エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

クリーンブースターの繋ぐ順番と効果測定〜シュミレーション〜

クリーンブースターの繋ぐ順番と効果測定〜シュミレーション〜

こんにちは。

今回は「クリーンブースターの繋ぐ順番と効果測定〜シュミレーション〜」について書きたいと思います。

クリーンブースターの繋ぐ順番

今回は、最近気に入って使用しているMaxon「ST9Pro+」をブーストするためのクリーンブースターの設置シュミレーションをしてみましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Maxon ST9Pro+(TS系オーバードライブ)→Xotic RC Booster(クリーンブースター)→Roland MICRO CUBE(ミニアンプ)

 

MICRO CUBEとセッティング】 

Roland「MICRO CUBE」のパネル部分(上からの写真)となります。30cmくらいの正方形のミニアンプです。リズムマシン(RHYTHM GUIDE)が付いているので、リズムを鍛える時には便利なアンプとして使用しています。

MICRO CUBE

COSM AMPLIFIER=JC CLEAN(全く歪まないクリーンチャンネルです)

GAIN=2

VOLUME=2(自宅では音量が出せないため、1mくらい音が聞こえる程度の音量にしています)

<EQUALIZER>

TREBLE=5

MIDDLE=5

BASS=2〜3(低域をややカットしてあります)

REVERB=2〜3

 

 【今回使用するエフェクターとセッティング】

<Maxon / ST9Pro+>

Maxon ST9Pro+

Maxon 「ST9Pro+」は、TS系オーバードライブになります。ミッド(中域)が強く出るのが特徴です。ゲイン幅は広く「MICRO CUBE」では、DRIVEをMAXにすると割といいところまで歪みます。

<セッティング>

DRIVE=13時くらい

LEVEL=11時くらい

MID ENHANCE=12時くらい

TONE=12時くらい

ミニスイッチ=CLASSIC(LOW BOOSTは低音と音量が上がるモードです)

 

<Xotix / RC Booster>

Xotix RCbooster

Xotix「RC Booster」は、「GAIN」「TREBLE」「BASS」まで調整できるクリーンブースターになります。いくつかあるクリーンブースターの中では、オーバードライブに近いクリーンブースターです。※現行品は「RC Booster V2」です。

<セッティング>

VOLUME=12時

GAIN=10時くらい

TREBLE=12時

BASS=12時

 

【クリーンブースターをTS系オーバードライブの後段に設置した感想】 

クリーンブースター後段接続

まず、Maxon 「ST9Pro+」の後段にXotix「 RCbooster」を設置してみました。Xotix「 RCbooster」をONにするとVOLUMEツマミを調節した分だけ音量が上がりました。さらに、Xotix「 RCbooster」特有のドン!とした迫力ある上がり方をします。エフェクターは後段に繋いであるエフェクターが優先されるので、この繋ぎ方ではXotix「 RCbooster」← Maxon 「ST9Pro+」が足されます。つまり、Xotix「 RCbooster」がメインになります。Xotix「 RCbooster」は、オーバードライブのような歪みがあるので、Maxon 「ST9Pro+」の歪みとミックスされて、伸びのある太いサウンドになりました。ミニアンプでも十分なリードソロが弾けそうです。

 

【クリーンブースターをTS系オーバードライブの前段に設置した感想】

クリーンブースター前段接続

次に、Xotix「 RCbooster」を前段に繋ぎ、VOLUMEをやや上げてセッティングし直しました。Xotix「 RCbooster」をONにすると、後段の時とは違い、Maxon 「ST9Pro+」の歪みが増しました。この繋ぎ方では、後段のMaxon 「ST9Pro+」が優先されるので、Maxon 「ST9Pro+」← Xotix「 RCbooster」が足されます。Maxon 「ST9Pro+」がメインとなるため、Xotix「 RCbooster」のオーバードライブの性質が足され、よりMaxon 「ST9Pro+」のゲイン(歪み)が増します。

 

