エフェクターノート

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

OCDをクリーンブースターとして使う

こんにちは。

今回は「OCDをクリーンブースターとして使う」について書きたいと思います。

最近、クリーンブースターにも使えるオーバードライブに着目してみましたが、

「OCD」をクリーンブースターとして使って実際に演奏したことがあったので、思い出しながらセッティングや組み合わせをご紹介したいと思います。

f:id:jundrive3:20170623173816j:image 

【簡単にOCDのご紹介】

Fulltoneというメーカーから出ている「OCD(Obsessive Compulsive Driveの略)」でオーバードライブ/ディストーションとなります。倍音が煌びやかな特徴を持つ歪み系エフェクターで、 メインの歪みエフェクターとしては勿論のこと、LEVELを上げてクリーンブースターとしても使えるエフェクターです。

 

【OCDのクリーンブースターセッティング】

 「OCD」をクリーンブースターにした時のセッティングになります。

 

f:id:jundrive3:20170623112534j:image

 LEVEL=3時ぐらい(MAXに近い状態)

DRIVE=7時ぐらい(完全0)

TONE=12時ぐらい

mini switch=LP(アタックが抑えめのモード)

 「OCD」は「Drive」を0にしても音が出るので、完全クリーンブースターとしても使えます。

 

 【OCDをクリーンブースターに使ったキッカケ】

「OCD」をクリーンブースターに使うキッカケとなったのは、初めてフュージョン系の曲をライブで弾く時に、音作りが決まらなかった時です。普段は歪ませて弾くことが多いですが、ジャンルが変わるとハイゲインサウンドそのままでは曲に合わないことがあります。フュージョン系の曲に合うサウンドを作る必要があり、なかなか慣れない音作りに悩まされてヒントを探していたところ「ケンタウロス系オーバードライブ」を使って「BOSS / OD1」をブーストして音作りされているギタリストの方の動画を見て、組み合わせの参考にしました。

ケンタウロス系オーバードライブ」は非常に高価なエフェクターが多いので、当時、手持ちのエフェクターでなんとか同じような効果ができるエフェクターがないかと、何度も悩みながらスタジオで組み合わせの試行錯誤をしながら見つけたのが、この「OCD」をクリーンブースターとして使う方法でした。

考え方としては、音が丸い「TS系OD」のサウンドをそのまま活かして、よりアタック感を「OCD」で強化するという考え方です。

 

実際のセッティング】

PRS(ギター)→「OCD」→「TS9」→Marshall JCM 2000(アンプ)

初めて「OCD」をクリーンブースターとして使った時の組み合わせは「OCD」とBOSS「SD1」でしたが、今回は最近手に入れたIbanezの「TS9」で試したいと思います。アンプは「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUCH OFF)のセッティングでいきます。

「Marshall JCM 2000」のイコライジングです。 

f:id:jundrive3:20170623121423j:image

VOLUME=3ぐらい

GAIN=2〜3ぐらい

CRUNCHOFF

※VOLUMEとGAINについて、いつもは各ツマミを5ぐらいでスタートしますが、今回試した「Marshall JCM 2000」はCRUNCH OFFにも関わらず、音量がいつもより大きく感じたのでかなり控え目になってます。

 f:id:jundrive3:20170620211053j:image

PRESENCE=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=2

※DEEPとTONE SHIFTはOFF

  

【OCDをクリーンブースターとして使った感想】

f:id:jundrive3:20170623173757j:image

「OCD」+「TS9」の組み合わせは、ハイゲインサウンドとはまた違ったサウンドになりました。弾く感覚が違ってきます。歪みの成分が少ないので、しっかりとしたピッキングやフィンガリングをしないとミスが多くなることがありますが、「OCD」でブーストすることでアタック感が増すので多少弾きやすくなると思います。テクニカルなフレーズ時にニュアンスや技術力がそのまま反映される組み合わせでもあります。

今回の組み合わせた「TS9」はGAINはそんなに上げてはいませんが、歪みが足らない場合はGAINをMAXにするとより弾きやすくなると思います。(ただノイズが多くなるというデメリットはあります)

