effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜

必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜

 

こんにちは。

今回は「必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。

マーシャルに合うエフェクター

前回、BOSS「DD7」を使って「Marshall JCM2000」にセンドリターンを試して見ましたが、今回はアンプ歪みを使う前提で、必要最小限のエフェクターを3つ選んでみましたので、簡単にご紹介したいと思います。

 

【今回使用する機材】


PRS CUSTOM 22(エレキギター)→Ibanez「TS9(オーバードライブ)」→Xotic「EPbooster(クリーンブースター)」<インプット>→Marshall JCM2000(アンプ/リードチャンネル)←<センドリターン>「DD7(デジタルディレイ)」

 

 

【選んだエフェクターのご紹介】

ご紹介の前に歪みについては「Marshall JCM2000」のアンプの歪み(リードチャンネル)を使います。基本的にはブースター系のエフェクターを選びました。

 

まず1つ目は、Ibanez「TS9」

Ibanez「TS9」

過去にいくつかTS系オーバードライブを「Marshall JCM2000」の歪みに試してきましたが、Ibanez「TS9」が個人的には使いやすいと思いました。定番のチューブスクリーマーと言われていますが、定番になるだけの効果はあると思います。あまりサウンドは変化しないですが、サスティーンが加えることができるので、パサパサして弾きにくい「Marshall JCM2000」の歪みが弾きやすくなるので、外せない(外したくない)エフェクターの1つです。他に代用モデルは上げれますが、マーシャルの歪みをブーストするならばこれ1台で十分なオーバードライブです。

 

2つ目は、Xotic「EPbooster」

Xotic「EPbooster」

Xotic「EPbooster」は、低音やパワーが出るクリーンブースターです。こちらはIbanez「TS9」のすぐ後段に設置してあるので、リードソロ時の音量アップ目的で使用します。Xotic「EPbooster」以外にもたくさん良いクリーンブースターはありますが、シンプルで使い勝手の良さで選びました。エフェクターを選ぶ際に意外に重要にしているのが、エフェクターの踏み心地です。Xotic「EPbooster」は、見た目小さいですが、非常に踏みやすく設計されていると思います。スイッチが固かったり、位置が踏みづらい箇所にあると演奏の操作はかなりストレスになります。操作性や他のエフェクターとボードに組み込みやすいことも配慮されているところがポイントかもしれません。また、レベルブースター(一時的な音量アップ)しないのであれば、Ibanez「TS9」の前段に持ってきて歪み(GAIN)を足したり「Marshall JCM2000」の歪みの調子が悪い時に常時ONにして使う方法もあります。

 

3つ目は、BOSS「DD7」(センドリターン接続)

BOSS「DD7」

センドリターンするディレイは、基本的に好きなディレイモデルを選べはいいと思いますが、今回はあえて多機能なBOSS「DD7」を選んでみました。モードがいくつかあるので便利なモデルです。コンパクトタイプですが、モジュレーションやアナログディレイもモード選択できるので幅広く使えます。シンプルに使いたい場合は、アナログディレイのモデルを選択すると良いと思います。ディレイがあった方がサウンドに奥行きがでるので、必要最低限でも1個は空間系エフェクター(ディレイ)があると個人的には安心します。人によってはジャンルによってディレイは使わない方もいると思いますが、付点8分ディレイが必要なフレーズはディレイがないと再現できないので、そういった観点からも1台は持っておいた方が良いかなと思う意味でのディレイペダルです。

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます)

jcm2000

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出ます)

 

【センドリターンでディレイを繋ぐ方法】

センドリターン

「Marshall JCM2000」のヘッドアンプの裏側にある「センドリターン端子」からディレイを入力する実験をしてみました。シールドを2本使用します。(シールドは3mあれば十分です)

※セッティングする際は、「Marshall JCM2000」のスタンバイ(STAND  BY)は必ずOFFでも問題はありませんが、できるだけ電源(POWER)はOFFの方で作業を行った方がいいと思います。音が出る状態で、シールドの抜き差し時にノイズが出てしまいます。

 

〈センドリターン側/セッティングのコツ〉

「SEND」→「IN(PUT)」、「RETURN」→「OUT(PUT)」の組み合わせで繋いでいきます。

※「センドイン」と「リターンアウト」と覚えるとセッティングがスムーズです。

 

「Marshall JCM2000」側の「SEND」とBOSS「DD7」の「INPUT A(MONO)」へ繋ぎます。(わかりやすいように赤いラベルのシールドを使用してます)

 

jcm2000 センドリターンe

BOSS DD7 

次に、「Marshall JCM2000」側の「RETURN」からBOSS「DD7」の「OUTPUT A(MONO)」へ繋ぎます。

jcm2000 センドリターン

BOSS DD7

 