【今回のまとめ】

今回のまとめとしては、クリーンブースターの繋ぐ順番で効果が変わってくることがわかりました。それぞれのエフェクターの特性によって効果はやや変わってきますが、クリーンブースターを「後段」に置くと音量が上がり、「前段」に置くと歪みが増すといった変化になります。どちらに設置するかは、使用目的で判断すればいいかなと思いますが、音量調整や一時的な音量アップ(リードソロなど)は「後段」に繋ぎ、音を太くしたり、歪みを足したい時は「前段」に繋ぐといったように使い分けるとスムーズに設置ができるのではと思います。今回は、ミニアンプでの検証になりますが、アンプ自体が歪んでいる「Marshall JCM2000」のリードチャンネルではどのような設置が最適かどうかは、また検証したいと思います。

 

以上、「クリーンブースターの繋ぐ順番と効果測定〜シュミレーション〜」についてでした。

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜

Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000のイコライジング 

前回、「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト」の記事で書いたセッティングでは耳が痛くなってしまいましたが、今回は改善を試みて再度トライしてきましたで、そのことについて書きたいと思います。

<前回の記事はこちら>

www.effectornote.com


【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Maxon ST9Pro+(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM 2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

今回は、前回と同様「Marshall JCM 2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 チャンネルを使用して「アンプの歪み」に「Maxon ST9Pro+」を足してみることにしました。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整。個人練習は音量小さめです。)

GAIN=3ぐらい (5以降は低音が出てくるため、低音が出てこない位置にしました)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=3〜4

DEEP=ON

TONE SHIFT=ON

 
<今回のイコライジングの改善点>

まず、全体的なイコライジングを3まで下げました。PRESENSも0へ。さらに「TONE SHIFT」と「DEPP」のボタンを両方ともONにしてみました。「DEEP」はより低音が出ますが、「TONE SHIFT」をONにすることにより、イコライジングが全体的に下がるので、キンキンした高音が出にくくなるのではと考えました。

 

 

【今回使用したTS系オーバードライブ】

Maxon ST9Pro+

今回、使用したTS系オーバードライブは、前回と同様、Maxon「ST9Pro+」になります。

DRIVE=11時くらい

LEVEL=12時くらい

MID ENHANCE=14時くらい(やや下げて12時くらいでもOK)

TONE=9時くらい

ミニスイッチ=LOW BOOST

<Maxon ST9Pro+の使い方>

今回のMaxon「ST9Pro+」の使い方は、「Marshall JCM 2000」の歪みでリードソロやロングトーンを弾いたい時だけ、ONにしてブーストするという使い方をしました。

 

【Marshall JCM2000のイコライジングを変えて再度トライしてみた感想】

今回は、前回と同様に現在バンドの課題曲であるB’zの「今夜月の見える丘に」の音源(CD)を流しながら通して弾いてみました。再度トライしたサウンドは「Marshall JCM2000」らしいドシッ!としたカッコイイサウンドになりました。前回と比べて「TONE SHIFT」をONにすると弾きやすくなるように感じます。ドンシャリサウンドにはなりますが、弾きやすさを考えると「TONE SHIFT」をONした方が良いのかなと思いました。さらに「DEEP」で低音を加えることにより、全体的にまとまるように感じました。このイコライジングで、Maxon「ST9Pro+」をONにしてブーストすると音がミッドに寄り鋭いサウンドになりました。一見、音が細く感じますが、轟音の中でも切り抜けてくる。そんな印象を受けました。同じカテゴリーの「TS系オーバードライブ」でもブーストしたサウンドの変化は様々だとも思いました。このイコライジングにすることで、前回のように耳が後になって痛くなったり、キンキンと突き刺すような高音は気にはなくなりました。

 

