エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

エフェクターキット製作 CMOS DRIVE

こんにちは。

今回は、エフェクターキット製作 CMOS DRIVE」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171018144024j:image

今回、ご紹介するCMOS DRIVE」は、自作エフェクターを製作する前にお試しで購入してみた「タッキーパーツドットコム」のオリジナルキットになります。

 

CMOS DRIVEの回路図と基盤図】

f:id:jundrive3:20171018144903j:image

CMOS DRIVE」の回路図と基盤図になります。キットが届いた時は、パーツと一枚の図だけでした。正直、これだけでは作れる気がしなかったので、オリジナルエフェクターの自作本を何冊か購入して、ハンダ付けや使用する道具を勉強してから製作したのを覚えています。

 

CMOS DRIVEのセッティング】

f:id:jundrive3:20171018150159j:image

CMOS DRIVE」は、シンプルな構成で「VOL(音量)」と「GAIN(歪み)」の2つのツマミしかありません。

VOL=9時くらい。出力は相当高めです。12時ぐらいにするとミニアンプでも爆音になります。

GAIN=13時くらい。CMOS DRIVE」はアンプのように自然に歪む感じがします。MAXではさらに歪みますが、ノイズが多くなるので、13時くらいに設定しました。歪み量としては、オーバードライブぐらいです。

 

CMOS DRIVEの完成基盤】

f:id:jundrive3:20171018151516j:image

CMOS DRIVE」は、プリント基盤(薄緑の板)になります。以前、ご紹介した自作エフェクターとは異なり、抵抗オペアンプコンデンサーをプリント基盤に差し込んで、ハンダ付けしていきます。パーツだけで繋ぐよりもグッと難易度が下がります。初めて自作エフェクターを作りたいと考えられている方は、エフェクターキットの方が入りやすいと思います。

f:id:jundrive3:20171018155349j:image

 ↑こちらが完成した配線です。

 

CMOS DRIVEと他のエフェクターとの組み合わせ】

 f:id:jundrive3:20171018152003j:image

CMOS DRIVE」を弾いてみる感じでは、真空管アンプを鳴らしたようなサウンドがします。プリアンプ的なエフェクターに近いと思います。

CMOS DRIVE」は、クランチからオーバードライブくらいまでなら弾けるますが、さらに歪みを加えたい場合は、ブースターを設定します。今回は、BOSS「SD1(改)」を前段にセッティングしブーストしてみました。すると、歪みが増して5、6弦もはっきり出るようになりました。

f:id:jundrive3:20171018152701j:image

もう少し低音が欲しかったので、Xotic「EP booster」をさらに前段に設置。太いリードサウンドに仕上げてみました。「CMOS DRIVE」のGAINは、ノイズが多くなるので12時くらいにやや下げました。この組み合わせは、「Marshall JCM2000」でも応用できそうです。

 

CMOS DRIVEについて思うこと】

CMOS DRIVE」は、自作エフェクターの一歩手前の試しで製作したエフェクターで、久しぶりに弾いてみるとナチュラルドライブで好印象でした。トランジスタアンプの「JC120」で使用するともしかしたら真空管アンプっぽくなるかなと思いました。また、スタジオに行った時に試したいと思います。自作エフェクターが難しいと思う場合は、エフェクターキットから初めてみると良いと思います。製作の前にハンダ付けの練習をすることをオススメします。

Leqtique maestoso レビュー

こんにちは。

今回は「Leqtique maestoso レビュー」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171017152610j:image

今回ご紹介するLeqtique「maestoso」は、以前注目を浴びた時に購入したペダルになります。塗装が綺麗ですが剥がれやすい仕様なので、なかなか使うのが勿体なくストックに入れたまま置いてありましたが、やっぱりエフェクターは使わないと意味ないので、今回はセッティングだけ簡単にご紹介したいと思います。

 

【Leqtique /maestosoのセッティング】

f:id:jundrive3:20171017153304j:image

Leqtiqueの見た目の特徴として、ツマミが何の効果を示すものがわからないということがあります。エフェクターに慣れている人はわかりますが、記載しながら書きたいと思います。また、Leqtique「maestoso」は「TS系オーバードライブ」のカテゴリーになります。