 

〈センドリターンのセッティング後〉

BOSS DD7

jcm2000 センドリターン

センドリターンは、独立した1つのループを作るというイメージです。

 

【実際にセッティングして弾いてみた感想】

マーシャルに合うエフェクター

実際にセッティングをして弾いてみました。基本は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルのサウンドまま弾きますが、Ibanez「TS9」はロングトーンしたい時や常時ONにしてで弾き心地を調整します。パワーコードやリフを弾く場合は、Ibanez「TS9」をOFFにして、あえてサスティーンなしでキレを良くして弾きます。BOSS「DD7」のディレイは薄くかかっている場合は常時ONで弾きます。ロングディレイを使いたい時は、ロングセッティングを行い、ロングディレイ時だけONにします。Xotic「EPbooster」は、このセッティングでは主にリードソロのレベルブースターの役割をします。リードソロはIbanez「TS9」(常時ON)+Xotic「EPbooster(一時的にON)」を組み合わせてダブルでブーストします。今回はエフェクターボードを組んでいませんが、踏みやすい配置に変える必要があると思います。また、サイズ感で言えばXotic「EPbooster」に合わせてIbanez「TS9」はミニサイズのIbanez「Tube Screame mini」に変えてもいいかもしれません。よりエフェクターボードが小さくなって持ち運びやすくなる他、同じサイズのエフェクターにすることにより踏みやすさも向上すると思います。エフェクターボードを組んでみて、試しながら配置を変えてより理想に近づけていけばいいと思います。これでかなり最小限のエフェクターに絞ることができました。 

 

【今回のまとめ】

今回は、必要最小限のエフェクターを選んでみましたが、スタジオにエフェクターボードを持っていく度に「もっと軽くならないだろうか」さらに、「アンプで良いサウンドを出せないだろうか」と考えさせられたことがキッカケです。それが「Marshall JCM2000」の使い方に始まり、チャンネルの選び方、クリーントーンの作り方、ブースターの研究となり、今回のような必要最小限のセレクトをしてみました。ギター(ピックアップ)により、多少選択するエフェクターは変わってくると思いますが、「Marshall 系(JCM2000やJCM900など)」を使うならば、チューブスクリーマーIbanez TS9など)は1個持っていった方が何かと便利だと思います。

何度か弾いてみて感じたことになります が、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルはサスティーンがあまりなく、弾くには相当な技術が必要だと感じました。よくプロの方が「アンプ直」のみでテクニカルフレーズを弾いているところを見たりするとかなり実力がある人だと思います。そのレベルに到達するにはかなりの時間と努力が必要ですが、それを補う点でもブースターなどのエフェクターはあった方が良いと思いました。そういった意味でも、アンプの歪みをメインとするならば「ブースター選び」は重要です。ブースター選びに迷うようであれば「定番エフェクター」を選んでおいた方が無難です。定番以外のブティック系エフェクターは、個性的で魅力な反面、扱いが難しく狙った効果を上手く出せないため外すことも多いので、全体的なセッティングに慣れてきた時に試してみると面白くなるのではと思います。最後に「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに歪みエフェクターを足してもほとんどサウンドは変わらない傾向があります。個人的な意見になりますが、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルで何かしたい場合は、サウンド自体を変えるのではなく「弾き心地」をエフェクターで変えるにことに意識をした方が結果的に良いサウンドになるように思います。今回はそういった視点からも3つエフェクターを選んでみました。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに合うブースターの一例として参考にして頂ければ幸いです。

 

以上、

「必要最小限のエフェクターを3つ選んでみた〜Marshall JCM2000編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

 

www.effectornote.com

www.effectornote.com

  

 

アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜

アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜

 

こんにちは。

今回は「アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜」について書きたいと思います。

EPbooster

ここ最近「Marshall JCM2000」のアンプの歪みプラスαを試していますが、今回は、久しぶりにXotic「EPboosterをリードチャンネル(アンプの歪み)に試してみましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【EPboosterについて】

EPbooster

Xotic「EPbooster」は、数あるクリーンブースターの中でもシンプルでコンパクトなクリーンブースターとなります。特徴としては、ツマミを回せば回すほど、低音とGAINが上がってゆく傾向があります。また、エフェクター内部のDIPスイッチでトーンとGAINの調整が可能です。(今回は両方ともONで、デフォルトモードで使用します)

 

【今回使用する機材】


PRS CUSTOM 22(エレキギター)→Xotic「EPbooster」(クリーンブースター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます)

jcm2000

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出ます)

 

 

【EPboosterのセッティングについて】

今回は「EPbooster」の効果を試したいのでツマミ0にセッティングして始めたいと思います。

EPbooster

青色LEDが眩しいのであまり直視しないでください。

 