試行錯誤した中では「OCD(クリーンブースト)」+「TS系オーバードライブ」の組み合わせが一番音が良かったです。フュージョン系には合うサウンドだと思います。「TS系OD」は音が歪んでも音が埋もれたりしないので、ちゃんとギターの音が聴こえてきます。この組み合わせの後に空間系エフェクター、ディレイなどをかけるとより良い感じが出ます。

「Marshall JCM 2000」と「TS系OD」の相性の良さもありますが「OCD」をクリーンブースターとして使う方法は実戦的に使えるセッティングだと思いました。

 

【TS9とSD1ではどちらがいいか】

ちなみにBOSS「SD1(ノイズレス改造Ver)」を「OCD」で久しぶりにブーストして見ましたが、「TS9」と比べると「SD1」の方が少しドライブ感が出るので、弾きごたえがあります。好みで分かれますが、自分は少しズラつく「SD1」が好きなので、この組み合わせでは「OCD」+「SD1」の組み合わせが個人的にはベストです。「TS9」は素直にブーストされるので「TS9」の音色にアタック感をプラスしたい方は「TS9」を選択するといいかなと思います。

f:id:jundrive3:20170623173842j:image

 

 OCDクリーンブースターのまとめ】

良い音の基準は、個々で持っていればいいと思いますが、自分なりのエフェクターの使い方を普段から模索していると、いざという時に音作りの時間短縮にもなるので、1つのエフェクターと向き合うことも時には大事かなと感じる機会でした。セッティングの参考になればと思います。

Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜JC120編〜

こんにちは。

「Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜JC120編〜」を書きたいと思います。

 

さて、前回は「SDT-2」と「9/9」の弾き比べを「Marshall JCM 2000」で試してみましたが、今回は「JC120」で試してみたのでご紹介したいと思います。

 

f:id:jundrive3:20170624211026j:image

 

【試したディストーションの簡単なご紹介】

・Providence 「SDT-2」

f:id:jundrive3:20170620202637j:image

歪みの粒が細かく粘りがあるディストーションです。明るく力強いハッキリとしたサウンドです。

 

 ・Leqtique「 9/9」

f:id:jundrive3:20170620202831j:image

クリアな歪みサウンドで、コードの分離感も良好なディストーションです。

コストパフォーマンに優れてる注目のエフェクターブランドです。

 

【今回のJC120のセッティング】

ギター(PRS)→「9/9」→「SDT-2」→アンプ(JC120)

f:id:jundrive3:20170624213534j:image

 【今回のJC120のイコライジング

f:id:jundrive3:20170624213718j:image

VOLUME=2〜3(環境により調整)

TREBLE=4〜5

MIDDLE=4〜5

BASS=4〜5

DISLTORTION=0

REVERB=2〜3

BRIスイッチはOFF

f:id:jundrive3:20170624214557j:image

ハムバッカーのピックアップなので、自分はLOWにシールドを差してます。

f:id:jundrive3:20170624214758j:image

今回はチャンネルリンクをすると、歪みが増して濁る感じがしたのでチャンネルリンクなしにしました。

 

Providence SDT-2

 まず、「SDT-2」を「JC120」で試してみました。

f:id:jundrive3:20170624215445j:image

 「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)使用時とあまり変わらない歪みでした。荒々しい歪みをします。この「STD-2」はGAINを上げる程ファズっぽくなるので、前回と比べてGAINをかなり絞りました。このくらいでも十分「JC120」でも歪みます。少し抑えた方が弾いた時に歪みのコントロールがしやすかったです。サウンドは歪みがジリジリしているのにも関わらず、輪郭があるパワフルなサウンドです。ずっと弾いていたい、わかりやすいディストーションだと思いました。「9/9」よりは「SDT-2」の方が扱いやすいです。

また、フットスイッチガードがあることで、安心して踏める(踏みやすい)という発見もありました。Providenceエフェクターならではの良さです。

f:id:jundrive3:20170624235609j:image

 

 