 

「左上のツマミ=VOLUME、LEVEL」

音量を調節するツマミになります。9時くらいがアンプとの音量が同じでした。出力がなかなり高めです。ブースターとしても使えそうです。

「右上のツマミ=GAIN、DRIVE」

歪みを調節するツマミとなります。13時くらいが程よいかなと思いますが、 後でも取り上げますが、MAXにしても歪み続けます。オーバードライブにしてはかなりGAIN量も多いです。

「真ん中のツマミ=TONE」

音の高さを調節するツマミとなります。こちらも13時くらいに設定しておきました。自宅のミニアンプ「MICRO CUBE」での設定なので、よくスタジオに置いてある「 Marshall JCM 2000」では、再度調節が必要だと思います。

 

【Leqtique /maestosoのツマミ可変具合について】

Leqtique「maestoso」をはじめ、ディストーションである「9/9」も同様に感じたことですが、ツマミのMAXまで調節ができるように思います。

f:id:jundrive3:20171017155715j:image

 例えば、通常のエフェクターはGAIN、DRIVEのツマミをMAXにすると、歪みのピークでベストな位置から歪まなくなったり、歪むけれどノイズが多くなったり、音がこもったりします。(歪みの上限がMAXがベストなディストーションは除く)その中で、Leqtique「maestoso」は「右上のツマミ=GAIN、DRIVE」を ピークだと思われる13時以降からMAXにかけて、さらにスムーズに歪んでいきます。ハンドメイド製ならではなのか、回路によるものなのかはわかりませんが、歪みが増してもサウンドの調節がされているといった感覚がします。これは「真ん中のツマミ=TONE」も同じような効果が見られました。

 

【Leqtique /maestosoをセッティングして思うこと】

今回、Leqtique「maestoso」をセッティングしてみて思うことは、相当、回路的に工夫されたペダルだなと感じました。また、「TS系オーバードライブ」は、あまり歪まない特徴がありますが、このLeqtique「maestoso」は、TS系ながらもディストーション並みに歪みます。カテゴリーをつけるならば「TS系ハイゲインオーバードライブ」と言った感じでしょうか。似たようなペダルではJHS Pedals「Moonshine Overdrive」を思い浮かべますが、Ibanez「TS9」と比べるとまた用途が変わってきそうなので、また改めてスタジオの真空管アンプなどで試したいと思います。

BOSS DS-1X,FZ-5 ,FB-2をJC120で弾いてきました

こんにちは。

今回は「BOSS DS-1X,FZ-5,FB-2をJC120で弾いてきました」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171016164703j:image

 

ギター仲間とスタジオで音作りの実験の際、持っていたBOSS「DS-1X」「FZ-5 」「FB-2」を借りて「JC120」で試してみました。簡単ではありますが、ご紹介したいと思います。

 

【使用したエフェクターと機材】

PRS CUSTOM 22(エレキギター)→「DS-1X」「FZ-5 」「FB-2」→「JC120」

【JC120のセッティング】

Treble、Middle、Bassは基本12時。 Volumeは、その環境に合わせて2〜3くらい。

※チャンネルリンクあり

 

【DS-1X】

f:id:jundrive3:20171016165350j:image

BOSSのMDP搭載のハイゲインディストーション。クラシックペダル「DS1」の進化系「DS-1X」になります。見た目がカッコいいです。サウンドはザクザクした「DS1」のサウンドをよりクリアにハイゲインにした感じです。DISTを13時くらいにセッティングしてましたが、MAXにするとさらに歪みが増していきます。やや高域が上がってタイトになってゆく感じで、5、6弦もしっかり出るので「JC120」でハードロック、メタルを弾くならこれ1台でいけそうです。Suhr「Riot」とよく似ている歪みではありますが、「JC120」では、やや固い印象で個人的には重く感じました。 Suhr「Riot」は「JC120」で、試奏したことはありますが、正直なところ「DS-1X」でもSuhr「Riot」でもどちらでもいいというのが印象です。価格は「DS-1X」の方が求めやすいです。

 

