さらにギターボリュームを絞った状態で「Super hard on」を踏むとより一層クリーンサウンドが跳ね上がります。ここで新たな「Box of Rock」の使い方を発見しました。ハイゲインではありませんが、マーシャルらしいペダルです。

 

以上。 

アンプライク系のエフェクターを「JC120」で比較してみましたが、全体としては同じアンプライクと言えど、それぞれ全く違うキャラクターという印象でした。歪みの性質やギターボリューム反応もそれぞれ違っていたので、ジャンルは同じカテゴリーですが、エフェクター単体としては「別物」と考えた方がいいと思います。単体での歪みの方向性やサウンドをしっかり試奏した上で、さらに「使い方」で選択をされた方が、ご自身にあったモデルを選べるのではと思いました。

 

 【今回のまとめ】

今回、アンプライク系エフェクターを「JC120」で比較してみましたが、使い方や狙っているサウンドでエフェクターを選ぶ必要があると再認識させられました。

自分の場合、ギターのボリュームコントロールで歪みを調節する弾き方をするので、アンプライク系ペダルを選ぶ時は、ボリュームを絞った時の反応の良さとクリーンサウンドを重視して選ぶようにしています。さらに、5,6弦を使うリフが好きなのでアタック感も気にしています。この条件を満たせば、基本的にはこだわっていませんが、今回の3つのペダルから自分が求めていることに応えてくれているエフェクターは、BOSS「ST2」だと改めて感じました。

「SLdrive」はもう少し使ってみないとわからない部分が多いですが、今回で言えば「ST2」と「Box of Rock」を足して2で割った感じの中間くらいのペダルかなと思いました。「Box of Rock」はブースター以外にもクリーンサウンドでのアルペジオにも対応できそうで使用範囲が広がりそうです。

ギターの弾き方や、何を求めているかでエフェクターの評価や捉え方は変わると思いますが、自分にあったエフェクターが見つかれば、よりギターを弾くことが楽しくなるかなと思います。

また、この今回ご紹介したアンプライク系のモデル以外にもエフェクターはたくさんあります。最近、気になっているモデルを先にご紹介するとFRIEDMAN「BE-OD」やJHS Pedals「Angry Charli V3」「Charlie Brown V4」、ONE CONTROL「Purple Plexifier」、TECH21「HOT-ROD PLEXI」などなど、探せば探すほど気になってしまいますが、機会があれば試奏をしてみたいと思います。

 

【今回のアンプライク系ペダルの総合評価】

Xotic「SL Drive

5,6弦の鳴り

★★★
ギターのボリュームコントロール反応
★★★

使いやすさ
★★

マーシャルアンプらしさ

★★★★
コストパフォーマンス
★★★

 

 

BOSS「ST2

5,6弦の鳴り

★★★★

ギターのボリュームコントロール反応

★★★★★

使いやすさ

★★★★★

マーシャルアンプらしさ

★★★

コストパフォーマンス

★★★★★

 

 

ZVEX「BOX OF ROCK

5,6弦の鳴り


ギターのボリュームコントロール反応
★★★★
使いやすさ
★★★

マーシャルアンプらしさ

★★★★★
コストパフォーマンス

 

次回は「SLdrive」で、少し違った使い方をしてみたことを書きたいと思います。