 【Leqtique 9/9】  

 次に、「9/9」を「JC120」で弾いてみました。

f:id:jundrive3:20170624221521j:image

「9/9」は「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)使用時の時に感じていた低域(TONE=真ん中のツマミ)を思い切って0にしました。低域をカットすることで、よりスッキリしたサウンドにしました。こちらのセッティングの方が弾いていて良かったです。「9/9」はかなり全体的にツマミの効きが強力だと思います。また「9/9」は「SDT-2」と比べると、歪んでいてもギターの原音がハッキリ出ます。そのため歪んでいてもここぞという音を弾いても音が聞こえてきます。強く弾けば弾く程、ギターの原音が出てくるので音抜けは「STD-2」より良いです。歪んでいるのに原音がしっかり出るのがこの「9/9」の最大の特徴だと思います。「STD-2」は明るくジュワッとするサウンドに対して、「9/9」はどちらかと言えばカラッとしたサウンドです。

また「9/9」はギターのボリュームコントロールにもかなり反応しますが、完全にクリーンにならずボリュームを絞った感覚ではディストーション傾向がやや強いかなと思いました。

「9/9」はGAINを0にしてもかなり歪みました(ギターボリュームコントロールはフル10)

 

「9/9」は真空管アンプのようなニュアンスもあると思いますが、多段にサウンドが作れるので、あらゆる要素を含む新感覚の歪みペダルだと個人的には思います。音作りや使い方が幅広い分、使いこなすのも難しいのではと見ています。

オーバードライブ/ディストーションのカテゴリーになります。

「9/9」は「Marshall JCM 2000」と「JC120」で弾き比べるとが良い音がするのは「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CRUNCH OFF)の方でした。一度オススメしたいサウンドです。  

【Providence SDT-2 と Leqtique 9/9〜JC120編〜まとめ

さて、今回は「SDT2」と「9/9」を「JC120」で試してみましたが、セッティングが決まってしまえば良い感じで使えます。両方とも単体で充分使えるペダルです。各ペダル、リード向きペダルの傾向が強いですが、原音が強く出る「9/9」はさらにテクニカルフレーズで、明るく輪郭がハッキリしている「SDT-2」はバッキングでというに向いているのではと個人的には思いました。

また、「Marshall JCM 2000」と比べて「JC120」で弾くとどうしても平面的なサウンドが気になってしまいました。今回を機に「JC120」をより真空管アンプのような奥行きがあるサウンドにするにはどうすればいいかを考えたいと思います。

Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜Marshall JCM 2000編〜

こんにちは。

今回は「Providence SDT-2 と Leqtique 9/9 スタジオで比較しました〜Marshall JCM 2000編〜」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170620210513j:image

 

最近、BOSS以外のディストーションが気になり「Providence SDT-2」と「 Leqtique 9/9」を立て続けに購入してみました。中古での購入で値段はどちらも同じくらいの値段でしたが、今回は実際にスタジオに行って弾いてきましたのでご紹介したいと思います。

 

【試したディストーションの簡単なご紹介】

・Providence 「SDT-2」

f:id:jundrive3:20170620202637j:image

歪みの粒が細かく粘りがあるディストーションです。明るく力強いハッキリとしたサウンドです。

 

 ・Leqtique「 9/9」

f:id:jundrive3:20170620202831j:image

クリアな歪みサウンドで、コードの分離感も良好なディストーションです。

コストパフォーマンに優れてる注目のエフェクターブランドです。

 

【実際にスタジオで弾いてきました】

f:id:jundrive3:20170620210743j:image

今回は、「Marshall JCM 2000」のクリーンチャンネル(CLASSIC GAIN / CANNEL A  / CRUNCH OFF)で試しました。

f:id:jundrive3:20170620210720j:image

今回は、歪みが強いディストーションなので、クリーンチャンネルでセッティングにしました。

クランチチャンネル (CRUNCH ON)でも問題はありませんが、Marshall JCM 2000」のアンプ自体の歪みにGAINが追加される傾向が強く、ディストーションの個性が出にくいため今回はOFFにしました。(ボタンを押してない状態)

f:id:jundrive3:20170620211000j:image

Marshall JCM 2000のセッティングとイコライジング

PRS(ギター)→ディストーションMarshall JCM 2000(アンプ)

VOLUME=3ぐらい

GAIN=2〜3ぐらい

CRUNCHはOFF

 f:id:jundrive3:20170620211053j:image

  PRESENCE=0

TREBLE=3

MIDDLE=3

BASS=3

REVERB=2

※DEEPとTONE SHIFTはOFF

 