【FZ-5】

f:id:jundrive3:20171016171102j:image 

BOSSのファズペダル「FZ-5 」になります。あまりファズペダルは使ったことはありませんが、デジタルモデリングだけあって、使いやすい感じがしました。サウンドが安定している印象です。MODE「F(Fuzz Face)・M(FZ-1A)・O(Octavia)」の三段階ありますが、「F」のFuzz Faceモードが使いやすかったです。どれもサウンドメイクがしっかりされているので、色んなファズが1台で楽しめるのがポイントです。ファズは、個人的には主にリードソロでしか出番はありませんが、「JC120」でも全然普通に使えます。electro-harmonix「BIG MUFF」がしっくりこない場合は、デジタルファズの「FZ-5」の方が使いやすいかもしれません。

 

【FB-2(Feedback Booste)】

f:id:jundrive3:20171016172418j:image

BOSSのブースターになります。フィードバック効果を意図的に出すエフェクターでもあります。なかなか珍しいエフェクターだと思いました。ブースターとしては、使いやすいブースターだと感じました。「JC120」に「FB-2」をかけて弾くとハリでてきます。また、「JC120」のキンキンする高域が抑えられる感じがしたので、太いクリーンサウンドやカッティングなどに良さそうです。思っていた以上に「FB-2」は使えるペダルかなと感じました。

 

【BOSSの3台を試しみて思うこと】

今回、「DS-1X」「FZ-5 」「FB-2」をスタジオで試して思うことは、空間系(ディレイ)はないものの、この3台あれば十分なのではと思いました。クリーン〜クランチとブーストは「FB-2」、リフやテクニカルは「DS-1X」、リードソロや激しいサウンドは「FZ-5 」と、役割がはっきりしている組み合わせでした。この3台に、2017年に発売されたBOSS「MS-3」(マルチエフェクター搭載のスイッチャー)を組み合わせれば、すぐにでもエフェクターボードが完成しそうです。

また、BOSSエフェクター「使いやすい」ということが、改めてわかりました。エフェクターを何買ったらいいのかわからない方は、とりあえずBOSSの中から歪み系エフェクター(オーバードライブ、ディストーション)」を試してみるといいと思います。他の人の機材を観察してみると、また新たな発見があるかもしれません。良い機会でした。ありがとうございました。

自作エフェクター製作 Super Hard Onを作ってみた

こんにちは。

今回は「自作エフェクター製作 Super Hard Onを作ってみた」を書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171013165204j:image

自作エフェクターの第3弾になります。クリーンブースターでお馴染みのZ.VEX「Super Hard On」を自作してみた時のことになります。(

S.H.OはSuper Hard Onの略です)

「Super Hard On」は、個人的にも普段よく使うクリーンブースターでお気に入りのエフェクターになります。特徴としては、ギターの原音を持ち上げてくれる役割で、歪み系エフェクターの後段に置いて使用しています。Z.VEXの「Super Hard On」の購入を何度か考えたことがありますが、自作で作れることを知り、チャレンジしてました。

 

【初めての基盤図設計】

この「Super Hard On」は、自作本に載っているワケではなく、ネットで調べてイチから製作しました。一番困ったことは、使われているパーツ(抵抗コンデンサー)と回路図はわかったものの、「基盤図」の参考がなかったため、上手く全てのパーツに電流が回るように設計を考えることが大変でした。

f:id:jundrive3:20171013170326j:image

自分は大きめの基盤図になってしまいましたが、分かりやすい配置にしてミスを少なくしました。パーツがかなり少なめなので、製作自体の難易度は低いですが、ハンダ付けや配線になれていないと難しいと思います。

f:id:jundrive3:20171013170625j:image

こちらは、基盤の裏面。普通のセロハンテープが貼ってありますが、これは他の部品に触れてショートしないためです。絶縁は必須です。パーツはポイントで付けてありますが、パーツとパーツを繋げる工程が難しいです。確実に繋げていないと、音が出ないという失敗の原因になります。

f:id:jundrive3:20171013171436j:image

 こちらが中の全体になります。自作を何個か製作していると何と何を配線で繋げばいいのかわかってくるようになります。この「 Super Hard On」は、見事に一発で音が出ました。「 Super Hard On」の特徴であるツマミを回すと「ガサガサッ」とする音までも(故障ではない)出たので、間違いなく「Super Hard On」が作れたのだと感じました。