【EPboosterをリードチャンネルに加えてみた感想】

「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに、ツマミ0で「EPbooster」をONにして弾いてみた感想としましては、基本的にはサウンドに変化はありませんが、やや低音が加えられ、歪みが丸く太くなる感じがしました。アンプの歪みにクリーンブースターを足した時の効果はわかりにくいですが「EPbooster」については低音が増すことが一つの特徴に感じます。音の芯が太くなり、存在感があるサウンドになります。

 

【EPboosterのツマミを調整してみる】

もう少し効果を見たいため「EPbooster」のツマミを上げて試してみました。

〈ツマミ9時くらい〉

EPbooster

「EPbooster」のツマミを9時くらいまで上げると、0よりもやや低音が出てきます。意外だったのが、ベンディング(チョーキング)をした時に、ある程度音が伸びることに気付きました。

 

〈ツマミ12時くらい〉

fEPbooster

さらにツマミを上げて12時くらいの位置にすると、さらに低音と歪みが増してきます。この辺にくるとボワッと感じるかもしれません。サスティーンも増してきますが、チューブスクリーマーIbanez TS9など)ほど音が伸びずといった感じです。低域が多すぎるサウンドになりました。

 

〈ツマミMAX〉

EPbooster

最後に一気にツマミを振り切ってMAXにしてみると、低音はたっぷり出てきますが、同時にアンプからノイズもかなり出てくるようになりました。GAINもツマミに比例して上がってくるためノイズも多くなってきます。

「EPbooster」は、歪みの前段として設置する場合は、控えめなセッティングで使うのが効果的かもしれません。

 

【今回のまとめ】

今回、「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプの歪み)に「EPbooster」でブーストしてみた結果として、アンプの歪みがやや太くなり、音に伸びがでてきました。ONとOFFでは、ONの方が歪みに厚みがあるように感じます。常時ONにすると弾きやすくなり、ちょっとしたリードソロ時にツマミを程よく上げておいてブーストして使うこともできそうです。

EPbooster」は、以前に試したRockett Pedals JRAD「Archer」(ケンタウロス系オーバードライブ)と比べてみると、繋いだだけで音が良くなるというエフェクターではないように感じますが、アンプが調子悪い時のパワー不足や低音が足りない場合に「EPbooster」をONにして使うと効果的かもしれません。

「EPbooster」の使い方は、歪みエフェクターの前段や後段、DIPスイッチのセッティング、アンプのクリーンなどでセッティングなどが変わってくると思いますが、シンプルながらも幅広く使える心強いクリーンブースターという感じです。Xotic「EPbooster」の特性を活かせば、あらゆるシチュエーションに効果的に使えるのではと思います。

 

以上、

「アンプの歪みを良くするクリーンブースター〜EPbooster編〜」についてでした。

 

【他にもこんな記事かいてます】

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

ディレイをセンドリターンで使ってみる実験〜Marshall JCM2000編〜

ディレイをセンドリターンで使ってみる実験〜Marshall JCM2000編〜

こんにちは。

今回は「ディレイをセンドリターンで使ってみる実験〜Marshall JCM2000編〜 」について書きたいと思います。

f:BOSS DD7

前回は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに加える実践的なブースターの試しをしましたが、今回は、引き続きリードチャンネルの歪みにBOSS「DD7」でディレイをかける実験をしてみたので、簡単にまとめておきたいと思います。

  

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→BOSS 「DD7(デジタルディレイ)」→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【BOSS DD7のセッティングについて】

BOSS DD7

E. LEVEL=10時くらい

F. BACK=10時くらい

D.TIME=11時くらい

MODE=800ms(付点8分ディレイセッティング、ペダルを長押しでタップ)

 

今回のBOSS「DD7」のセッティングは、程よくかかるように調整しました。付点8分タップのリズムが割と速めの設定にしてあり、1回弾くとディレイ音が短い間隔で4回くらい聞こえる感じになっております。今回は実験なので、ディレイ音がわかりやすいセッティングで試しております。

 

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます)

jcm2000

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4(基本お好みで調整)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出ます)

 

【フロント側でディレイをかける実験】

jcm2000

まず、ディレイをかける時にアンプの「INPUT」に入力する実験をしてみました。

 

〈フロント側/セッティング〉

エレキギターのジャックからBOSS「DD7」の「INPUT A(MONO)」に繋ぎます。

PRS22

BOSS DD7

次に、BOSS「DD7」の「OUTPUT A(MONO)」から「Marshall JCM2000」の「INPUT」へ繋ぎます。

BOSS DD7

jcm2000

これで「Marshall JCM2000」のリードチャンネルにフロント側からディレイがかかる状態になりました。

 

