effectornote

エフェクターや機材で理想のサウンドを追求していく試行錯誤型の実体験ブログです。

BOSS ST2とOS2を組み合わせてみた

こんにちは。

BOSS ST2(パワースタック)とOS2(オーバードライブ/ディストーション)の組み合わせをしてみたので、ご紹介します。

BOSS ST2とOS2を組み合わせてみた

BOSS ST2とOS2の組み合わせてみたの画像です。

BOSS ST2とOS2を組み合わせてみました。

両方とも同じ歪みエフェクターですが、アンプライクであるBOSS ST2をメインの歪みとして使います。

一方、BOSS OS2はブースターとしてセッティングして組み合わせてみました。

エフェクターを繋ぐ順番は、OS2(前)→ST2(後)の順番です。

BOSS OS2のブースターセッティング

BOSS OS2のブースターセッティングの画像です。

LEVEL=15時くらい

TONE=ゼロ

DRIVE=ゼロ

COLOR=OD(MAX)

BOSS OS2のセッティングは、COLORをOD(オーバードライブ)セッティングにしました。

TONEとDRIVEのツマミはゼロ。

この2つのツマミを上げると、BOSS ST2の歪みとぶつかって音が潰れてしまいます。

そして、LEVELを上げることでブースターセッティングが完成です。

LEVELはを上げすぎると、ノイズが目立ってくるので、音を聴きながら調整しましょう。

OS2のキャラクターを最小限にして、BOSS ST2に加えるというイメージです。

BOSS ST2のセッティング

BOSS ST2のセッティングの画像です。

LEVEL=10時くらい

BASS=12時くらい

TREBLE=12時くらい

SOUND=10時くらい

BOSS ST2は、SOUNDのツマミを上げすぎると、ハウリングしたりノイズが目立ってきます。

なので、SOUNDは基本10時くらいの位置でOK。

このくらいで充分歪みます。

LEVELは、アンプのクリーンと同じ音量に調整します。

TREBLE・BASSは、12時くらいで、マーシャルのようなドンシャリサウンドを出したい場合のみ、13時と少しだけ調節してもOKです。

BOSS ST2とOS2の組み合わせた感想

BOSS ST2とOS2を組み合わせてみました。

OS2をブーストするとミッドが加わるので、エッジが効いたサウンドになります。

ブースト感は、マイルドなSD1と比べるとややシャープな印象です。

OS2はオーバードライブ/ディストーションだけあって、ディストーションのジリっとしたニュアンスが出てきます。

マーシャルアンプ(JCM2000)のリードチャンネルのブースターでも試してみたいですね。

BOSS ST2にOS2をブースターしてみた(OD)【動画・音声】


BOSS ST2にOS2をブースターしてみた(OD)

動画・音声の前半はBOSS ST2のみ。後半は、BOSS ST2+OS2でブーストしています。

劇的にサウンドが変わるわけではないけど、エッジが出てきて弾きやすくなります。

ドライと言うかファットな印象です。

BOSS ST2のサウンドをもう少し変えたい時は、この組み合わせはいいかもです。

<その他の機材>

エレキギター : PRS CUSTOM22

アンプ : ROLAND/MICRO CUBE(JC CLEAN)

まとめ

今回、BOSS ST2とOS2の組み合わせてみましたが、OS2をブースターとして使うのはアリです。

BOSS ST2はJC120と相性がいいので、OS2をブースターとして組み合わせても、実戦で使えるはずです。

今回は紹介はしていませんが、OS2のDS(ディストーション)セッティングでもブーストできます。低音が出てズンズンしたサウンドになりますが、ノイズがかなり出てくるのでカットしました。

もし、BOSS ST2とOS2の2台をお持ちのようでしたら、メインの歪み+ブースターとして充分使えます。

また、スタジオ行けるようになれば、でっかい音で試したいと思います。

ご参考になれば幸いです。

BOSS Power Stack ST-2はこちら

BOSS OverDrive/Distortion OS-2 はこちら

<関連記事はこちら>

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com

www.effectornote.com