effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

歪み系エフェクターの種類はザックリ3つ!【オーバードライブ・ディストーション・ファズ】

こんにちは。

エレキギターをはじめたばかりの方は「歪み系エフェクター」と聞いてもよくわからないとおもいます。

今回は、歪み系エフェクターの種類をザックリとご紹介します。

歪みエフェクターの種類はザックリ3つ!

歪み系エフェクターの種類はザックリ3つ!

オーバードライブ

<オーバードライブの特徴>

比較的に歪み量が少なめ。幅広く使える。

参考モデル:BOSS Overdrive OD-1X

ディストーション

ディストーションの特徴>

比較的に歪み量が多い。激しいサウンドには必要。

参考モデル:BOSS Distortion DS-1X

ファズ

<ファズの特徴>

歪み系エフェクターの中でも一番歪むモデル。でも、使用頻度は少なめ。

参考モデル:electro-harmonix Big Muff Pi

はじめての人にオススメする歪み系エフェクターの種類は?

人によっては幅広く使えるオーバードライブをおすすめするかもしれませんが、

個人的には「ディストーション」をオススメします。

個人的にはディストーションをオススメします。

理由:エレキギターのはじめの練習はパワーコードを弾くからです

エレキギターを教本やスクールで習ったことがある方は知っていると思いますが、エレキギターではじめて練習するフレーズがパワーコードです。

パワーコードは5、6弦を使ったフレーズで、パワーコードサウンドには歪みサウンドがとても重要です。

筆者もギタースクールでは、一番はじめに弾いた曲はVan Halen「You Really Got Me」の簡単なパワーコードのリフでした。

(下の動画はバリバリ難しいリフですが…)


Van Halen - "You Really Got Me" (Official Music Video)

また、はじめてバンドを組んだ時の曲もBon Jovi「Livin' on a Prayer」を弾きました。


Bon Jovi - Livin' On A Prayer

ハードロック系パワーコードが多いため、比較的簡単で弾きやすいです。

(ただし、ギターソロは超難易度高めが多い…)

オーバードライブでも弾けるんじゃないの?

GAIN=歪み量が多いオーバードライブならば、ぜんぜん弾けます。

でも、注意点が2つあります。

注意点1:歪みの調整がモデルによってむずかしい

オーバードライブは歪みを抑えてあるモデルなため、歪ませるためにはGAINを上げる必要があります。歪み系エフェクターはGAINを上げるほどノイズが多くなりがちで、大型アンプによってはハウリングすることも。また、ムリに歪ませすぎで音抜けが悪くなることもあります。

注意点2:オーバードライブは強く弾かないと歪まないこともある

オーバードライブはピッキングニュアンスが出やすいなど、繊細な歪み系エフェクターですが、エレキギター初心者の方はピッキングの力が弱いため、オーバードライブの特性を活かしきれないこともあります。弦を強く抑えることもサウンドに影響します。

オーバードライブは、ピッキングの強弱をコントロールできるようになって、はじめて使いこなせる中級者向け歪みエフェクターだとおもっています。

ということで、

結論:はじめての歪み系エフェクターはしっかり歪むディストーションがオススメ

練習するアンプにもよりますが、エフェクターを踏むだけで簡単に歪んでくれるディストーションラクに楽しめるとおもいます。

なにより歪んだギターサウンドはカッコイイ。

関連記事はこちら

歪み系エフェクター・ディストーションの種類はハイゲインとアンプライクがある - effectornote