【フロント側から入力したディレイサウンドの感想について】

フロント側にBOSS「DD7」を接続して、ONにしてリードチャンネルで弾いてみた感想としては、ディレイが前面に出るサウンドになりました。出始めはキレイなディレイサウンドで弾けるように感じましたが、弾き続けるとディレイ効果が強く感じるようになります。弾いた後にすぐにディレイがかかるので、モタつくようなサウンドになってきます。(セッティングしたディレイが2倍くらい強めにかかるイメージ)ディレイのセッティングが強ければ強いほどに、クドイサウンドになる傾向がありました。

 

【センドリターンでディレイをかける実験】

センドリターン

次に、「Marshall JCM2000」のヘッドアンプの裏側にある「センドリターン端子」からディレイを入力する実験をしてみました。シールドを2本使用します。(シールドは3mあれば十分です)

※セッティングする際は、「Marshall JCM2000」の電源(POWER)はONでも問題はありませんが、スタンバイ(STAND  BY)は必ずOFFの状態で行ってください。

 

〈センドリターン側/セッティングのコツ〉

「SEND」→「IN(PUT)」、「RETURN」→「OUT(PUT)」の組み合わせで繋いでいきます。

※「センドイン」と「リターンアウト」と覚えるとセッティングがスムーズです。

 

BOSS「DD7」の「INPUT A(MONO)」と「Marshall JCM2000」側の「SEND」へ繋ぎます。(わかりやすいように赤いラベルのシールドを使用してます)

BOSS DD7

jcm2000 センドリターンe

 

次に、BOSS「DD7」の「OUTPUT A(MONO)」から「Marshall JCM2000」側の「RETURN」へ繋ぎます。

BOSS DD7

jcm2000 センドリターン

 

〈センドリターンのセッティング後〉

BOSS DD7

jcm2000 センドリターン

 

センドリターンへBOSS「DD7」を繋ぎ終わったら、フロント側からエレキギターと「Marshall JCM2000」の「INPUT」を繋ぎます。(今回はエフェクターなしのアンプ直セッティングです)

PRS22
jcm2000

 

【センドリターンを使用したディレイサウンドの感想について】

センドリターンを使ってディレイをかけたリードチャンネルで弾いてみた感想として、キレイにディレイサウンドがかかるようになりました。フロント側入力のディレイサウンドと比べると、明らかにセンドリターン使用の方が自然なディレイサウンドになります。センドリターンなので、キャビネットの後ろ側からディレイ効果が聴こえる感じがしますが、ディレイの性質上、後からついてくる音と裏側方向がマッチして自然に聴こえてくるのではと思いました。

 

【今回のまとめ】

今回のまとめとしては、「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプの歪み)にディレイをかける場合は、センドリターンで繋ぐと自然なディレイサウンドに仕上がります。ディレイが前面に強く出たクセのあるサウンドも音楽的には絶対いけないワケではないと思いますが、リードチャンネルでディレイを自然に響かせるには「センドリターン」を活用した方が賢明だと今回の実験で思いました。

センドリターンのデメリットとしては、やはりシールドを追加しないといけない点とセッティングが手間に感じる点だと思います。例えば、フロント側に「ディストーション+ブースター+ディレイ」などパッチケーブルで繋げばシールドは2本で済みますが、センドリターンを活用する場合は、ディレイペダルにセンドリターン用のシールドを2本。そして、フロント側にさらにブースターや歪み系ペダルを繋ぐ場合は、さら2本必要となり合計4本のシールドが必要になってきます。スタジオではシールドを貸し出してくれる事が多いので、まずはレンタルのシールドでセンドリターンを試してみると良いと思います。また、今回はBOSS「DD7」を使いましたが、ディレイについても色々と試していきたいと思う機会でした。

 

以上、

「ディレイをセンドリターンで使ってみる実験〜Marshall JCM2000編〜 」についてでした。

 

〈他にもこんな記事を書いてます〉

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

 

Marshall JCM2000 アンプの歪みとブースターの組み合わせ

Marshall JCM2000 アンプの歪みとブースターの組み合わせ

 

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000 アンプの歪みとブースターの組み合わせ」について書きたいと思います。

マーシャルに合うブースターペダル

ここ最近「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに合ったブースターを見つけようと色々試しておりますが、前回の「Rockett Pedals JRAD / Archer」に続き、他に良さそうなブースターの組み合わせが見つかったので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Rockett Pedals JRAD「Archer」(オーバードライブ/ブースター)→Ibanez 「TS9」(オーバードライブ)→Xotic「RC Booster」(クリーンブースター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

 