【今回のまとめ】

「Marshall JCM2000」のリードチャンネルで歪みをサウンドを作る場合は、「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンを押した方が良い感じのサウンドが出るのではと思いました。個人的には「Marshall JCM2000」の音作りのポイントは「TONE SHIFT」にあるように思います。「TONE SHIFT」を入れるか入れないかで、全体的なサウンドの方向性が決まるように思います。「TONE SHIFT」を入れる場合は、イコライングは多少上げても問題ありませんが、「TONE SHIFT」を入れない場合は、サウンドが全体的にブライトで高音が上がる傾向があるので、イコライジングは控えめにした方が耳が痛くなりにくいと思います。よくスタジオに入って「Marshall JCM2000」を見ると、基本的にはイコライングは0になっていますが、「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンはONのままになっていることが多くみられます。そういったことも考えると「TONE SHIFT」と「DEEP」のボタンを両方ONにすることはスタンダードなセッティングになっているのかなとも感じました。また、何度も「Marshall JCM2000」リードチャンネルを使用して「TONE SHIFT」と「DEEP」を使ってサウンドや弾き心地を検証してみたいと思います。

 

以上、「Marshall JCM2000のイコライジングのテスト〜改善編〜」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いています>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

Marshall JCM2000のDEEPボタンの効果

Marshall JCM2000のDEEPボタンの効果

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000のDEEPボタンの効果」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000のDEEPボタン

前回は「Marshall JCM2000」のTONE SHIFTボタンの効果について書きましたが、今回は「DEEP」ボタンについて検証してみましたので、簡単にまとめておきたいと思います。

 

【Marshall JCM2000のDEEPについて】

Marshall JCM2000のDEEP

 「DEEP」ボタンは、EQUALISATIONの「PRESENS」ツマミの横にある黒いボタンになります。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 (ボタンを押さない)チャンネルを使用して、「DEEP」の効果を試してみたいと思います。

JCM2000のセッティング

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整)

GAIN=3ぐらい

JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3ぐらい

MIDDLE=3ぐらい

BASS=3ぐらい

REVERB=2ぐらい

DEEP=ON

TONE SHIFT=OFF

 

【DEEPボタンを押してみた感想】

「Marshall JCM2000」の「DEEP」ボタンを押してみた感想としては、低域がボワッと出てきました。特に5、6弦を弾いた時に低域が出てると感じます。「DEEP」ボタンを押すことによって5、6弦をブリッジミュートした時にニュアンスがはっきり出てきます。EQUALISATIONの「BASS」と「DEEP」の併用は、かなり低域が出るサウンドになりました。

 

【BASSとDEEPでの低域の検証】

「DEEP」ボタンを押すことで低域が加えられることがわかりましたが、EQUALISATIONの「BASS」とどう低域が違うのか検証してみました。

JCM2000のセッティング

「DEEP」ボタンを押したまま、EQUALISATIONの「BASS」を0にしてカットしてみました。最初のイコライジングと何度も弾き比べてみると、あまり大きな低域の差は感じられませんが、強いて言えばEQUALISATIONの「BASS」の方は、サウンド全体に低域が上がってくる感じがします。そして、「DEEP」ボタンの方は「BASS」よりも部分的に低域をプッシュする印象がありました。低域を出す意味では、どちらも同じですが、低域が加えられる範囲に微妙に違いがありそうです。

 

【今回のまとめ】

今回は「Marshall JCM2000」の「DEEP」ボタンの検証を試しみましたが、「DEEP」ボタンを押すことにより、低域をさらに加えることができました。個人的には、全体的に低域が上げる場合に「DEEP」ボタンを押すのではなく、現状のイコライジングで5、6弦のニュアンスを強く出したい時に「DEEP」を押すといった使い方が良いかなと感じました。「Marshall JCM2000」は「GAIN」のツマミを上げれば上げる程、歪みと低域が上がってくるので、EQUALISATIONの「BASS」と「GAIN」で、全体の低域を決めて、最初的に「DEEP」で、5、6弦のニュアンスを出すか出さないかといった判断で音作りするとスムーズにサウンドが作れるのではないでしょうか。また「Marshall JCM2000」のイコライジングとボタンを工夫して、アンプ側の音作りを模索したいと思います。

