エフェクターノート

エフェクターやアンプ・音作りについての実験ブログ

BOSS ST-2とBOSS ML-2を比較しました【見た目は似ているが音は違う】

こんにちは。

jundrive3(@effectornote)です。

今回は、BOSS「ST-2(パワースタック)」とBOSS「ML-2(メタルコア)」を比較してみましたので、ご紹介いたします。

BOSS ST-2とBOSS ML-2の画像です

本記事内のリンクには広告が含まれています。

BOSS ST-2とBOSS ML-2を比較しました

今回は、BOSSのハイゲインディストーションモデルを比較してみました。

ひとつは、BOSS「ST-2(パワースタック)」です。

BOSS ST-2の画像です

もうひとつは、BOSS「ML-2(メタルコア)」です。

BOSS ML-2 メタルコアの画像です。

それでは、早速、比較してみましょう。

BOSS ST-2の特徴

まず、BOSS「ST-2」の特徴を見ていきたいと思います。

BOSS ST-2の画像です

BOSS「ST-2」の特徴を以下にまとめてみました。

・ビンテージスタックアンプ特有の幅広い歪みサウンド

・クランチからハイゲインディストーションまで音作りできる

・エレキギターのボリュームコントロールの追従性が良好

BOSS「ST-2」の特徴は、マーシャルっぽい箱鳴りサウンドでありながらも、幅広く歪みサウンドを使うことができます。

BOSS ML-2の特徴

次に、BOSS「ML-2」の特徴を見ていきます。

BOSS ML-2 メタルコアの画像です

・重厚で攻撃的なサウンドを生み出すハイゲインディストーション

・LOW・HIGHそれぞれ独立したEQを搭載

・シャープな高域とタイトな低域のコントロールが可能

・音の輪郭や高速リフをプレイしてもコード感を失わない

・ハイゲインディストーションでありながらもノイズレス

BOSS「ML-2」の特徴は、ハイゲインディストーションモデルでありながらも、音の輪郭やコード感を損なわないことです。

2つのモデルの共通点は?

BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」の共通点を洗い出してみました。

BOSS ST-2とBOSS ML-2の画像です

ハイゲインディストーションである

2つのモデルの共通点として、ハイゲインディストーションであることが言えます。

厳密に言えば、BOSS「ST-2」は、ハイゲインにするとハウリングしやすいため、ハイゲインディストーションまで出せるモデルと考えておいたほうがいいと思います。

見た目が似ている

BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」は、見た目がブラックカラーなので、一見、同じようなモデルと思ってしまいそうですね。

コントロールノブが4つ

BOSS ST-2とBOSS ML-2の画像です

BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」とも、「音量」「歪み」「高域」「低域」の4つのコントロールノブの構成となっています。

大型アンプとの相性がいい

BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」とも、マーシャルアンプのクリーンチャンネルやJC-120との相性がいいです。

2つのモデルの違いとは?

では、BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」の違いを見ていきましょう。

歪みの性質が違う

2つのモデルの違いは、歪みの性質が全く違います。

BOSS「ST-2」は、どちらかと言えば、ミドル(中域)寄りのディストーションです。

BOSS 「ML-2」は、ドンシャリ(高域と低域)のハイゲインディストーションです。

ノイズ耐性が違う

ハイゲインディストーションは、ゲイン(歪み)を上げるほど、ノイズが出やすくなります。

BOSS「ST-2」の場合は、ゲインを上げるほど、ノイズやハウリングが出てきます。

BOSS「ML-2」の場合は、ゲインを上げても、ノイズがほとんどありません。

エレキギターのボリュームコントロールの追従性

エレキギターの画像です

BOSS「ST-2」は、エレキギターのボリュームコントロールを絞ることで、クリーンサウンドに近づいていきます。

BOSS「ML-2」は、エレキギターのボリュームコントロールを絞っても、ディストーションサウンドのままです。

BOSS ST-2とBOSS ML-2のどちらを選ぶか?

BOSS「ST-2」とBOSS「ML-2」のどちらを選ぶか迷うと思います。

そこで、筆者の考えで選び方をまとめてみました。

BOSS ST-2を選んだ方がいい人

BOSS「ST-2」を選んだ方がいい人を、以下にまとめました。

BOSS ST-2の画像です

・幅広いジャンルで音を出したい人

・クランチからディストーションまでゲインコントロールしたい人

・マーシャルっぽいサウンドを求めている人

・他の歪みエフェクターと組み合わせしたい人

BOSS「ST-2」は、エレキギターのボリュームコントロールの追従性がいいため、手元で歪みの調整が行えます。

そのため、ブースターや歪みエフェクターを2台用意して切り替えるなどの工夫がなくなります。

また、大型アンプとの相性が良いことや馴染みやすいサウンドの点から、BOSS「ST-2」を持っていれば、とりあえず幅広くカバーできるのではないでしょうか。

さらに、BOSS「ST-2」は、チューブスクリーマーなどのオーバードライブとも相性がいいため、他の歪みエフェクターモデルとの組み合わせにも向いているモデルとも言えます。

ネックな部分は、大型アンプでの使用時に、ハイゲインにするとハウリングするので、ディストーションサウンドまでが現実的です。

BOSS Power Stack ST-2

BOSS ML-2を選んだ方がいい人

BOSS「ML-2」を選んだ方がいい人を、以下にまとめました。

BOSS ML-2 メタルコアの画像です。

・ハードロックやメタル系ジャンルの音だけほしい人

・音の輪郭やコード分離感を重視したい人

・ノイズが嫌いな人

・大型アンプで使いたい人

BOSS「ML-2」は、ハードロックやメタルなどの特定ジャンルしか使えないサウンドになります。

特定ジャンルを狙ったハイゲインディストーションモデルとも言えます。

BOSS「ML-2」は、特徴にもあるように、音の輪郭やコード分離感に優れているため、ハッキリとしたサウンドです

また、大型アンプ(マーシャルアンプやJC-120)とも、相性が良いため、バンドやライブの実戦向きのモデルでもあります。

そのため、自宅のミニアンプでは、BOSS「ML-2」の魅力は、わかりにくいと言えるでしょう。

ネックな部分としては、ミドル(中域)が弱いため、チューブスクリーマーなどのオーバードライブを組み合わせて使う必要があります。

BOSS Metal Core ML-2

今回のまとめ

今回は、BOSS「ST-2(パワースタック)」とBOSS「ML-2(メタルコア)」を比較してみました。

2つのモデルは、同じハイゲインディストーションモデルですが、サウンドの違いや性質が全く違います。

よく違いを理解した上で、自分が欲しいと思うモデルを選びたいですね。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

<BOSS ST-2に関する記事はこちら>

www.effectornote.com

<BOSS ML-2に関する記事はこちら>

www.effectornote.com