【組み合わせたブースターペダル】

Rockett Pedals JRAD / Archer

Rockett Pedals JRAD Archer

OUTPUT(出力)=13時〜14時くらい

GAIN(歪み)=10時

TREBLE(高域)=9時くらい

レベルを上げて、トレブルを抑えたセッティングにしました。

 

Ibanez / TS9

Ibanez TS9

DRIVE=11時くらい

TONE=10時くらい

LEVEL=MAX

「Archer」と同様にレベルを上げたブースターセッティングにしました。

 

Xotic / RC Booster

Xotic RCBooster

GAIN=12時くらい

VOLUME=13時〜14時くらい

TREBLE=12時

BASS=12時

Ibanez 「TS9」の後段に「RC Booster」を設置するため、主にリードソロ時にやや音圧と音量を上げるセッティングにしました。(※現行モデルはRC Booster V2

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました。4だと大音量と言われる傾向があります)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます。GAINを足したい場合はこのメモリのままLEAD2ボタンを押した方が低音が上がらずに歪みを足せます)

f:id:jundrive3:20180524165748j:image

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=4(今回はリバーブ強めです。基本お好みで調整。)

DEEP=OFF(低音弦5、6弦を出したい時にはON)

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります。OFFは全体的にトーンが上がって高音が出やすいです)

 

【ブースターを組み合わせた感想について】

ブースターをペアで組み合わせる

今回は基本的に「Marshall JCM2000」の歪みをメインにプラスαでブースターを組み合わせてみました。まず、最前段の「Archer」はOFFですが、繋ぐだけで音が洗練されます。そこにIbanez 「TS9」をONにするて、やや中域のサウンドとサスティーン(音の伸び)が加わります。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルは、音が伸びにくく弾きにくいので、Ibanez 「TS9」はブースターとして使った方が良いように感じました。さらに、リードソロ時に音量と音圧をややプッシュする役割として、今回はXotic「RC Booster」を選びましたが、「RC Booster」をONにすると、とても太く伸びのあるリードトーンに変化しました。クリーンブースターは効果がわかりにくいエフェクターですが、Xotic「RC Booster」は音太く、さらにピッキングの反応がタイトに上がります。「Archer」の影響もあると思いますが、「Marshall JCM2000」のリードチャンネルのサウンドがかなりブラッシュアップされるのを体感しました。

 

効果順にまとめると、

・Rockett Pedals JRAD「Archer」=「Marshall JCM2000」リードチャンネル(アンプの歪み)をブラッシュアップor GAINブースター(ONにしてGAINを加えてもOK)

・ 「TS9」=ロングトーンなど音を伸ばしたい場合にON、MIDブースター

・Xotic「RC Booster」=リードソロ時や音圧を加えたい場合にON、LEVELブースター

Ibanez 「TS9」とXotic「RC Booster」の併用すると太く伸びのあるリードサウンドになります。

 

【今回のまとめ】

今回は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルに合うブースターを組み合わせて試しみましたが、3台使うことでかなり実践的な組み合わせになりました。Rockett Pedals JRAD「Archer」は必須ではありませんが、Ibanez「TS9」は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルを使用する場合は、ブースターとして持ってい行っても損はないオーバードライブだと思います。Ibanez「TS9」をまだ使っていなかった時は、ディレイで音の伸びを足していましたが、空間系のような広がりではなく、音の伸びだけがほしい場合はIbanez「TS9」をオススメしておきたいと思います。さらに、Ibanez「TS9」(前段)+Xotic「RC Booster」(後段)の組み合わせもリードソロ時には効果的です。また、他のクリーンブースターやチューブスクリーマーを試しみたいと思う機会でした。

 

以上、「Marshall JCM2000 アンプの歪みとブースターの組み合わせ」についてでした。

 

〈他にもこんな記事を書いてます〉

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

 

Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜

Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜

こんにちは。

今回は「Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜」について書きたいと思います。

Rockett Pedals JRAD / ArcherとMarshall JCM2000

最近は自分自身のテーマだった「Marshall JCM2000」のリードチャンネル(アンプの歪み)においてのイコライジングが決まったように思います。そして、次の段階として「Marshall JCM2000」に合うブースターを探そうと手持ちのブースターをいくつか試しておりますが、その中でケンタウロス系オーバードライブ/ブースター、Rockett Pedals JRADの「Archer」を試して時に魅力を感じたので、今回はそのことについて書きたいと思います。

 