 

以上、「Marshall JCM2000のDEEPボタンの効果」についてでした。

 

<他にもこんな記事を書いてます>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

2017年で最も使ったエフェクター自己ランキングベスト3

2017年で最も使ったエフェクター自己ランキングベスト3

こんにちは。

今回は「2017年で最も使ったエフェクター自己ランキングベスト3」について書きたいと思います。

Rockett Pedals JRAD / Archer

今年一年を通して、ライブやスタジオ練習で様々なエフェクターを試してみて、このエフェクターがあることによって演奏やサウンド良くなったと感じたエフェクターを2017年のまとめとして、ランキングベスト3形式で書いておきたいと思います。

 

【実際にライブに使って良かったエフェクターランキング】

〈自己ベスト3〉

Rockett Pedals JRAD / Archer

Rockett Pedals JRAD Archer

自己ベスト3は、Rockett Pedals「Archer」になります。この「Archer」は、ケンタウロス系オーバードライブになりますが、過去、何度か使い方を模索する中で使いこなせない&使い方がよくわからないエフェクターとなっておりました。2、3度くらいは売却を考えていましたが、BOSS「ST2」の前段にギターボリュームを絞り、試しでクリーンブースターとして使用した時に「Archer」の良さが発揮されました。まだ、記事には書いておりませんが、クリーンブースター「Super Hard  On」よりも艶のある深いクリーントーンになったことがベスト3に入った理由です。ドン底の状態から、今年で一気に価値観が逆転したエフェクターになります。ただ、使用頻度は少なかったため3位にしました。オーバードライブとしてではなく、クリーンブースターとしての評価になります。さらにクリーントーンに磨きをかけることができたエフェクターでした。

<実際に使った曲>

・愛を込めて花束を / Superfry

・恋 / 星野源

 

〈自己ベスト2〉

BOSS「DA2」

BOSS DA2

自己ベスト2は、 BOSS「DA2」になりました。BOSS「DA2」は生産終了しているデジタルディストーションですが、今年は良く使う機会がありました。使い方としては、メインの歪みとして、「Marshall JCM2000」のクランチチャンネルとBOSS「DA2」の歪みをミックスするという使い方をしてました。BOSS「DA2」は、どんなアンプでもギターのキャラクターを変えずにサウンドメイクするというコンセプトを持ったディストーションになります。BOSS「DA2」を「Marshall JCM2000」に足すことで、マーシャルの独特のジャリッとした歪みが抑えられ、粒立ちが良くなります。また、歪みの性質が柔らかいため、硬いサウンドを出す「Marshall JCM2000」を中和し、弾きやすくなる点で、非常に助かったエフェクターでした。演奏したサウンドも好評のようで、使って良かったエフェクターベスト2位にしました。BOSS「DA2」は、「JC120」との相性が良く、同じサウンドが出るため「Marshall JCM2000」+「JC120」の2台同時出力としても使用していました。ディストーションですが、ギターボリュームコントロールの反応は良く、 BOSS「ST2」までとはいきませんが、クリーントーンがある程度まではいけるので重宝しました。曲の雰囲気やフレーズによりますが、ハードロック寄りの太い歪みが必要の場合は、BOSS「DA2」を使用すると曲に合ったという理由もあります。一年通して、意外にも幅広く使えると感じたエフェクターです。

〈BOSS DA2を使用した曲〉

やさしさで溢れるように / JUJU

・Any Way You Want It / Journey

・TRUTH / T-SQUARE

・リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION

 