 Leqtique 9/9+Marshall JCM 2000(クリーンチャンネル)】

 f:id:jundrive3:20170620211423j:image 

まず、「9/9」をMarshall JCM 2000で弾いた感想です。

エフェクターをONに踏んで、はじめに感じたことは、音が太いと感じました。TONEのツマミを12時に設定していたこともありますが、存在感がありながらもスッキリとした繊細な感じがしました。「SDT-2」とは違い、クリアな歪み方をするディストーションです。ハイゲインですが、クリーンの原音が強調されている感じがしました。

 

 

【Providence SDT-2+Marshall JCM 2000(クリーンチャンネル)】

 f:id:jundrive3:20170620211312j:image

次に、「SDT-2」をMarshall JCM 2000で弾いた感想になります。

ONに踏んだ瞬間にドシッとした芯があるサウンドが飛んできました。音圧がすごいです。キャラクターが明るいのでハッキリとした音が出るため、体感上ではかなりガツンときました。いくつかフレーズを弾いて見ましたが、歪みにジリジリとした粘りがあるサウンドです。歪み成分が濃厚なのが「SDT-2」の歪みの特徴かなと思いました。ギターソロなどが弾きやすかったです。

「SDT-2」は、ディストーションではありますが、ややファズの要素も入ったディストーションかなと感じました。GAINを13時ぐらいに設定していましたが、ややGAINを抑えた方がよりスッキリとしたサウンドになると思います。(LEDがかなり眩しいので長く画像を見ないでください)

   

 【2つのディストーションを比較のまとめ】

今回、ディストーションを実際にスタジオで弾いて比較して見ましたが、動画などで聴いた感じでは、同じようなディストーションと思っていましたが、全くキャラクターが違うディストーションという結果になりました。

「SDT-2」と「9/9」両方とも個人的には好みのディストーションでしたが、歪みの性質が明確に異なる点が使いこなすポイントになるかなと思いました。

ディストーション2つもエフェクターボードに入れる人は少ないと思いますが、個人的にまとめますと、

Providence SDT-2明るくガッツリとしたパワフルなサウンド。歪みがファズよりなので、ギターソロやずっと弾きまくる時に使いたいディストーション

Leqtique 9/9…ハイゲインながらも原音が強く出るクリアなサウンドで、繊細さと器用さを持つディストーション

と言った感じでしょうか。

エフェクターの見た目の印象がそのままサウンドに表現されていると思いました。

キャラクターにすると、「SDT-2」は、明るくガッツある図太いヤツみたいな感じ。「9/9」は、繊細でミステリアスな雰囲気を持つ天才肌みたいな感じです。

 同じディストーションでもメーカーやブランドが変わると、微妙に違いが出るところが面白いと思う反面、また「歪み探し」を始めてしまいそうな予感がしますが、可能な限りサウンドを追い求めてみたいと思います。

また時間か足らなかったので「JC120」との相性は改めて試したいと思います。

 

 今回は違うブランド同士の比較でしたが、BOSSのディストーションとも比較して見たいと思っています。

Leqtique(レクティーク)9/9 ディストーション レビュー

こんにちは。

今回は「Leqtique(レクティーク)9/9 ディストーション レビュー」について書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170619223755j:image

 

このLeqtique(レクティーク)の「9/9 (ナインナイン)」は、最近、楽器屋に行った時につい気になったので、モノは試しで試奏をしてみました。JC120で試奏をしたのですが、歪みの感じが好印象。ボディも何か期待させるようなペイントで、中古なのでやや塗装が落ちていましたが、それでも魅力を感じて購入しました。(レクティークのエフェクターは塗装が落ちやすい仕様になっているみたいです)

 

【基本のセッティングチェック】

f:id:jundrive3:20170619224616j:image

 それでは、基本のツマミをチェックしたいと思います。まず、どれがどのツマミの文字がないのがレクティークです。中古のため箱も説明書がありませんでしたが、大体ディストーションが同じような構成なので、各ツマミを触りながら確認しました。

f:id:jundrive3:20170619225623j:image

左からLEVEL(音量)、真ん中がTONE / BASS(低域)、右がGAIN(歪み)になります。TONEの横にある小さいツマミはおそらく「高域」を調整できるツマミだと思います。