【Rockett Pedals JRAD「Archer」について】

Rockett Pedals JRAD / Archer

Rockett Pedals JRAD「Archer」について、少し振り返って書いておきますが、購入したのは今から3年前くらいになります。購入した理由は、直感と見た目で購入しました。購入した当初は正直「Archer」良さや魅力がわかりませんでした。オーバードライブなのでGAINをMAXにしてみたもののイマイチなサウンドになり、アンプのセンドリターンに繋ぐと良い音がすると聞いたので、試したもののイマイチわからず。他の歪みエフェクターをブーストすると、トレブル(高音)が出過ぎで耳が痛くなり、ブースターとして上手く使えずと、個人的にかなり悪戦苦闘したオーバードライブになります。何度か手放そうと考えましたが、諦めずに地道に使い方を探っていたオーバードライブになります。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Rockett Pedals JRAD「Archer」(オーバードライブ/ブースター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回の「Marshall JCM2000」は、ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用します。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=4(今回はリバーブ強めです)

DEEP=OFF

TONE SHIFT=ON(弾きやすくなります)

 

【Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング】

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

OUTPUT(出力)=13時〜14時くらい

GAIN(歪み)=10時

TREBLE(高域)=9時くらい

 

基本的には、エフェクターをONにしませんが、レベルを上げたブースターセッティングにしておきます。Rockett Pedals JRAD「Archer」は、オーバードライブとしては扱いにくいのが印象です。今回はアンプの歪みに対してゲインを足す意味でのセッティングにしました。トレブル(高域)ブースターとしての役割で使用します。

 

 

【Rockett Pedals JRAD / Archerを繋いだ感想】

今回は「Marshall JCM2000」のリードチャンネルの歪みをベースにRockett Pedals JRAD「Archer」を繋いで弾いてみたところ、ほんの僅差ですが、音が深くなりました。高域がいつよりキレイに再生されるように感じます。「Marshall JCM2000」の歪みは、割と粗い歪みですが、その歪みが上手く整うようになります。アンプの歪みを自然と上手く補正してくれるイメージでしょうか。言葉ではなかなか言い表せないですが、ややマイルドになり上品なサウンドに変化します。ギターボリュームを3ぐらいに絞ってクリーントーンにした時に、より効果がわかるように思います。(ピックアップセレクターをセンターにするとさらに良いです)

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

ギターボリュームコントロールを絞ると、心に染み入るようなクリーントーンに変化します。実際にRockett Pedals JRAD「Archer」を繋いだ時と外した時と比べましたが、気のせいではなく、繋いだ時の方が良いサウンドになりました。

 

【セッティングしたRockett Pedals JRAD / ArcheをONにする時】

そして、アンプの歪みが足りない時はブースターセッティングにしたRockett Pedals JRAD「Archer」をONにすると歪みを加えることができます。

Rockett Pedals JRAD / Archerのセッティング

ギターボリュームコントロールでクリーン、クランチからゲインを足す場合やリードソロ時にアンプの歪みにさらにゲインを足す時に踏むと良いと思います。Rockett Pedals JRAD「Archer」の歪みを足しても、アンプの歪みを邪魔することなくブラッシュアップしたハイゲインサウンドになります。

 

【今回のまとめ】

今回のまとめとして、Rockett Pedals JRAD「Archer」は、繋ぐだけで音が良くなるオーバードライブです。アンプの歪みをブラッシュアップをする時には最適のエフェクターだと思いました。今回は「Marshall JCM2000」のブースターとして試しましたが、「ミニアンプ」や「JC120」では効果はわかりにくいかもしれません。また、別の機会にも書こうと思いますが、真空管アンプに似たアンプライク系のエフェクターとも相性が良いです。例えば、Rockett Pedals JRAD「Archer」(前段/ブースター)+BOSS「ST2」(後段/ディストーション)の組み合わせもオススメです。「Marshall JCM2000」が使えない時に「JC120」で使用すると良いと思います。Rockett Pedals JRAD「Archer」は、派手なハイゲインディストーションと比べると、とても地味なエフェクターです。効果が分かりにくいですが、サウンドの絶妙な変化がわかると何度も使いたくなるような魅力を持っています。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルでは必須と言えるペダルではありませんが、よりブラッシュアップしたサウンドを目指したい方には、一度試してみる価値があるペダルです。繋ぐだけで効果は出ますが、その僅かな効果やセッティングが難しい分、玄人向きのペダルと言えます。まだ、エフェクターを使い始めた方やサウンドに慣れていない方には、まだ使うには早いエフェクターとも言えます。筆者も購入して使うには早すぎるタイミングでした。しかし、魅力が分かった今となっては、Rockett Pedals JRAD「Archer」は、とても素晴らしいオーバードライブです。

 

以上、「Rockett Pedals JRAD / Archerの魅力〜 Marshall JCM2000編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

Ibanez TS9とJC120の相性について

Ibanez TS9とJC120の相性について

 