 

【自作Super Hard Onのセッティング】

f:id:jundrive3:20171013172106j:image 

「Super Hard On」は、ツマミが1つのシンプルなクリーンブースターです。

LEVEL12時〜13時あたりで、軽く音をプッシュする使い方がいいかなと思います。右に回すほど、音量は上がっていきます。調整のバランスは上手くいったと思います。9V仕様です。

 

【歪み系エフェクターと組み合わせる】 

f:id:jundrive3:20171013172702j:image

自分がよく「Super Hard On」を使う時は、ハイゲイン系のディストーションが多いです。特にBOSSのコンパクトエフェクターとの組み合わせ(画像はML2)で、もう少し音抜けを良くしたい時や、アタック感を加えて、弾きごたえをアップさせるイメージです。ハイゲインディストーションは、歪みますが、歪みにギターの原音が埋もれてしまう傾向にあると思います。それはそれで問題はありませんが、より良い音を追求するした結果「Super Hard On」でディストーションをブラッシュアップさせるという考え方に至りました。

サウンド的には、ギターの原音が出やすいLeqtique「9/9」のような感覚に近くなりますが、「Super Hard On」でブーストした方が良い感じになります。勿論、Leqtique「9/9」に「Super Hard On」を足して上げるとさらにサウンドがイキイキしてきます。(余談ですが、よりハイゲインになったLeqtique「10/10」というモデルが出ました)

【手持ちのSuper Hard Onと比べてみる】

f:id:jundrive3:20171013174045j:image

(左)Z.VEX / Box of Rock

(右)Z.VEX / CHANNEL 2

度々、エフェクターボードに組み込まれている手持ちの「Super Hard On」です。「Box of Rock」は左側のフットスイッチが「Super Hard On」のクリーンブースターになります。「CHANNEL2」は「Super Hard On」に、さらにGAINが加えることができるブースターです。右側のツマミがGAINになります。

今までは「Super Hard On」を比べることをしたことはありませんでしたが、結果的には「自作Super Hard On」が、一番音がキレイに伸びました。これは、今回、基盤に使用しているパーツを高品質なもので製作したことにあるように思います。

以前、「Box of Rock」をモディファイしようとして基盤を見たことがありますが、大量生産では仕方ないことではありますが、安価なパーツで構成されていました。Z.VEXの改造は難しかったので、断念しましたが、パーツの影響がエフェクターでは大きいと感じました。

【自作Super Hard Onを製作してみて思うこと】

「Super Hard On」を自作で作れたことは、自分の中では大きかったです。きぞの「Super Hard On」を購入すると何万円単位になりますが、自作すると失敗しなければ3000〜4000円で作れます。また、応用してエフェクターボードに合わせた、横型やミニサイズも製作することができれば、非常にエフェクターボードの設計も楽になるような気がします。自作エフェクターは相当な集中力と労力が必要ですが、完成した時の嬉しさや楽しさは、エフェクターを購入した時以上の喜びがあります。また、時間と機会があれば自作エフェクターに調整してみたいと思います。「Super Hard On」は、難易度が低い方なので、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3 レビュー

こんにちは。

今回は「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3 レビュー」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171012185741j:image

前回、ご紹介した「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2」のバージョンアップされたものが「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3」となります。

見た目が同じなのに、なぜ、ご紹介したのかと言いますと「Mk2」と「Mk3」ではキャラクターが違うからです。YouTubeにも比較動画はありますが、こちらの「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3」は、深く歪む「Mk2」と違い、ギターのボリュームコントロールに反応するようになっていることで、「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2」が好印象だったこともあり、気になって思わず購入してみました。今回は「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3」をご紹介したいと思います。

 

【Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk3のセッティングについて】

 f:id:jundrive3:20171012190726j:image

基本的には「Hot Drive'n Boost Mk2」と同じ仕様になります。

「DRIVE(オーバードライブ)」「BOOST(クリーンブースター)」1台になったペダルになります。

 