 

まず、右のLEVEL(音量)は、10時くらいがアンプと音量差がない位置でした。かなり出力が高いです。

真ん中が/ BASS(低域)は、右に回すと音が太くなっていきます。効きは良いです。

右がGAIN(歪み)は、11時くらいで相当歪みます。ディストーションでこのくらいで歪むのは初めてです。「9/9」はかなりのハイゲインディストーションになります。

f:id:jundrive3:20170619230050j:image

 最後は、TONEの横にある小さいツマミです。こちらは「高域」を調整できるツマミだと思いますが、左に回していくと、音がこもります。右に回すと「高域」が上がってきます。

 と、思いきや、

もう1つ「9/9」には、隠れツマミがありました。裏フタをパカッとあけた基盤についている青いパーツ。

f:id:jundrive3:20170620202128j:image

こちらが「中域(ミッドカット)」のツマミだそうです。50%カットになってました。なかなか仕掛けが多いペダルです。

   

【ミニアンプで弾いてみました】

f:id:jundrive3:20170619233530j:image

自宅のミニアンプRolandmicro cube」で弾いてみました。楽器屋で試奏した時も感じましたが、歪みがクリアな印象です。コードの分離感も良好です。TONEのセッティングにもよりますが、音が太めです。若干、音がこもる感じがしますが、セッティング次第で解消できると思います。LEDがパープルなのもカッコイイですね。

BOSSのディストーションとは見た目も違い、上級者向けのような雰囲気を醸し出すペダルです。アナログ回路のハンドメイドど作られているのにも関わらず、コストパフォーマンスに優れているエフェクターというのも珍しいです。

f:id:jundrive3:20170619234247j:image

  新品で3万ぐらいはしそうですが、半分くらいの値段で販売されている「9/9」ディストーション。裏のフタを開けただけでテンションが上がりそうです(わかる人にはわかる赤いパーツが使われいます)ちなみ電池駆動も可能です。このエフェクターはかなりすごいエフェクターの予感がします。

 

次回はスタジオで大きな音量で弾いて「9/9」の実力を見てみたいと思います。

SDT-2 Providence レビュー

こんにちは。

今回は「SDT-2 Providence レビュー」を書きたいと思います。

f:id:jundrive3:20170620202903j:image

 

この「SDT-2 Providence レビュー」は、良さげなディストーションを探していた時に、たまたまyoutubeの動画を見て、いい感じの歪み方だったのでずっと気になっていました。

また、楽器屋に行った時に「SDT-2 」を偶然、他の方がJC-120で試奏されていて、そのサウンドを聴いて、すごいキレがよく「このエフェクターは絶対間違いない(拳)」と、いつか買おうと思っていましたが、なかなか「SDT-2 」が出回っておらず、価格も高いため手が出せずにいましたが、やっと最近中古特価で見つけたので購入しました。1〜2年ぐらい経ってしまいましたが、はじめて「Providence」のエフェクターとなります。

 

【基本のセッティングチェック】

この「SDT-2 」は4つのツマミから構成されています。OUTPUT、GAIN、BASS、TREBLEとなります。

f:id:jundrive3:20170618121511j:image

 割とOUTPUT(出力)は高いです。10時ぐらいがアンプの音量と差がない範囲でした。

f:id:jundrive3:20170618121631j:image

GAIN(歪み)は、13時ぐらいの方向が歪みが増す位置です。13時以降は歪みが深くなりあまり変わらないので、この位置が適切と思います。

GAINを0にしても歪みます。オーバードライブよりのクランチサウンドになります。少しジリジリした歪み方をします。

f:id:jundrive3:20170618121957j:image

BASS(低域)はあまりツマミの位置を変えても変わらないので13時ぐらいで、TREBLE(高域)はBASSのツマミとは違い効きがすごく良いです。MAXにするとかなりの高音が出ます。TREBLEはアンプによって位置が変わると思うので12時を基本にしておきます。

 