こんにちは。

今回は「Ibanez TS9とJC120の相性について」を書きたいと思います。

Ibanez TS9とJC120

以前の効果測定で、Ibanez TS9は、Marshall JCM2000のリードチャンネル(アンプの歪み)との相性が良いという結果が出ましたが、「JC120」でも相性が良いのか、またメインの歪みとして使えるのか気になったので、今回スタジオで試してきましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Ibanez「TS9」(チューブスクリーマー)→ JC120(アンプ)

 

【JC120のセッティング】

JC120のセッティング

VOLUME=2ぐらい(スタジオの環境に合わせる)

TREBLE=12時

MIDDLE=12時

BASS=12時

DISTORTION=0

REVERB=9時くらい

BRIスイッチ=OFF

※チャンネルリンクはなし

 

Ibanez TS9のセッティング】
Ibanez TS9のセッティング

DRIVE=MAX
TONE=10時くらい
LEVEL=12時くらい(ON/OFFにしても音量差がない位置)

JC120は基本的に歪まないアンプのため、Ibanez「TS9」の歪み(DRIVE)をMAXにしたセッティングで試してみました。

 

Ibanez TS9をJC120で弾いてみた感想】

感想としては、DRIVEをMAXさせたセッティングでは、当たり前ですがオーバードライブぐらいは歪みました。しかし、正直なところ、あまり音抜けや反応は良いとは言えない印象に感じました。高音が抑えられで、やや音がこもりがちのオーバードライブサウンドです。

 

【Maxon ST9pro+と比較してみました】

Maxon ST9pro+

JC120でのIbanez「TS9」の反応があまり良いとは言えなかったので、手持ちのMaxon「ST9pro+」と比較してみました。同じようにセッティングして、Ibanez「TS9」と交互に弾いてみると、明らかにMaxon「ST9pro+」の方が反応と音抜けが良かったです。以前にも「JC120」でMaxon「ST9pro+」を試した時にも書きましたが、「JC120」はミッド(中域)が強いエフェクターと相性が良い傾向があると思います。Ibanez「TS9」は、中域が程よい強さです。このことから、ミッドが強めの歪みエフェクターは「JC120」と合う可能性が高くなります。

 

【今回のまとめ】

今回は、Ibanez TS9を「JC120」で試してみましたが、結果的には個人的には相性は良くないと感じました。あくまでも歪みMAXでの試しなので、レベル(音量)を上げるブースター使用では、また結果は変わってくるかもしれませんが、Ibanez「TS9」は、真空管アンプ(歪むアンプ)に合わせた方が良い結果が出ると思います。

「JC120」でチューブスクリーマー系のオーバードライブでメインの歪みとして使いたい場合は、今回比較してみたMaxon「ST9pro+」の方がオススメです。Ibanez「TS9」はどちらかというとブースター的なオーバードライブのように感じます。Maxon「ST9pro+」の方は、ミッドが強力に出る特徴があり、セッティングの幅やモード機能が付いているので段階的に歪みを加えることができます。Marshall JCM2000でアンプの歪みにブーストすると、Ibanez「TS9」より鋭いサウンドになります。Ibanez「TS9」はマイルドにブーストするので、サウンドの好みはあると思いますが「JC120」と「Marshall JCM2000」の両方を使用したい場合はMaxon「ST9pro+」の方が使い勝手が良く、「Marshall JCM2000」をブーストしたい場合はIbanez「TS9」で十分です。「JC120」でIbanez「TS9」を使用して歪みを作る場合は、LEVELをMAXにしたセッティングして、「アンプライク系(BOSS ST2など)のオーバードライブかディストーション」を後段に設置した方が歪みが作りやすいと思います。Ibanez「TS9」は、基本的は「Marshall JCM2000」などの真空管アンプと合わせる前提で使った方が良いという結論になりました。

 

以上。「Ibanez TS9とJC120の相性について」でした。

 

〈他にこんな記事を書いてます〉

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

IbanezTS9とMarshall JCM2000の各チャンネル効果測定

IbanezTS9とMarshall JCM2000の各チャンネル効果測定

こんにちは。

今回は「IbanezTS9とMarshall JCM2000の各チャンネル効果測定」について書きたいと思います。

IbanezTS9とMarshall JCM2000

以前に、Ibanez「TS9」を購入した時に「Marshall JCM2000」で使用してみましたが、イマイチ効果がわからなかったため、今回改めて各チャンネルでトライしてみましたので、そのことについて書きたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Ibanez「TS9」(チューブスクリーマー)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000の各チャンネルのセッティング】

今回は「Marshall JCM2000」の各チャンネルでIbanez「TS9」のセッティングを変えながら効果を見ていきたいと思います。

 