〈DRIVEセクションについて〉

f:id:jundrive3:20171012204201j:image

ツマミの構成も「Hot Drive'n Boost Mk2」と同様で、右側のGAIN、WAVE、 LEVELの3つのツマミからの構成になります。

GAIN13時〜14時くらい。歪み量は「Mk2」と同じくらいですが、歪みの性質が「Mk2」とは違っています。歪みの粒が細かい「Mk2」と比べて、「Mk3」は明るく歪みもスッキリしています。また、ギターのボリュームコントロールで歪み調整ができるので、コントロールを絞るとクリーンになります。

 WAVE12時〜13時あたり。音のトーンをコントロールします。右に回す程、高域が上がっていきますが、「Mk2」と比べるとバランスは良いに感じます。

LEVEL11時くらいが、アンプの音量と同じくらいになります。出力は高い方です。

 

〈BOOSTセクション〉

f:id:jundrive3:20171012192535j:image

BOOST LVEVL7時あたり(1ぐらい)

ブースター側も「Mk2」と同様に出力がかなり大きめです。クリーンブースターの性質も同様に純粋に音量が上がるブースターになります(レベルブースター)

 

【Hot Drive'n Boost Mk3とMk2のモデル比較】

f:id:jundrive3:20171012193033j:image

(左)Hot Drive'n Boost Mk2

(右)Hot Drive'n Boost Mk3

見た目は、ほとんど変わりませんが、フットスイッチがよくある大きさに変更されてます。また、 LEDも「Mk2」と「Mk3」とでは色が変わってます。

f:id:jundrive3:20171012193411j:image

↑ Hot Drive'n Boost Mk2は、赤色LEDです。

f:id:jundrive3:20171012193704j:image

 ↑Hot Drive'n Boost Mk3は、青色LEDになってます。練習スタジオなどでは、あまり気になりませんが、光が強いライブステージでは、赤色LEDは見えなくなることがあるので、青色LEDなのは少し便利なポイントです。

 

f:id:jundrive3:20171012194725j:image

さらに「Hot Drive'n Boost Mk2」と「Hot Drive'n Boost Mk3」では、高さが変わっています。「Mk3」の方が高さだけコンパクトになりました。

f:id:jundrive3:20171012194153j:image

(左)Hot Drive'n Boost Mk3
(右)Hot Drive'n Boost Mk2 

エフェクターボードのフタを閉める時に気にはなくなりました。

 

f:id:jundrive3:20171012204247j:image

「Hot Drive'n Boost Mk2」と変わらず、電源コードタイプです。パワーサプライは使用できません。コンセントが必要です。

 

全体の印象として、「Hot Drive'n Boost Mk3」の方が作りはしっかりしている印象です。

 

【Hot Drive'n Boost Mk3とMk2のサウンド比較】

f:id:jundrive3:20171012194640j:image

 「Hot Drive'n Boost Mk2」「Hot Drive'n Boost Mk3」の歪みサウンドを比べてみました。冒頭で述べたように「Hot Drive'n Boost Mk2」の方が、キメ細かく深く歪みます。「Hot Drive'n Boost Mk3」は、よりブライトで、歪みはギターの原音がより目立つサウンドです。明らかに歪みの性質は違います。自分が求めるサウンドや使い方で選ぶ必要がありそうです。

ちなみに 、実験で「Hot Drive'n Boost Mk2」と「Hot Drive'n Boost Mk3」を一緒につないで、ミックスしてみました。前段に 「Hot Drive'n Boost Mk3」、後段に「Hot Drive'n Boost Mk2」を設置。

「Mk3」はクランチ気味で、「Mk2」に歪みを加えると上手く歪みが増して良い感じになりました。(若干、Mk2のノイズが気になるかもです)

歪みが増したにも関わらず、ギターの原音はハッキリと出るので、歪ませながらのアルペジオでもしっかり音が残ります。アタック感が出るといった感じでしょうか。さらにクリーンブーストもできるので、ギターの音の芯を大切にしたようなペダルに思えます。激しい歪みをするファズとは対極にある存在です。

ちなみに、「Hot Drive'n Boost Mk3(前段)」と「Hot Drive'n Boost Mk2(後段)」の配置を逆にして、ミックスすると歪みが固まって音が割れるようなサウンドになってしまいました。あまり

歪まないエフェクターを「前段」に置くことが、順番を考える時には良いかもしれません。

 