あとは、LEDが ブルーなので、眩しいライトが飛び交うステージや暗いステージでのエフェクトのON/OFFの確認がしやすいです。視認性が高いです。(※かなり強い光なので、あまりLED部分を見過ぎないでください)

 f:id:jundrive3:20170618122940j:image

もう1つ他のエフェクターと比べて気になったのがフットスイッチ部分。スイッチガードでしょうか。Providenceならではの仕様となっています。スイッチは普通に踏める硬さなので、ストレスなくON/OFFができます。

 

f:id:jundrive3:20170618123153j:image

 

【ミニアンプで弾いてみました】

最近、なかなかスタジオに行けておりませんが、家のミニアンプRolandmicro cube」での感想になります。

f:id:jundrive3:20170618125428j:image

アンプのセッティングはクリーンチャンネル使用で、ONにして弾いた感想といたしましては、歪みの粒が細かくハッキリした明るいサウンドのディストーションです。動画や試奏していた通りのサウンドでした。スタジオなどで、大きな音量で弾くとまた聴こえ方は変わってくると思いますが、自分好みのサウンドです。

弾き心地は、若干コンプレッションが強めで、音が潰してあるような歪みの印象がありました。粘りがあるような歪みをしますので、弾きやすいです。しかし、粘りがある分、アタック感は抑えめです。強く弦をアタックしても、吸収する感じがしました。アタック感をこの「SDT-2 」で出したい場合は、中域が上がる「TS系オーバードライブ」を前段に加えるといいと思います。

 

今回は、ミニアンプでの感想になりましたが「SDT-2」は、弾きやすく音がハッキリしたディストーションでした。歪ませてソロを弾くなど、サウンドを変えずに弾きまくる人にはベストなペダルだと思います。また、スタジオでJC120やMarshallのアンプを使うとどうなるか試したいと思います。

ミニマム大作戦③

こんにちは。

今回は「ミニマム大作戦③」を書きたいと思います。

 前回の「ミニマム大作戦②」の続きになります。今回は「2in1エフェクター」を使ってエフェクターボードの軽量化を試したいと思います。

 

【2in1エフェクターとは】

2in1エフェクターとは、歪み系エフェクターにクリーンブースターが一緒になったペダルです。1つ持っているとギターソロの時や持ち運びにとても便利です。

f:id:jundrive3:20170615212154j:image

 

【ミニマム大作戦③】

それでは持っているを「2in1エフェクター」を使って、一番小さいエフェクターボードに組み込んでみたいと思います。 

サイズは、横320mm×高さ220mmです。

 

歪み系エフェクターは、ギターのボリュームに反応しやすいペダルを選んで、「歪み系エフェクター」+「ブースター」と「空間系エフェクター」の構成で組んでみたいと思います。

 

【実際エフェクターボードを組んで見ました】

「2in1エフェクター」+「空間系エフェクター」 

f:id:jundrive3:20170615212303j:image

「HOT DRIVE'N BOOST MK3 / CARL MARTIN」→「CHRONO DELAY / Providence」とこの2つで組んでみました。

「HOT DRIVE'N BOOST MK3 / CARL MARTIN」はギターボリュームの反応するタイプのエフェクターで、さらにクリーンブースターがついています。ある程度のジャンルや曲ならこれ1つで対応できそうです。空間系は「CHRONO DELAY / Providence」をチョイスしました。このディレイは2つまでセッティングを保存できるので、ディレイタイムを変えたい時にあらかじめセットしておけばA/Bで切り替えることができます。この2つがあれば、対応力とエフェクターボードの軽量化にもつながるのではと思いました。

デメリットは、この2つのエフェクターに共通しますが、パワーサプライが使えないことです。2つとも専用アダプターがついてますので、使用する場合は延長コンセントが必須という点です。

f:id:jundrive3:20170615212449j:image

スタジオには置いてあることが多いので問題ありませんが、アンプも使うとなると3つコンセントを使用するので、万が一を考えて延長コンセントは持っていた方がいいかもしれません。

f:id:jundrive3:20170615212507j:image

また「HOT DRIVE'N BOOST MK3 」は、エフェクターボードの縁とシールドがぶつかるので配置に気をつけなければいけません。シールドをL字プラグのタイプにしたり、ジャンクションボックスを使うなど工夫が必要です。

f:id:jundrive3:20170615212650j:image

 「CHRONO DELAY 」も平たく高さがないエフェクターですが、ジャックが縦についてるモデルなので問題なくシールドがさせます。

f:id:jundrive3:20170615212731j:image 

【最後のまとめ】

今回は「2in1系エフェクター」の構成で組んでみましたが、コンセントのことさえクリアすれば、かなりエフェクターボードも軽くシンプルに組めることができました。余程、サウンドを変えないのであればこういった組み合わせでもいいかなと思いました。