【CLASSIC GAIN / CHANNEL A  CLEAN】 

まず、「Marshall JCM2000」のクリーンチャンネルで試しました。

CLASSIC GAIN / CHANNEL A  CLEAN

VOLUME=5ぐらい(クリーンチャンネルはリードチャンネルと比べて音量が、下がるので上げます)
GAIN=5ぐらい (歪みもある程度上げた方がパワーが出ます)

 

Marshall JCM2000

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=4(リバーブはお好みで調整)

DEEP=OFF

TONE SHIFT=ON

 

Ibanez TS9のセッティング】

Ibanez TS9のセッティング

DRIVE=MAX
TONE=10時くらい
LEVEL=12時くらい(ON/OFFにしても音量差がない位置)

あまり歪みないチャンネルのため、Ibanez「TS9」の歪みを上げたセッティングにしました。

 

【クリーンチャンネルでTS9を使用した感想】

アンプ側がクリーンのため、Ibanez「TS9」の歪みをMAXにしてONにして試してみましたが、正直なところあまり反応は良くなく、歪みが足りないと感じました。このチャンネル使用するならば、Ibanez「TS9」よりもGAIN(歪め)が多いのBOSS SD1の方がいいかもしれません。

 

【CLASSIC GAIN / CHANNEL A  CRUNCH】 

CLASSIC GAIN / CHANNEL A  CRUNCH

次に、VOLUMEとGAINの間にあるボタンを押してクランチチャンネルに切り替えてみました。

※注意 ボタンを押すと音量が2倍ぐらいに上がりますので、必ず音が出ない状態(スタンバイをOFF)にして、VOLUMEを下げてからボタンを押すようにして下さい。(スタンバイを再びO N)

セッティングは、

VOLUME=3ぐらい(リードチャンネルと同じ位置)
GAIN=3ぐらい (場合によってはGAINを多少上げてもいいかもしれません)

イコライジングは同じ位置です。

 

Ibanez TS9のセッティング】

 TS9のセッティングはクリーンチャンネルで試したものセッティングと同じです。

 

【クランチチャンネルでTS9を使用した感想】

クリーンチャンネルと同様に、Ibanez「TS9」の歪みをMAXにしたセッティングでONにしてみました。結果として、クリーンチャンネルと同じように反応は良いとは言えないサウンドになってしまいました。どこかパワーがなくまとまらないサウンドです。クリーンとクランチチャンネルは、アンプの歪みが抑えられたセッティングなので、これらのチャンネルでは、ディストーションを使用した方が良いかなと感じました。

 

【ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1チャンネル(LEAD2でも可)】

LEAD1チャンネル

VOLUME=2〜3ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習はCD音源流しながら弾きました)

GAIN=3ぐらい (このくらいでも十分歪みます)

イコライジングは同じです。

 

 

Ibanez TS9のセッティング】

Ibanez TS9のセッティング

DRIVE=11時くらい

TONE=10時くらい

LEVEL=MAX

Ibanez TS9のセッティングは、LEVELをMAXにしたブースターセッティングにしました。DRIVEは「Marshall JCM2000」が歪んでおり、あまり歪みを足すとハウリングすることも考えられるためやや歪みをプラスする程度。TONEは「Marshall JCM2000」は高音がでやすくキンキンするので、抑え気味にセッティングしました。

 

【リードチャンネルにTS9をブーストしてみた結果】

「Marshall JCM2000」のリードチャンネルにIbanez「TS9」でブーストしてみました。サウンドはややブライトでカラッとしたミッド寄りに変化する程度ですが、伸びのあるしなやかな歪みに変化しました。サスティーンは2倍以上になりました。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルの歪みは、個人的にはパサパサした音が伸びない傾向があるので、ロングトーンやリードソロ時にはIbanez「TS9」でブーストすると効果的です。LEVELがMAXでも音量はほとんど変わらず、アンプの歪みに伸びのよいサウンドを与えてくれるので、「Marshall JCM2000」の歪みをよりブラッシュアップするイメージに近い使い方です。

  

【今回のまとめ】

今回のまとめとして思ったことは、Ibanez「TS9」は、リードチャンネルの歪みのブースターとして使用すると効果的なことがわかりました。クリーン、クランチチャンネル共に使用する場合には、歪みが足らないと思います。クリーンチャンネル、クランチチャンネルでIbanez「TS9」を使用する場合は、後段にディストーションや歪みが強いオーバードライブとの併用した方が良い結果になると思います。Ibanez「TS9」はメインの歪みとしてではなく、あくまでもブースターとしてのサポート的な使い方が一番効果が発揮できると思います。音が伸びす弾きにくい場合は、Ibanez TS9をブースターとして活用してみてはいかがでしょうか。

 

以上、「IbanezTS9とMarshall JCM2000の各チャンネル効果測定」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いてます>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com