【Hot Drive'n Boost Mk3について思うこと】

正直なところ、自分はギターのボリュームコントロールで歪みを調整することをよくするので、「Hot Drive'n Boost Mk3」 の方が好みでした。ただ、「Hot Drive'n Boost Mk2」もキメ細い歪みもなかなか捨てがたいものでもあります。

「Hot Drive'n Boost Mk3 / Mk2」は、オーバードライブのカテゴリーになりますが、良いオーバードライブだと個人的には思います。BOSS「BD2」Fulltone「OCD」など歪み幅が多い定番のオーバードライブもありますが、「Carl Martin」のオーバードライブも一度、試してみてほしいと思います。

 

ちなみに、同メーカーから「Carl Martin/Plexi Tone」というさらに3つのセクションになっているオーバードライブもあります。

 まだ、試奏はしたことはありませんが、いつかは手に入れたいオーバードライブです。これ1台で歪みを完結できたらいいかなと思うぐらい「Carl Martin」はお気に入りのメーカーでした。

 

Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2 レビュー

こんにちは。

今回は、「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2 レビュー」について、書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171011173120j:image 

この「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2」は、丁度、エフェクターボードの軽量化を考えていた頃、歪み+クリーンブースターの2in1系のエフェクターを探していたところ、楽器店で発見し、試奏したことがキッカケです。

当時、「JC120」で、試奏しましたが結構、歪みが深く、そして割と原音が前に出たので気になって購入してみた次第です。

ペダルにも書いてありますが、デンマーク製のハンドメイドエフェクター、オーバードライブになります。

【Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2のセッティングについて】

f:id:jundrive3:20171011173059j:image

 「DRIVE(オーバードライブ)」「BOOST(クリーンブースター)」のセクションに分けられます。

〈DRIVEセクション〉

f:id:jundrive3:20171011175958j:image

右側のGAIN、WAVE、LEVELの3つのツマミが「DRIVE」の構成になります。

音の調整がTONEではなく「WAVE」なところが個性を感じます。

GAIN14時くらいが丁度良い歪み量だと思います。MAXにすると歪みますが、歪み過ぎて音がややこもってきます。歪みの性質は、粒が細かいです。

WAVE=使用するアンプにもよりますが、14時くらいがミニアンプ(micro cube)では程良いです。コントロールの効きはいいですが、高域の方には範囲が狭いです。

LEVEL=出力(音量)も14時ぐらいが、アンプの音量と差がないあたりです。割と歪むので、やや気持ち上げた方がいいかもしれません。

また、中古のせいもあるかもしれませんが、ツマミが緩いので、少し触るだけで動いてしまいます。移動の際にはツマミの固定や確認は必要です。 

〈BOOSTセクション〉

f:id:jundrive3:20171011181513j:image

左側の「BOOST LEVEL」のツマミ1つのみです。左側のフットスイッチをONにするとクリーンブーストされます。

BOOST LEVEL7時くらい(1くらい)で充分レベルが上がります。とんでもないくらい出力が高いので、絶妙にツマミを調整した方がいいと思います。

クリーンブーストにも色々な性質がありますが、「Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2」のブーストは、単純に音量が素直に上がるタイプのブースターになります。レベルブースターとなります。バンドなどで音が埋もれてしまったり、少し音量を上げたい時の場合に使用すると便利です。(ちなみに上のCLEAN OUTにシールドを挿すと音が出なくなります。使用用途が不明ですが、通常はOUT PUTに挿せば、問題なく使用できます)

 

【Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2で弾いてみて思うこと】 

「Carl Martin(カールマーチン)」というメーカーを初めて弾いてましたが、明らかにギターの原音がしっかり出る歪みを持っています。以前、自作エフェクターディストーションを製作しましたが、ハンドメイドらしいサウンドがします。深く歪むものの、ギターが残るので、コードの音がしっかり響きます。

BOSSなどのコンパクトエフェクターの歪みと比べると全く感覚が違うと感じました。

f:id:jundrive3:20171012123855j:image

ギターボリュームのコントロールは苦手ですが、前段に「TS系オーバードライブ」を設置してブーストすると良い感じのリードソロが弾けます。TS系ODとの相性は良いです。 

