エフェクターノート

エフェクターやアンプについての実験ブログです。

TS9の使い方に困ったときのヒント

こんにちは。

突然ですが、

Ibanez TS9の使い方に困ったことはありませんか?

「TS9を買ってみたけど、全然効果がわからない」

「全然歪まないし、使い方がわからない」

「TS9をどういった時に使うのかわからない」

と言った悩みに対するヒントをまとめてみました。

IbanezTS9とMarshall JCM2000

TS9の使い方に困ったときのヒント

筆者も、Ibanez TS9をはじめて購入した時に、イマイチ効果がわからなかったことがあります。

「一体なにが変わっているんだろう」と言うのが、正直な感想でした。

しかし、今ではTS9は、手放せないエフェクターとなりました。

そのヒントとなった使い方をお教えします。

TS9にはマーシャルアンプを使う

f:id:jundrive3:20210624012751j:plain

TS9は、tube screamer(チューブスクリーマー)と呼ばれるエフェクターでもあります。

そのため、TS9と相性がいいのは、マーシャルなどの真空管アンプ(チューブアンプ)になります。

よくリハーサルスタジオで置いてあるマーシャルアンプを使ってみましょう。

自宅などのミニアンプでは、TS9の効果や魅力はわかりにくいと思います。

TS9はブースターとしての使い方がベスト

TS9は、オーバードライブですが、ブースターとしての使い方が一番効果を発揮します。

もちろん、DRIVEを上げてオーバードライブとしてのサウンドで使うのも全然アリです。

しかし、TS9の魅力を語るには、ブースターとしての使い方を避けては通れません。

TS9のブースターセッティングのコツ

Ibanez TS9のセッティング

TS9のブースターセッティングのコツとしては、LEVELをMAXくらいに上げて、DRIVEの歪みを少なめにすることです。

「え?どうして?」思いますが、

LEVELを上げることで、ある効果が出てくるからです。

TS9はサスティーン効果がすばらしい

TS9はサスティーン効果がすばらしい。

つまり、音の伸びがよくなるんですね。

マーシャルアンプを使っている時やリードソロ、ロングトーンを使う時に、音が途切れてしまうことありませんか?

そういった時に、TS9でLEVELを上げたセッティングでブーストしてあげると、驚くほど音が伸びます。

試しに、ブースターセッティングにしたTS9をON・OFFして、ロングトーンの秒数を比べてみるとよくわかります。

TS9は中域(ミドル)が出やすいので音抜け抜群

さらに、TS9は音の伸び効果に加えて、中域(ミドル)が出やすいオーバードライブでもあります。

そのため、TS9でブーストすることで、音抜けが抜群に良くなります。 

リードソロやエレキギターの音が大音量にしても聴こえない時に、中域(ミドル)を加えることで、音が抜けて聴こえるようになります。

また、バンドで、エレキギターの音が埋もれてしまう時も効果的ですね。

TS9を実際にマーシャルアンプで使ってみました

TS9を実際にマーシャルアンプで使ってみたので、ご紹介します。

f:id:jundrive3:20200814200642j:plain

今回使ったのは、マーシャルJCM2000になります。

使用するチャンネルは、リードチャンネル(ULTRA GAIN / CHANNEL BのLEAD1チャンネル)です。

LEAD1チャンネル

TS9を使う場合は、マーシャルアンプを必ず歪ませた状態で使いましょう。 

歪ませたアンプの前に、TS9をつなぐイメージです。

エレキギター → TS9 → マーシャルアンプ」といった感じですね。

Ibanez TS9のセッティング

TS9のセッティングも、先ほどのお伝えした通りにLEVELを上げてMAXにしました。

DRIVEとTONEは抑え気味でセッティング。

DRIVEとTONEは、実際にアンプから出る音を聴きながらで調整すれば大丈夫ですが、注意点があります。

DRIVEは、エフェクター側でLEVELを上げている分、上げすぎてしまうとハウリングすることもありますので、アンプ側の歪み量を見ながら調整しましょう。

TONEは、使うアンプによって変わりますが、マーシャルアンプは耳が痛いサウンドになりやすいので、こちらもアンプの音を聞きながら、耳が痛くならない程度の位置に調整しましょう。

JC120でTS9を使う時は歪みエフェクターを組み合わせる

f:id:jundrive3:20200602230942j:plain

JC120でTS9を使う時は、歪みエフェクターと組み合わせて使うことをオススメします。

その理由は、TS9はクリーンアンプやクリーンサウンドでは、効果がわかりにくいからです。

TS9をオーバードライブとして使う場合は、直接アンプにつなぐのもアリですが、筆者としてはTS9でなくてもいいかなと言うのが本音です。

TS9と組み合わせたい歪みエフェクターとは

f:id:jundrive3:20200505121343j:plain

TS9に組み合わせたい歪みエフェクターは、相性が合えばなんでもいいと思います。
筆者は、JC120にはBOSS ST2を使うことが多いので、よくTS9と組み合わせて使っています。
他には、BOSS BD2やFulltone OCD、RAT2など、JC120に合う歪みエフェクターと組み合わせて使っているところを見かけますね。
ここでもTS9の使い方は、同様にブースターセッティングから入るといいと思います。

今回のまとめ

TS9の使い方に困ったときのヒントを、以下にまとめました。

  • TS9にはマーシャルアンプを使う
  • TS9をブースターとして使う
  • TS9のブースターセッティングのコツは、LEVELをMAX
  • TS9でサスティーン効果を狙う
  • TS9で音抜け効果を狙う
  • J120は歪みエフェクターと組み合わせる

以上、ご参考になれば幸いです。

<他にもこんな記事を書いてます>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com