〈自己ベスト1〉 

 Ibanez「TS9」

Ibanez TS9

 自己ベスト1に、輝いたのはIbanez「 TS9」になります。Ibanez「TS9」は、もっと早くから導入しておけば良かったというのが本音です。Ibanez「TS9」は、歪みエフェクターの前段にブースターとして使用していました。キッカケとなった演奏曲はJourney「Any Way You Want It」の速いソロを弾く際に、どうもピッキングが引っかかりミス連発が多く、悩んでおりました。演奏技術面では、速いフレーズを弾く際に「左手」に意識が行き過ぎて、「右手」が合っていないという指摘を師より受け、「右手」に合わすことでリードソロの成功率を上げることができました。そういった技術面でのベースがありながらも、Ibanez「TS9」でブーストすると、さらに弾きやすくなったという点で、Ibanez「TS9」の評価が高くなりました。それ以降、ソロを弾く時は、Ibanez「TS9」を必ずにONにして弾いています。 色んなTS系オーバードライブがありますが、Ibanez「TS9」が自分には合っていると思います。一年を通して、Ibanez「TS9」が一番演奏の補助してくたエフェクターという意味で、自己ランキングベスト1にしました。

<実際に使用した曲>

・Any Way You Want It / Journey

・TRUTH / T-SQUARE

・今夜月が見える丘に / B'z

・beautiful / Superfry

 

以上、「2017年で最も使ったエフェクター自己ランキングベスト3」についてでした。

Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタンの効果

Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタンの効果

こんにちは。

今回は「Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタンの効果」について書きたいと思います。

Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタン

最近、「Marshall JCM2000」の検証をしておりますが、今までスルーしてきた「TONE SHIFT」のボタンの効果を検証してきましたので、簡単に書いておきたいと思います。

 

【Marshall JCM2000のTONE SHIFTとは】

Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタン

「TONE SHIFT」とは、 「REVERB、CHANNEL /Bのツマミ」と「EQUALISATION、BASSツマミ」の間にある黒いボタンになります。

Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタン

「TONE SHIFT」をポチッと押すことで、「TONE SHIFT」のモードになります。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 (ボタンを押さない)チャンネルを使用して、「TONE SHIFT」に切り替えて試したいと思います。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整)

GAIN=3ぐらい

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=3ぐらい

MIDDLE=3ぐらい

BASS=3ぐらい

REVERB=2ぐらい

DEEP=OFF

TONE SHIFT=ON

 

【TONE SHIFTを押してみた感想】

普段、試しているイコライジングに「TONE SHIFT」を押すと、枯れたようなサウンドになりました。以前、本で「TONE SHIFT」ボタンは、中域を抑えるボタンと読んだ覚えがありますが、ややこもったカラカラのサウンドになりました。不思議と弾きやすくはなりますが、「TONE SHIFT」ボタンを押す前と比べて、サウンドにハリがなくなってしまいました。音抜けも悪かったためイコライジングを再調整することにしました。

 

【再調整したイコライジング

f:id:jundrive3:20171230154209j:image

PRESENS=0
TREBLE=5ぐらい
MIDDLE=5ぐらい
BASS=5ぐらい
REVERB=2ぐらい
DEEP=OFF
TONE SHIFT=ON

 

【再調整したサウンドの感想】

「TONE SHIFT」を押すと、音がこもってしまったため、イコライジングを全体的に2ぐらい上げてみました。すると音がハッキリしてきました。「TONE SHIFT」OFFでは、耳が痛くなるツマミの位置(5ぐらい)でしたが、痛くならず「TONE SHIFT」を押すとイコライジングの効きがグッと抑えられるように感じます。また、「TONE SHIFT」をOFFにした時のサウンドと比べると、よりドンシャリサウンドになった気がします。「Marshall JCM2000」は基本的にドンシャリ傾向ですが、「TONE SHIFT」をONに入れ、全体的にイコライジングを上げるとシャリシャリしたサウンドになります。(人によってはわからない差かもしれませんが)

 