 【Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2のモデルについて】 

f:id:jundrive3:20171011192527j:image

 他のエフェクターと違う点は電源コードがエフェクターについている点です。パワーサプライなどの電源供給は不要です。逆にパワーサプライでボードを組んでいる場合は、困るかもしれません。

 

f:id:jundrive3:20171011183807j:image

 高さもかなりあるので、エフェクターボードの一番初めに設置すると、シールドが挿しやすいです。こういったタイプのエフェクターを1個あると持っているとエフェクター数が減ってエフェクターボードの軽量化と歪みのこだわりが両立できるかもしれません。

 

f:id:jundrive3:20171011183935j:image

 ミニサイズのエフェクターと比べると結構大きいです。2台分なので、仕方ないかもしれませんが、重さはそれほど重いという感じはしませんでした。フットスイッチは、小さいですが、カチカチッと軽めで踏みやすいです。LEDは両方とも赤です。

 f:id:jundrive3:20171011192545j:image

エフェクターの上からの画像です。「100V」になってますが、稀に「115V仕様」のものもあります。「115V仕様」は海外の電圧みたいですが、日本でも使用できるみたいです。 

【Carl Martin-Hot Drive'n Boost Mk2のまとめ】

「歪み」と「クリーンブースター」が一緒になっているタイプのエフェクターは便利に思います。そういったタイプのエフェクターはたくさんあるので、試奏して自分がイメージする使い方と照らし合わせながら選択して行けばいいのかなと思います。

また、「Carl Martin(カールマーチン)」というメーカーは、個人的には好きなメーカーになりました。他にも様々なモデルが出ているので、個人的には何気に注目しています。ハンドメイド製ならではの歪みは一味違うので、歪み探しでどれも同じように思える場合は、是非、一度試してみると新たな発見があるかもしれません。

まだ知らないエフェクターメーカーを探してみたいと思う機会になりました。

はじめての自作エフェクターでディストーションを作ってみた

こんにちは。

今回は「はじめてのエフェクター自作でディストーションを作ってみた」について書きたいと思います。

 

前回、自作エフェクター「POWER FUZZ(ファズ)」を製作した記事を書きましたが、自作エフェクター第2弾のご紹介になります。

「POWER FUZZ」と同じ書籍、秋間経夫の「初めてのオリジナル・エフェクター&ミニ・アンプ製作」の中から「HARD DIST(ディストーション)」の製作した時のことを書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20171008152237j:image 

振り返ることになりますが、2015年くらいに自分の中でエフェクターを作ってみたいなという衝動があり、勢いで製作やモディファイ(改造)、歪みの研究に励んだ時期がありました。丁度、このエフェクターノートのブログをまだ始めたばかりの頃で、今頃(2017年)になって記事を書いております。タイムラグがありますが、ご了承頂ければと思います。

 

【HARD DIST(ディストーション)について】

f:id:jundrive3:20171008152256j:image

 「HARD DIST」は、本によると「非常に使いやすいきれいな歪み系エフェクター」と書かれています。特徴としては、「シリコンダイオード」ではなく「ゲルマニウムダイオード(1N60)」を使用し、暖かみのある音色がでるディストーションペダルになります。シンプルにDRIVE(歪み)、LEVEL(出力)のツマミのみの構成になります。

 

【HARD DISTの回路図と基盤図について】

 f:id:jundrive3:20171009153309j:image

回路については、全くの素人なので回路図を見てもさっぱりわかりません。何のパーツかはわかりますが、どこがどう繋がっているか理解するのに時間はかかりそうです。(色々試したパーツや値が付箋で貼ってあり苦戦したことを物語ってます)

基盤図はパーツが割と少なめで、初めての自作エフェクターディストーションを作るには入りやすいと思います。

 

 【HARD DISTの製作期間と音が出るまで】

f:id:jundrive3:20171008162308j:image

製作期間は1〜2週間くらいで、一通り製作した記憶がありますが、自作エフェクターで当たり前とも言える「音が出ない」というトラブルに遭遇してしまい、結果的には1ヶ月ぐらいかかりました。完成したはいいけれど、音が出なかったらなんの意味もないのがエフェクター。音が出なかった時の挫折感は強烈なのを覚えています。もう一度、パーツや回路、配線をイチから見直し、基盤を新たに作り直し、再トライ。完成に至りました。(つい嬉しさのあまり裏ブタに落書きと製作日を書いてあります)