 

また、エフェクターボードの軽量化については試したいと思います。

ぜひ、エフェクターボードが重くて困ってる方は参考にして頂けたら幸いです。

ミニマム大作戦②

こんにちは。

今回は「ミニマム大作戦②」を書きたいと思います。

 

前回の「ミニマム大作戦①」の続きで、今回はミニサイズのエフェクターを使ってエフェクターボードの軽量化を試したいと思います。 

 

f:id:jundrive3:20170614210830j:image

 

 ミニマム大作戦②】

それでは持っているミニエフェクターを使って、一番小さいエフェクターボードに組み込んでみたいと思います。

 

f:id:jundrive3:20170613220954j:image

 サイズは、横320mm×高さ220mmです。

 

パッチケーブルは、エフェクター間のスペースをできる限り詰めたいので、前回と同様ベルデン(15cm)を使用します。両方ともL字タイプです。

f:id:jundrive3:20170613221032j:image

 

エフェクターは、できる限り幅広い曲を演奏したいのとスタジオの環境を想定して、基本的に「歪み系エフェクター「ブースターも可能なエフェクター「空間系エフェクターに絞り込みました。

 

【実際エフェクターボードを組んで見ました】

 〈パターン1〉「TS系OD」+「クリーン系OD」

f:id:jundrive3:20170614211327j:image 

「Pocke TS / TRIAL」→「Strawberry Red Over Drive / ONE CONTROL」→「 Carbon Copy Analog Delay / MXR」

 この3つで組んでみました。「TS系OD」と「クリーンブースターもできるオーバードライブ」の組み合わせです。「Strawberry Red Over Drive」はメインの歪み系エフェクターにもなります。空間系のディレイをミニサイズを持っていないので「Carbon Copy Analog Delay」にしました。ディレイもミニサイズにしてしまうと4つは入りそうです。4つもあればかなり音作りや対応が広くなり実戦的なミニエフェクターボードになりそうです。

 

シールドを差すインプット(アウトプット)ジャックの位置が縦についてるエフェクターは、エフェクターボードの縁に当たらないのではじめに設置するとジャンクションボックスなどを使わずそのまま組み込めるので、なかなかそのようなモデルはありませんが、個人的にはオススメです。

f:id:jundrive3:20170614212239j:image

 

 〈パターン2〉「アンプライク系OD」+α(アルファ)」

 f:id:jundrive3:20170614212943j:image

「EPbooster / xotic」→「SLdrive / xotic」→「Anodized Broun Distortion / OneControl」 →「Carbon Copy Analog Delay / MXR」

アンプライク系のエフェクター「SLdrive」にさらにAnodized Broun Distortionディストーション)まで組んでみました。見た目ミニブラックエフェクターボードです。これだけあれば十分すぎる構成です。「EPbooster」と「SLdrive」 には電池も入ってますので、やや重くなってしまいました。「Carbon Copy Analog Delay」 も重めのエフェクターです。

 

ちなみに、「EPbooster」はインプットジャックの位置が高く設計されているので、こちらもエフェクターボードの最初(最後)に組むにはオススメです。

f:id:jundrive3:20170614214807j:image

 

【最後のまとめ】 

今回はミニサイズエフェクターをメインの構成で組んでみました。

ミニサイズエフェクターは、重さよりも省スペースを有効的に使う方がいいかもしれません。ミニサイズだからといって無理に詰め込むのはあまり良くないですが、個数が多くともコンパクトになる点では面白い組み込み方だと思いました。

 

次回は、「2in1系エフェクター」を使って、試し組みをしたいと思います。