【今回のまとめ】

「Marshall JCM2000」の「TONE SHIFT」を押すとイコライジングの効きが下がることがわかりました。恐らく「TONE SHIFT」はサウンドをドンシャリにするボタンなのではと思います。「TONE SHIFT」をONにする場合は、イコライジングを全体的に上げ目にすると丁度いいサウンドになると思います。PRESENSも上げてもキンキンしにくいと思います。しかし、ドンシャリサウンドになるので、やり過ぎると曲に合わない、またはサウンドが浮いてしまうこともあるので、特定のジャンルには有効なボタンのように感じます。サウンドの方向性はある程度決まりますが、「TONE SHIFT」を押すことによってイコライジングの自由度は多少上がるようにも感じます。「Marshall JCM2000」のリードチャンネルでの音作りで、「TONE SHIFT」はポイントになるボタンではないでしょうか。 

 

以上、「Marshall JCM2000のTONE SHIFTボタンの効果」についてでした。

小さなチューブスクリーマーの実力〜TRIAL PockeTS〜

小さなチューブスクリーマーの実力〜TRIAL PockeTS〜

こんにちは。

今回は「小さなチューブスクリーマーの実力〜TRIAL PockeTS〜」について書きたいと思います。

TRIAL PockeTS

 今回はかなり以前に購入し、あまり使っていなかったTRIAL「POCKE TS」を取り出し、「Marshall JCM2000 」のリードチャンネルに合わせてみましたので、そのことについて書きたいと思います。

 

【今回使用する機材】

PRS CUSTOM 22(ギター)→TRIAL「PockeTS」(TS系オーバードライブ)→Marshall JCM2000(アンプ)

 

【TRIAL / Pocke TSのセッティング】

このTRIAL「Pocke TS」は、ハンドメイド製のTS系オーバードライブになります。とにかく小さい&軽いです。

TRIAL PockeTS

この小さい箱に3つのツマミ「OVERDRIVE」「TONE」「LEVEL」が構成されています。

OVERDRIVE=11時くらい。 MAXにすると程よいくらいの上質なオーバードライブサウンドになります。「JC120」でもオーバードライブくらいならいけそうです。

TONE=9時くらい。かなり高音が出るモデルのように感じます。特に「Marshall JCM2000 」では、トレブリーになる傾向があったので、エフェクター側で下げました。

LEVEL=12時くらい。出力は低くもなく高くもなくとった丁度良いレベル具合だと思います。

 

【Marshall JCM2000のセッティング】

「Marshall JCM2000」はULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1 (ボタンを押さない)チャンネルを使用して、TRIAL「PockeTS」で歪みを足しながらブーストします。

Marshall JCM2000のセッティング

VOLUME=2ぐらい(ドラムの音量と環境によって調整)

GAIN=3ぐらい(効果を知りたいので歪みを抑えたセッティングです)

Marshall JCM2000のセッティング

PRESENS=0

TREBLE=2.5ぐらい

MIDDLE=2.5ぐらい

BASS=2.5ぐらい

REVERB=2ぐらい

DEEP=OFF

TONE SHIFT=OFF

 

【PockeTSでMarshall JCM2000をブーストしてみた感想】

 TRIAL「PockeTS」で「Marshall JCM2000」の歪みをブーストしてみた感想としては、カラッとしたようなサウンドに変わりました。様々なTS系オーバードライブを試していますが、TRIAL「Pocke TS」は、パリッとまではいかなくとも、カラッとしてザクザクしたような歪みになります。軽い印象になります。TRIAL「PockeTS」の特徴は、歪みにあるように感じますが、比べるとIbanez「TS9」に似てるようにも思います。しかし、Ibanez「TS9」よりもう一段、歪みの質が良い印象を受けました。気になった点は、サスティーンがあまり伸びないところです。歪みは良いですが、サスティーンはIbanez「TS9」の方が伸びるように感じました。TRIAL「Pocke TS」は、TS系オーバードライブでも「ドライブ系(歪み特化型)」の位置付けになりそうです。「Marshall JCM2000」のリードチャンネル使用では、常にONにして弾いていたいサウンドです。

 