 【HARD DISTのセッティングについて】

f:id:jundrive3:20171008155136j:image

GAIN(歪み)MAX10でハイゲインになります。8あたりでは少し強いオーバードライブですが、9あたりから急激に歪みます。自作なので可変がデタラメですが、クランチ1〜6、オーバードライブ7〜8、ディストーション9〜10で、GAINの変化は極端ですが、MAXにすればギターボリュームには反応します。キレイなクリーントーンになります。

LEVEL(出力)11時くらいがアンプと同じ出力レベルです。かなり出力は大きめ(に改造しました)です。

 

【HARD DISTを試行錯誤してモディファイする】

 音が初めて出た時は、すごく感動しましたが、問題点がありました。歪みは他と比べものにならないくらいキレイでしたが、LEVEL(出力)をMAXにしても、 音が蚊のように小音過ぎる点でした。

その時、既存ペダルのモディファイの研究や実験もしていたので、BOSS「DS1」Keeley.Modを応用して、「HARD DIST」をモディファイしてみました。

 

【モディファイ部分①シリコンダイオードとフィルムコンデンサー交換】

f:id:jundrive3:20171008161631j:image

まず、「HARD DIST」「ゲルマニウムダイオード(1N60)」の一方のダイオード「シリコンダイオード」に交換し、出力を上げることができました。「シリコンダイオードにすると出力が上がるようです。次に、低音がもう少し出したかったので、音域に関連する「フィルムコンデンサー」の値を上げて、交換しました。結果、歪みもやや荒々しくなりましたが、弾きごたえあるサウンドになりました。

 

【モディファイ部分②ミニスイッチの増設】

f:id:jundrive3:20171008161734j:image

さらに出力を上げるため、ミニスイッチLEDダイオードを設置しました。これは、BOSS「DS1」Keeley.Modの方法を取り入れました。

f:id:jundrive3:20171008162241j:image

 ↑上がっていると通常の状態。

ゲルマニウムダイオード「シリコンダイオードの組み合わせになります。

f:id:jundrive3:20171008162500j:image

↑下げるとダイオード「シリコンダイオード「 LEDダイオードの組み合わせに切り変わり、出力がさらに上がります。出力が大き過ぎて使わないことが多いですが、ミニスイッチの増設によりさらに出力が上がりました。

 

以上のモディファイを行った結果、ようやく普通使えるエフェクターへとすることができました。(ただし、この方法はあくまでも勘で改造し、奇跡的に成功したのであまり再現性はないと思います)

 

【HARD DISTを実際に弾いてみて思うこと】

「HARD DIST」を弾いてみて思うことは、高品質パーツで製作したということもあり、ギターの原音の再生がものすごく綺麗に出力されるなと感じました。今まで何十台もの歪み系エフェクターを試したけれど、歪みの美しさ(透明感)は、手持ちの歪みエフェクターの中では「HARD DIST」が個人的には一番になっています。透明感があり、ギターの原音が美しく聴こえ、さらに綺麗に歪む。理想のディストーションではありますが、トーン調整ができないことや「J C120」で試すという、歪みのピークがファズっぽく潰れてしまう点で、まだ、実用的には使うまではいかないなと思っています。

 

【自作エフェクター「HARD DIST」を製作してみて思うこと】

自作エフェクターを製作してみると、普段何気に使っているエフェクターの見え方が変わってくるように思います。ハンドメイド系のエフェクターの基盤をみると、今回使用した同じ高品質パーツが使用されていたりします。モディファイでも色々試しましたが、高品質パーツ(コンデンサーやオペアンプなど)で、音は変わります。高品質なパーツにするほど、音が綺麗に澄んでゆく傾向があると感じます。回路図を理解することができれば、もしかしたらオリジナルのディストーションを作れるかもしれないと思いますが、またそれはいつかの夢にしようと思います。

歪みを知るためにも、一度、自作エフェクターを作ってみることはオススメです。音が出た時は、本当に感動します。良かったら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。