【今回のまとめ】

今回は、TRIAL「Pocke TS」を「Marshall JCM2000」で試してみましたが、小さいながらも上質なオーバードライブサウンドを出してくれました。TRIAL「Pocke TS」は15,000円を超える高価なエフェクターになります。その価格だけのサウンドはあると感じました。名前の通りポケットに入れてブーストしたい時に使うといいかもしれません。TRIAL「Pocke TS」は、まだOne Controlなどのミニエフェクターが少ない時期に発売されたTS系オーバードライブになります。振り返ってみると、ミニサイズながらもこの形状のミニエフェクターは珍しいように思います。購入した当初は、小さ過ぎて一瞬オモチャみたいと思いましたが、試奏するとクオリティーが高いことに気付き、新品で購入しました。ミニエフェクターは個人的には好きなモデルではありますが、ミニだからといってもサウンドが劣ることなく使えることに面白さを感じています。TRIAL「POCKE TS」は、マニアックなTSオーバードライブになるかも知れませんが、気になる方は一度、試してみてはいかがでしょうか。自分にとってTRIAL「Pocke TS」は、実戦的に使えるモデルですが、ミニコレクションにしたい一台です。

 

以上、「小さなチューブスクリーマーの実力〜TRIAL Pocke TS〜」についてでした。

 

<関連記事>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

歪みエフェクターの評価はアンプで変わる

歪みエフェクターの評価はアンプで変わる

こんにちは。

今回は「歪みエフェクターの評価はアンプで変わる」について書きたいと思います。

Leqtique 9/9とRoland MICRO CUBE

ここ最近「歪み系エフェクター」を様々な環境やアンプで試してみましたが、アンプによってエフェクターの音や反応は違ってくるように思います。今回は、今まで試した「歪み系エフェクター」で音や反応がかわってしまったエフェクターをいくつかピックアップして書きたいと思います。

 

【極端に言えば大型アンプか小型アンプで音が変わる】

JC120

「歪み系エフェクター」を使用していて、出る音が変わったり、反応が変わることで多いのは「JC120」や「Marshall JCM2000」などの大型アンプに繋いだ時だと思います。自分の環境下では、まず購入した時に自宅に置いてある小型アンプ、Roland 「MICRO CUBE 」でサウンドをチェックします。ディストーションなどハイゲインなエフェクターは、小口スピーカーでは良い音がする傾向があります。しかし、実際にスタジオに足を運び「JC120」で試してみると、なんだか真ん中に詰まったようなサウンドで、「自宅のミニアンプで弾いた時のような伸びのあるサウンドにならない、、」「なんだかイマイチだな、、」みたいな現象が、今まで試した歪み系エフェクターでかなりありました。歪み系エフェクターは、アンプの大きさ、種類により反応が左右される傾向が強いと思います。

 

【評価が下がってしまった歪み系エフェクター

ミニアンプで試した時は、素晴らしいサウンドだったのに「JC120」で試したらイマイチと感じた「歪み系エフェクター」の一部をご紹介します。

 

〈Leqtique 9/9〉

Leqtique 9/9

Leqtique「9/9(ナインナイン)」になります。こちらは一応、「JC120」で試奏をして、ギターの原音がクリアに出ていた効果が気になり購入しました。購入当初は、自宅のRolandMICRO CUBE」で試していましたが、出したサウンドが素晴らしく気に入りましたが、いざ「JC120」で試すと急に失速したかのような伸びのない歪みサウンドになってしまいました。Leqtique「9/9」は、「Marshall JCM2000」のクリーンチャンネル(CLEAN)と相性が良いですが、あまり汎用性がないと判断して、自分の中で評価を下げてしまいました。RolandMICRO CUBE」では、最高の歪みサウンドが出るのに惜しいエフェクターです。

 

〈Xotic  SLdrive〉

Xotic SLdrive

 Xotic「SL Drive」になります。この「SLdrive」は元々、BOSS「ST2」の代わりになるアンプライク系エフェクターを探して見つけたものになります。購入以前に「BOSSのST2は音がこもるため、SLdriveに乗り換えた」といったレビューを見て、勝手な解釈でBOSS「ST2」よりも質がいいのかなと購入しました。が、、確かにミニアンプの「MICRO CUBE」では、BOSS「ST2」よりも Xotic「SLdrive」の方がサウンドがハッキリしていて、マーシャルらしい歪みでしたが、実際に「JC120」で試したところ、Leqtique「9/9」と同じように歪みが詰まって失速したようなサウンドになってしまいました。参考にしたレビューは、恐らく自宅の小口アンプでBOSS「ST2」を試した感想だったのでしょう。比べてみると、確かにBOSS「ST2」はややサウンドがこもりますが、「JC120」や「Marshall JCM2000」でBOSS 「ST-2」を使用した方が、逆にサウンドがハッキリします。Xotic「SLdrive」とでは、真逆の効果になります。Xotic「SLdrive」は、ゲインブースターとしては個人的には高く評価してますが、「JC120」ではメインの歪みとしては難しいのではと思います。アンプを「JC120」で使うならば、BOSS 「ST-2」の方が確実&最適です。Xotic「SLdrive」は、ミニアンプでヴィンテージマーシャルサウンドを楽しむ専用のエフェクターといった立ち位置に、自分の中ではなりました。(実践的にゲインブースターとしては使うにはオススメです)

 

〈Carl Martin Hot Drive'n Boost Mk3〉

Carl Martin/Hot Drive'n Boost Mk3

 Carl Martin「Hot Drive'n Boost Mk3」になります。ギターのボリュームコントロールに反応するオーバードライブです。こちらもミニアンプの「MICRO CUBE」では、ギターの原音がクリアにでオーバードライブでかなり好印象でしたが、スタジオの「JC120」で試したところ、悲劇的にもサウンドが詰まってしまいました。「JC120」では、不思議なくらい音が伸びない現象が起ります。音の詰まりを解消するために「JC120」側で何か対策をしなければいけないように感じましたが、それをするくらいならBOSS 「ST-2」を使ってギターボリュームコントロールを絞った方が早いという結論に至り、RolandMICRO CUBE」専用の2in1オーバードライブとなりました。

 

以上、3つの「歪みエフェクター」をピックアップしましたが、結果的にはRolandMICRO CUBE」では、オススメのエフェクターになります。(逆に、JC120使用ではあまりオススメできない、もしくは他にもっと相性の良いエフェクターがあるエフェクターになります)

 

【今回のまとめ】

今回のまとめとしましては、サイトなどのレビューなどの評価は、使用するアンプによって「最高」にも「最悪」になりうる可能性があります。

アンプの大きさや種類で、「歪み系エフェクター」の反応は間違いなく変わります。ギターが変われば尚更のことだと思います。アンプを変えてもサウンドが変わらない「歪み系エフェクター」は実際にはありますが、基本的にはアンプによってサウンドが変わると思っていた方が無難だと思います。何十個くらい試してみて感じことは、ミニアンプ(小径スピーカー)で、ハッキリとしたサウンドが出る「歪み系エフェクター」は、疑った方がいいと思います。逆に、ミニアンプで、音がこもってモコモコしてイマイチなモノほど、スタジオでは活躍する可能性を秘めていることが多いです。「歪み系エフェクター」を購入の際は、まず「自宅で小型アンプ使用(練習用)」or「スタジオの大型アンプ使用(実戦用)」なのか、どちらかをしっかり決めた方が失敗率が低くなります。両方で対応したい場合は、どんな環境下でも同じサウンドが出せるものを探した方が良いと思います。ミニアンプでライブをする場合は、そのアンプにあった最高の「歪み系エフェクター」を使った方が良い結果が出ると思います。トータルな印象としてハンドメイド製のエフェクターは、特によく試奏して判断することをオススメします。YouTubeなどの動画はあくまでも製品紹介として見て、サウンドの判断材料としては見ない方がいいと思います。

 

以上、「歪みエフェクターの評価はアンプで変わる」についてでした。

 

<関連記事>

www.effectornote.com

www.effectornote.com